みどりトータルヘルス研究所
                                                                      
  こども行動療育教室 ご予約・お問い合わせは TEL.06-6203-2410
〒541-0041大阪市中央区北浜3丁目5-19
ホワイトビル5F
はじめに 行動療育について 勉強会や講習会
の講師
専門家への
スーパーバイズ
関連機関への
コンサルタント
プログラム作り
ICF関係





  行動的支援勉強ノート
   トップページへ


  はじめに

  
こどもの弱い点を理解する

  日々の関わり方の
  視点を変える


  行動の結果を頻繁に
  明確に示す


  単純な課題で注意を
  持続する


  動きのある課題で注意を
  持続する


  プリント課題で注意を
  持続する


  短期記憶を伸ばす

  思考力を伸ばす

  衝動的な発話を抑える

  動きを抑制する力を伸ばす

  テンションを上げすぎない力

  枠を決めてきっちり対応する

  コラム:怒りを制御する力を
       評価するポイント


  成長を見逃さない

  薬の利用について


 <参考図書,おすすめ図書>


  みどりトータルヘルス研究所
  トップページへ

       



 多動や衝動性をコントロールする力を養う

 はじめに


  こどものADHDへの薬物投与が増加しています。多動や衝動性を抑えることが目的ですが、薬物療法は一時的に衝動性を抑えるというものなので根本的な解決には至らないことがあります。薬物療法を受けていても,並行して行動的介入を行い,多動や衝動性をコントロールする力(抑える力)を養っていく必要があります。

  多動や衝動性は課題場面や集団場面,日常生活場面で様々な行動として現れます。課題場面では,急な離席や課題以外の物事への衝動的な反応として現れます。例えば,机の周りの物に手が伸びたり,課題を見ている保護者に話しかけたり,課題と関係のない(または関連しているが必要でない)発言を多くしたりします。反射的に言葉を発言したり,頭に浮かんだ事柄をそのまま口に出してしまっているという印象を受けます。少しのきっかけで機嫌を損ねたり,機嫌を一度損ねたら中々切り替えられなかったり,室外のカードを取りに行ったまま他のおもちゃに注意が逸れて帰って来られなくなることもあります。

  集団場面では皆と同じ活動に取り組むことができなかったり,教室を飛び出したり,衝動的に手が出たりすることがあり,日常生活でも同様の問題が見られることがあります。癇癪(かんしゃく)持ちと言われることもあり社会適応を妨げる大きな要因になります。

  このような多動や衝動性も行動療育の対象となる重要な領域であり,療育を通してコントロールする力を養うことができます。衝動的な行動は主に実行機能(抑制する力,注意の切り替え,ワーキングメモリーなど)と密接に関係しているとされており,実行機能を養う課題遊びは衝動性のコントロールにも直接つながります。

  行動療育だけではなく、行動的な視点を持った日々の関わりや対応も多動や衝動性を抑える力を養うためには重要になります。園や学校での教育的支援も大切です。しかし、多動や衝動性をコントロールする力は注意力と同様に、短期間で大幅に向上し全く問題がなくなるというものではありません。中長期的な視点を持ち、徐々に力をつけていく必要があります。

  ここでは多動や衝動性をコントロールする力を養うことを目的とした行動的介入や日々の関わり方を解説していきます。ADHDや発達障害の診断を受けたから仕方がないとあきらめず、できることから始めていきましょう。





copyright©2013 みどりトータルヘルス研究所 all rights reserved.