みどりトータルヘルス研究所
                                                                      
  こども行動療育教室 ご予約・お問い合わせは TEL.06-6203-2410
〒541-0041大阪市中央区北浜3丁目5-19
ホワイトビル5F
はじめに 行動療育について 勉強会や講習会
の講師
専門家への
スーパーバイズ
関連機関への
コンサルタント
プログラム作り
ICF関係





  行動的支援勉強ノート
   トップページへ


  はじめに

  
こどもの弱い点を理解する

  日々の関わり方の
  視点を変える


  行動の結果を頻繁に
  明確に示す


  単純な課題で注意を
  持続する


  動きのある課題で注意を
  持続する


  プリント課題で注意を
  持続する


  短期記憶を伸ばす

  思考力を伸ばす

  衝動的な発話を抑える

  動きを抑制する力を伸ばす

  テンションを上げすぎない力

  枠を決めてきっちり対応する

  コラム:怒りを制御する力を
       評価するポイント


  成長を見逃さない

  薬の利用について


 <参考図書,おすすめ図書>


  みどりトータルヘルス研究所
  トップページへ

       


 多動や衝動性をコントロールする力を養う

 枠を決めてきっちり対応する


  小学校の年長,中学,高校と進み,保護者や先生の言うことを聞かなくなってしまったり,学校の授業や宿題,習い事に取り組まなくなったり,家庭のルールを守らなくなってしまい,相談に来られるご家庭があります。

  問題が大きくなってしまったこどもは,適切な行動や振る舞いを学習し直させてあげる必要があります。『ルールを守り大人の言うことを聞く』という力をつけていかなければなりません。関連する力としては,相手に合わせる,我慢をする,決められた活動に取り組む,約束を守る,などがあります。

  (障害や発達の遅れから弱さを抱えているこどもに対してはもちろん配慮が必要です。例えば,ノートは大きい枠のものを使う,教室の座席はこどもが集中しやすい場所にする,ノートをとれているかチェックをする,食事や宿題の時はテレビを消す,具体的に指示を出す,など。)

  十分な配慮を行った上で,適切な行動を経験し身に付けていく必要があります。まずは簡単な決まりを守って保護者の言うことを聞き,そのがんばりが認められ褒めてもらえるといった成功体験をスモールステップで積んでいきます。そのためにはこどもが少しがんばったら達成できるような枠(ルール)をしっかり決める必要があります。周りのこども達と同じことをして欲しいと保護者は考え,こどもに頑張らせようとしますが,問題が強くなってしまっているこどもに最初から理想的な姿を求めても難しいです。

  授業や習い事に全て参加する,宿題を全て行う,部屋を1人で片づける,洗濯物をかごに入れる,出したものを元の場所に戻す,ゲームは1日1時間までにする,など様々なことをしっかりして欲しいと保護者が考えるのは当然です。しかし,完璧にできる状態を100として,今ほとんどこれらのことができていない10や20の状態なら,最初から100を目指すのではなく,30,40,50とスモールステップで目標の100に近づけていかないと上手くいきません。

  例えば宿題を行うことが難しくなっているこどもがいて,30問計算問題が宿題で出ているとします。全て取り組むように保護者はがんばらせ,こどもと言い合いになりながら時間をかけて結局10問しかできませんでした。そうすると30問しないといけないところ10問しかできず,保護者の希望にも沿えなかったという失敗経験となっていまいます。保護者も褒めてあげることはできず,怒って終わりになってしまっているかもしれません。

  失敗経験,嫌な経験として終わってしまうと,次からさらに宿題への取り組みが悪くなってしまい,保護者の声掛けに反抗してしまうことがあります。それなら最初から10問は頑張ろうという枠を決めてあげ,10問がんばることができたら「よし,がんばった」と褒めてあげるところから始めます。同じ10問でも成功体験とすることができます。保護者は,残り20問あるから欲を出してもう少しがんばろうかと言うのではなく,少し物足りなく思ってもそれ以上のことは要求しないようにします。そして,「よくがんばって10問はできるようになったから,次は15問できるよ」などと徐々に枠を広げて,全ての宿題をするという目標に近づけていきます。この取り組みはその他の色々な場面や行動にも取り入れることができます。こどもに期待していることを示し,がんばる枠を決め,がんばりを認める,ということが大切です。

  『ルールを決めて守るということ』でも解説したように,この枠(ルール)をこどもの意見も取り入れて,こどもが少し頑張ったらできる程度に設定することが大切です。そして,一度決めたら対応がぶれないように,きっちり取り組ませます(『厳しく』ではなく『きっちり』)。枠を決めて,しっかり取り組み,褒めてもらえて成功体験を積む。そして徐々に枠を広げていくという流れになります。

  まずは簡単なところから始めることが大切です。これはこどものためだけではなく,『保護者がこどもに決まりを守らせる方法をスモールステップで身に着ける』というためでもあります。保護者自身も成功体験を積んでいかないと前向きに考えることができなくなってしまいます。保護者がきっちり対応してあげると,こどもは徐々に落ち着いて決まりを守ったり,指示に従ったりできるようになってきます。そしてどこまでがんばったら良いかということが分かりやすくなり,こどもは楽になるようです。がんばったら自分はできるという自信もついてきます。保護者もこどもを褒めてあげ,認めてあげる機会が増え,上手く対応できたという成功体験を積むことができます。

  こどもに反抗的な行動が増えてきたり,様々な面で対応が難しくなってきたりしている場合は,こどもががんばることができる枠を決め,決められたことを行うことができたという成功体験を積んでいくことで,様々なことに素直に取り組むことができるようになってきます。保護者はスモールステップで進めることに物足りなさを感じると思いますが,焦らずに正しい行動を学習し直していきましょう。



copyright©2013 みどりトータルヘルス研究所 all rights reserved.