みどりトータルヘルス研究所
                                                                      
  こども行動療育教室 ご予約・お問い合わせは TEL.06-6203-2410
〒541-0041大阪市中央区北浜3丁目5-19
ホワイトビル5F
はじめに 行動療育について 勉強会や講習会
の講師
専門家への
スーパーバイズ
関連機関への
コンサルタント
プログラム作り
ICF関係





  行動的支援勉強ノート
   トップページへ


  はじめに

  
こどもの弱い点を理解する

  日々の関わり方の
  視点を変える


  行動の結果を頻繁に
  明確に示す


  単純な課題で注意を
  持続する


  動きのある課題で注意を
  持続する


  プリント課題で注意を
  持続する


  短期記憶を伸ばす

  思考力を伸ばす

  衝動的な発話を抑える

  動きを抑制する力を伸ばす

  テンションを上げすぎない力

  枠を決めてきっちり対応する

  コラム:怒りを制御する力を
       評価するポイント


  成長を見逃さない

  薬の利用について


 <参考図書,おすすめ図書>


  みどりトータルヘルス研究所
  トップページへ

       



 多動や衝動性をコントロールする力を養う

 薬の利用について


  多動や衝動性の問題が強い場合,投薬が1つの選択肢として挙がります。ADHDのあるこどもへの支援では,お薬の利用と合わせて行動的支援を行い,できることを増やしていくことが有効とされています。

  しかし,薬の利用に抵抗を感じる保護者は多く,ご相談を受けることがあります。副作用の問題や薬を止められないのではないかということへの不安が多いです。

  薬の利用に関するご相談を受けたときに一番ポイントしてお話することは,こどもの学習の機会が増えるかどうかという点です。これは,習い事や療育機関や進学先の決定,日常生活での支援においても同様ですが,こどもの学習の時間や質が向上することを最も大切なこととしてアドバイスをします。

  例えば,衝動性や多動の問題のため教室から飛び出したり,園での課題や友達との遊びに参加できないようであれば,学習の機会が制限されてしまいます。不注意の問題のため,必要な刺激に注意が向かず外の情報が頭に入らなかったり,課題ややりとりから得られるものが少なければ,周りのこどもと同じように動いていても学習できるものが少なくなってしまいます。

  服薬することで,少し落ち着いたり,注意が向きやすくなることで,こどもが学習する時間が増え,学習の質が向上するのであれば,こどもの成長にとって有益です。

  もう一点ポイントとしている点として,こどもが薬を利用して落ち着くことによって,保護者が育てやすくなったり関わりやすくなり育児ストレスが低減するようであれば,それも大切なことだと考えます。保護者の方は,「親が楽になるために薬を使ってもいいのか?」と思われるかもしれませんが,保護者が楽しく前向きに子育てを行うことは保護者だけでなく,こどもの成長にとっても大切なことです。余裕をもってこどもを褒めてあげることが増えたり,温かく接してあげることで,こどもの成長はより促されます。

  こどもが多動や衝動性や不注意のため学習の機会が制限されていて,また,それらの問題から失敗経験が増えてしまっているようであれば,私は薬の利用をお勧めします。薬の利用は嫌だと最初から決めつけてしまわない方が良いです。ただADHDだから薬を利用しないといけないという訳ではありません。医師や支援者と話し,学習の機会が増え,こどもの成長にとってメリットが上回っているようであれば,薬の利用も前向きに考えて良いと思います。





copyright©2013 みどりトータルヘルス研究所 all rights reserved.