みどりトータルヘルス研究所
                                                                      
  こども行動療育教室 ご予約・お問い合わせは TEL.06-6203-2410
〒541-0041大阪市中央区北浜3丁目5-19
ホワイトビル5F
はじめに 行動療育について 勉強会や講習会
の講師
専門家への
スーパーバイズ
関連機関への
コンサルタント
プログラム作り
ICF関係





  行動的支援勉強ノート
   トップページへ


  はじめに

  
こどもの弱い点を理解する

  日々の関わり方の
  視点を変える


  行動の結果を頻繁に
  明確に示す


  単純な課題で注意を
  持続する


  動きのある課題で注意を
  持続する


  プリント課題で注意を
  持続する


  短期記憶を伸ばす

  思考力を伸ばす

  衝動的な発話を抑える

  動きを抑制する力を伸ばす

  テンションを上げすぎない力

  枠を決めてきっちり対応する

  コラム:怒りを制御する力を
       評価するポイント


  成長を見逃さない

  薬の利用について


 <参考図書,おすすめ図書>


  みどりトータルヘルス研究所
  トップページへ

       



 多動や衝動性をコントロールする力を養う

 短期記憶を伸ばす


  物事を短い時間記憶しておくための1つの流れは,覚えておく対象(刺激)に注意を向け,頭の中で覚えたことに注意を向け続けるということです。多くの人は自然と行っていることですが,衝動性が強いと対象に注意を向けたり,覚えたことに注意を向け続けることが難しいこどもがいます。他の事に注意が逸れたりするとすぐに忘れてしまいます。そうすると,何か作業や勉強を行うことが難しかったり,ルールのある遊びや人とのやりとりも難しいことがあります。

  そのため,短期記憶やワーキングメモリーと言われる物事を短い時間記憶する力を伸ばす必要があります。前頁までに物事に注意を向ける力について解説したので,注意を向けた物事を頭の中に留めておく力について解説します。

  注意を向ける力を養うことと同様に,記憶しておかないと正答できない課題をスモールステップで行います。

  取り組みやすい課題としては,絵カードの弁別学習を用いて,複数枚机上に絵カードを提示し,「○○ください」と指示を出して選択させます。これは,指示を出されたものに注意を向け,覚えておかないと正答することはできません。徐々に難易度を上げ,「りんごと飛行機とブランコください」などと2-3枚指示を出したり,「○○ください」と言ってから10秒間こどもの手を止め,10秒後に選択させるなどします。そのように記憶しないといけない量を増やし,時間を長くしていきます。「○○ください」と言ってからこどもに「いち,に,さん・・・じゅう」と10まで数えさせてから選択させたり,離れた場所の絵カードを選択して戻ってくるなど,少し選択するまでに別の課題や活動を挿入することも良い練習になります。

  聴覚的な刺激を用いる場合は,単語を言って摸倣させるような課題を行います。絵カードの弁別課題と同様にして難易度を高めていきます。単語量を増やしたり,短文にしたり,10秒後に答えさせたり,離れた場所の人に言いに行く,など。

  楽しめる活動や遊びとしては,神経衰弱や伝言ゲームなどを難易度を下げてスモールステップで行います。しっかり褒めてあげて楽しみながら短期記憶を伸ばしていくことができます。



copyright©2013 みどりトータルヘルス研究所 all rights reserved.