みどりトータルヘルス研究所
                                                                      
  こども行動療育教室 ご予約・お問い合わせは TEL.06-6203-2410
〒541-0041大阪市中央区北浜3丁目5-19
ホワイトビル5F
はじめに 行動療育について 勉強会や講習会
の講師
専門家への
スーパーバイズ
関連機関への
コンサルタント
プログラム作り
ICF関係






  行動的支援勉強ノート
  トップページへ


  はじめに

  こどもの療育で大切なこと

  行動療育で行うこと


  行動療育教室の目標

  コラム 日々の生活や集団の
  中で学習するために必要な力


  こどもとの関係づくり

  療育時間と標的スキル


  課題内容を決めるポイント

  教え方を考えるポイント

  課題の量と難易度を工夫する

  DTT? PRT?

  学習態勢を形成する1

  学習態勢を形成する2

  学習態勢を形成する3

  学習態勢を形成する4

  学習態勢を形成する5

  学習態勢を形成する6

  学習態勢の指標

  認知スキルを伸ばす


  コラム 
  認知スキル常に意識する


  弁別学習1

  弁別学習2  関連する力を
          伸ばす


  コラム 正確性と流暢性

  注意と記憶の訓練1

  注意と記憶の訓練2

  コラム 注意記憶と観察学習

  取ってくる,もらってくる,
  報告する課題


  コラム 距離を離して
       難易度を高める

  ふり遊び、見立て遊び、
  ごっこ遊び1


  ふり遊び、見立て遊び、
  ごっこ遊び2


  失敗や負けることを経験する

  こだわりを弱める

  反応クラスと分化強化

  療育場面の構造化を緩める


  こどもの成長に注目する


  がんばる力をつける


  異なる療育機関の併用


  家庭療育の難しさ1


  家庭療育の難しさ2

 <参考図書、おすすめ図書>


    
みどりトータルヘルス研究所
         〒541-0041
    大阪市中央区北浜3丁目5-19
         ホワイトビル5F
       TEL.06-6203-2410



 行動療育に関する情報

 こどもの成長に注目する
 

  私が行動療育を行い,保護者と話すときに時に特に大切にしていることは,こどもが成長した点を伝えるということです。

  保護者は毎日こどもと関わっているため,こどもが成長していることに気づかないことがあります。しかし,例えば週1回の療育であれば,前回から一週間経過しているので,こどもの変化に気づきやすいです。1週間経てば,色々こどもは成長しており,その変化を保護者に伝えると「ああ,そういえば」と再認識されることが多いです。

  知的レベルと成長の早さは関係しているので,知的レベルが低いと新しい行動や複雑な行動の学習に時間がかかり,変化が見られ難いので,注意深く観察し,少しでも成長しているところがあれば保護者に伝えます。

  成長が見られやすい点は,言葉スキル(受容と表出,自発語の頻度や長さ,模倣の頻度や正確さ,発音の明瞭さ),課題や働きかけといった刺激に対する反応性,注意の持続,衝動的な動きの低減,学習態勢などです。また,何となくこどもの印象が変わってきたと感じたら,積極的に伝えるようにしています。例えば,落ち着いてきたとか,雰囲気が明るくなったとか,やりとりが自然になってきたような印象を受けた場合など。全般的な認知能力が向上してくることで,何となく印象が変わることが多いからです。

  行動的支援勉強ノートでもしばしば書いていますが,どうしても悪い行動に目が行きがちで,こどもの些細な成長やポジティブな行動の変化は見落としがちです。臨床家は毎回こどもの小さな成長を見つけ,保護者にフィードバックすると良いです。そういうフィードバックを繰り返すことで,保護者も自然とこどもの成長に注目する視点を養うことができると思います。

  保護者はビデオカメラで普段のこどもの様子や療育場面を定期的に記録し,一ヶ月前や半年前の記録をたまに見返してみることで,普段見落としていたこどもの成長に気付くことができると思います。また,成長ノートを作成し,ちょっとしたこどもの成長や行動の変化を記録する習慣をつけることで,こどもの成長に注目する練習にもなります。



copyright©2013 みどりトータルヘルス研究所 all rights reserved.