みどりトータルヘルス研究所
                                                                      
  こども行動療育教室 ご予約・お問い合わせは TEL.06-6203-2410
〒541-0041大阪市中央区北浜3丁目5-19
ホワイトビル5F
はじめに 行動療育について 勉強会や講習会
の講師
専門家への
スーパーバイズ
関連機関への
コンサルタント
プログラム作り
ICF関係






  行動的支援勉強ノート
  トップページへ


  はじめに

  こどもの療育で大切なこと

  行動療育で行うこと


  行動療育教室の目標

  コラム 日々の生活や集団の
  中で学習するために必要な力


  こどもとの関係づくり

  療育時間と標的スキル


  課題内容を決めるポイント

  教え方を考えるポイント

  課題の量と難易度を工夫する

  DTT? PRT?

  学習態勢を形成する1

  学習態勢を形成する2

  学習態勢を形成する3

  学習態勢を形成する4

  学習態勢を形成する5

  学習態勢を形成する6

  学習態勢の指標

  認知スキルを伸ばす


  コラム 
  認知スキル常に意識する


  弁別学習1

  弁別学習2  関連する力を
          伸ばす


  コラム 正確性と流暢性

  注意と記憶の訓練1

  注意と記憶の訓練2

  コラム 注意記憶と観察学習

  取ってくる,もらってくる,
  報告する課題


  コラム 距離を離して
       難易度を高める

  ふり遊び、見立て遊び、
  ごっこ遊び1


  ふり遊び、見立て遊び、
  ごっこ遊び2


  失敗や負けることを経験する

  こだわりを弱める

  反応クラスと分化強化

  療育場面の構造化を緩める


  こどもの成長に注目する


  がんばる力をつける


  異なる療育機関の併用


  家庭療育の難しさ1


  家庭療育の難しさ2

 <参考図書、おすすめ図書>


    
みどりトータルヘルス研究所
         〒541-0041
    大阪市中央区北浜3丁目5-19
         ホワイトビル5F
       TEL.06-6203-2410



 行動療育に関する情報

 がんばる力をつける
 

  少し難しい活動に取り組んだり、疲れてきたとき、すぐにあきらめてしまうこどもがいます。課題をしたくないと泣いたり、活動を嫌がって教室を飛び出したりすることがあります。

  課題場面や集団生活場面では、難しいことに取り組んだり、疲れてきた時に必要なスキルが大きく2つあります。1つは、本当に分からなかったり疲れてしまったりした時に誰かに手助けを求める力です。もう1つは、難しかったり疲れた時でも、がんばって取り組む力です。ここではそのような『がんばる力』について考えていきます。

  こどもに『がんばる力』をつけるには、まずは学習態勢を形成する必要があります。いきなり難しい課題をがんばらそうとしても上手くいかないので、成功体験を積ませ、自信を持たせる必要があります。こどもが今持っている力で成功できるような課題を提示し、繰り返し上手く答えさせ、褒めてあげます。「これくらいできるだろう、簡単すぎかな?」程度の難易度で良いと思います。集団活動でも、こどもが失敗しない程度の内容から始め(または十分な援助を行い)、こどもに上手く取り組ませ、褒めてあげます。

  成功体験を積ませ、こどもが自信を持って積極的に課題に取り組めるようになってきたら、徐々に課題の難易度を高めます。絵カードの弁別課題を例に挙げると、3枚の絵カードを提示し、その中から1枚こちらが指示した絵カードを選択することができるとします。難易度を上げるには、例えば、提示する絵カードを4-5枚にする、絵カードの絵を似ているものにする、絵カードの向きを合わせずにばらばらに提示する、2つの名称を指示して選択させる、少し離れた場所に絵カードを提示して取ってきてもらう、などです。
  ここでのポイントは、今ある力から少しがんばれば成功できるような難易度で課題を提示することです。急に難易度を上げすぎると失敗してしまい、嫌悪感を抱いてしまいます。

  必要であればプロンプトを提示し、少し難しい課題でもがんばれば正解できる(上手くできる)という成功体験を繰り返し経験させ、できたらしっかり褒めてあげます。

  その間に、こどもがすぐに答えられなくてもプロンプトを出さないセッションも行います。そうするとこどもは「リンゴの絵カードどこかな?」「見つからないなー」「どこだどこだ」「あった!」というように、すぐに見つからなくてもがんばって探し、自分の力で課題を達成するという経験を積むことができます。

  このように少しがんばったら課題が達成できるという経験を積み重ねることが大切です。学習態勢ができていたら、少し時間をかけてがんばることはそれほど難しくありません。上記の例なら、絵カードを探すといっても数秒程度です。

  少しがんばったら上手くいく経験を十分に積ませることができたら、そのがんばる程度を強め、時間を延ばしていきます。例えばこどもにもよりますが、20枚くらいの絵カードを机の上にランダムに提示し、2-3枚の絵カードを選択させるなど。徐々にがんばる力が伸びていれば、時間をかけて絵カードを探すことができます。

  このようにして『がんばる力』がついてきたら、少々難しい課題にもがんばって取り組むことができるようになります。

  ポイントは2点あり、今のこどもの力(無理なくできる事や頑張ることができる程度)を見極め、それより少しがんばったら成功する難易度の課題を提示することです。そして、がんばったら最終的には必ず正解して(成功して、上手くいって)終わることです。持っている力より相当難しい課題などに取り組ませると、返って嫌悪感を抱かせ逸脱行動を強めてしまう可能性がありますし、がんばっても失敗したり正答できなければ、やる気はなくなってしまいます。

  成長し社会生活を送っていくと、がんばっても上手くいかない場面に遭遇することはあると思います。その時は誰かに助けてもらったり、利用できる手段を考えたりする力をつけてあげれば良いので、まずは少々難しいことや疲れることでも、がんばって取り組む力を養ってあげてください。




copyright©2013 みどりトータルヘルス研究所 all rights reserved.