みどりトータルヘルス研究所
                                                                      
  こども行動療育教室 ご予約・お問い合わせは TEL.06-6203-2410
〒541-0041大阪市中央区北浜3丁目5-19
ホワイトビル5F
はじめに 行動療育について 勉強会や講習会
の講師
専門家への
スーパーバイズ
関連機関への
コンサルタント
プログラム作り
ICF関係






  行動的支援勉強ノート
  トップページへ


  はじめに

  こどもの療育で大切なこと

  行動療育で行うこと


  行動療育教室の目標

  コラム 日々の生活や集団の
  中で学習するために必要な力


  こどもとの関係づくり

  療育時間と標的スキル


  課題内容を決めるポイント

  教え方を考えるポイント

  課題の量と難易度を工夫する

  DTT? PRT?

  学習態勢を形成する1

  学習態勢を形成する2

  学習態勢を形成する3

  学習態勢を形成する4

  学習態勢を形成する5

  学習態勢を形成する6

  学習態勢の指標

  認知スキルを伸ばす


  コラム 
  認知スキル常に意識する


  弁別学習1

  弁別学習2  関連する力を
          伸ばす


  コラム 正確性と流暢性

  注意と記憶の訓練1

  注意と記憶の訓練2

  コラム 注意記憶と観察学習

  取ってくる,もらってくる,
  報告する課題


  コラム 距離を離して
       難易度を高める

  ふり遊び、見立て遊び、
  ごっこ遊び1


  ふり遊び、見立て遊び、
  ごっこ遊び2


  失敗や負けることを経験する

  こだわりを弱める

  反応クラスと分化強化

  療育場面の構造化を緩める


  こどもの成長に注目する


  がんばる力をつける


  異なる療育機関の併用


  家庭療育の難しさ1


  家庭療育の難しさ2

 <参考図書、おすすめ図書>


    
みどりトータルヘルス研究所
         〒541-0041
    大阪市中央区北浜3丁目5-19
         ホワイトビル5F
       TEL.06-6203-2410



 行動療育に関する情報

 療育の課題内容を決めるポイント


  
療育では様々なスキルを標的としていくことを解説してきました。しかし、実際に療育で行う課題内容を決めていくことは簡単ではありません。こどもの強い面や弱い面を把握して、社会適応に向けて今どのような課題を行う必要があるかを考えなければいけません。

  マニュアルや書籍を参考にして進めていくことが多いと思いますが、ここは専門家のアドバイスを受けた方が良いと思います。こどもの現状に合っていない課題を行っても、あまり力が付かない可能性があります。こどもによって適切な課題は異なりますので詳細を説明することはできませんが、少し家庭療育の課題内容を考えるポイントを解説します(専門家が行う療育では、少し考え方が違うことがあります)。

  まずは、こどもが少し頑張ったらできる程度の難易度の課題を行うことが大切です。スモールステップで課題を設定し、少し頑張ったら上手くいくという成功体験を積ませてあげます。できるようにならないといけない課題であっても難易度が高く、繰り返し失敗したり、数か月同じ課題を行っていても習得できないというようなことがあれば、課題設定の誤りと考えた方が良いです。こどものやる気も無くなってしまうでしょう。

  こどもが嫌がったり、習得に時間がかかる様な課題は、後回しにしても良いことがあります(全てそうではないですが)。「何とかできるようにしないと」と頑張って同じ課題を繰り返すと時間が取られてしまいますし、こどもも保護者も大変です。やらないといけないことは他にもたくさんあるので、とりあえず後回しにして、別の課題を行ってあげて下さい。様々な課題を行って、1-2ヶ月すると、苦手だった課題がすっとできるようになっていることがあります。

  次に大切なことは、こどもが前向きに取り組むことができるように課題内容自体を工夫することです。行動療育では、こどもが積極的に課題に取り組むことができるように、三項随伴性の枠組みで先行条件(A)や結果(C)を工夫しますが、それよりも課題を行うこと自体が楽しければ、こどもは積極的に課題に取り組むことができます。課題内容によってはどうしても楽しくすることができない課題もありますし、単純な作業にある程度の時間落ち着いて取り組むような課題を行うことはあります。しかし、できるだけ課題自身を楽しめるように工夫する必要があります。

  例えば、書きの練習をしている時に意味のない線をなぞったりしていてもあまり楽しくありません。そのため、大好きな電車の絵をなぞったり、色を塗ったり、トレーシングペーパー(写し紙)で写して書いたりすると、少し楽しみながら取り組めると思います。どれだけ正確に枠の中を進めるか、どれだけ速く迷路をゴールできるか、などのゲーム形式にしても良いかも知れません。お勉強は基本的に楽しくないことが多いです。楽しくない課題をこどもが嫌がっても当然と言えます。そのため、療育を行う場面設定をどうするか、強化子に何を用いるか、どのように逸脱行動を消去するか、と考える前に、できるだけ楽しく取り組めるような課題内容を工夫してあげることが大切になります。




copyright©2013 みどりトータルヘルス研究所 all rights reserved.