みどりトータルヘルス研究所
                                                                      
  こども行動療育教室 ご予約・お問い合わせは TEL.06-6203-2410
〒541-0041大阪市中央区北浜3丁目5-19
ホワイトビル5F
はじめに 行動療育について 勉強会や講習会
の講師
専門家への
スーパーバイズ
関連機関への
コンサルタント
プログラム作り
ICF関係






  行動的支援勉強ノート
  トップページへ


  はじめに

  こどもの療育で大切なこと

  行動療育で行うこと


  行動療育教室の目標

  コラム 日々の生活や集団の
  中で学習するために必要な力


  こどもとの関係づくり

  療育時間と標的スキル


  課題内容を決めるポイント

  教え方を考えるポイント

  課題の量と難易度を工夫する

  DTT? PRT?

  学習態勢を形成する1

  学習態勢を形成する2

  学習態勢を形成する3

  学習態勢を形成する4

  学習態勢を形成する5

  学習態勢を形成する6

  学習態勢の指標

  認知スキルを伸ばす


  コラム 
  認知スキル常に意識する


  弁別学習1

  弁別学習2  関連する力を
          伸ばす


  コラム 正確性と流暢性

  注意と記憶の訓練1

  注意と記憶の訓練2

  コラム 注意記憶と観察学習

  取ってくる,もらってくる,
  報告する課題


  コラム 距離を離して
       難易度を高める

  ふり遊び、見立て遊び、
  ごっこ遊び1


  ふり遊び、見立て遊び、
  ごっこ遊び2


  失敗や負けることを経験する

  こだわりを弱める

  反応クラスと分化強化

  療育場面の構造化を緩める


  こどもの成長に注目する


  がんばる力をつける


  異なる療育機関の併用


  家庭療育の難しさ1


  家庭療育の難しさ2

 <参考図書、おすすめ図書>


    
みどりトータルヘルス研究所
         〒541-0041
    大阪市中央区北浜3丁目5-19
         ホワイトビル5F
       TEL.06-6203-2410



 行動療育に関する情報

 学習態勢を形成する2 成功経験を積ませる
 

  『学習態勢を形成する 1』で椅子に座って机上の課題に取り組む態勢作りについて解説しましたが、ここでは課題への取り組みを強化することについて解説していきます。課題に取り組む行動を強化することによって、こどもは抵抗なく、楽しく、自主的に課題に取り組むようになり、少し難しい課題にも挑戦して取り組むことができるようになります。

  ポイントは、課題に取り組む行動を繰り返し強化し、成功経験を積ませるということです。

  すばやく簡単に成功できる課題を提示し、こどもが取り組むことができたら強化します。最初から、こどもが上手くできない課題や集中力を長く持続しないといけない課題を行うと嫌悪感を抱いてしまうので、すぐに正答できる課題を提示します。『無誤学習(エラーレスラーニング)』といって、課題の難易度を調整し、必要なプロンプトを与えて成功体験を積ませることで、課題への動機づけが高まります。また、PRTでは『試みを強化する(reinforce attempts)』といいますが、課題の正答、誤答に関わらず、取り組む姿勢に注目し強化することも大切です。

  絵カードの弁別が可能なこどもなら、簡単な弁別訓練(絵カードを数枚提示し、こちらが名称を言い選択させる)は頻繁に強化できるのでおすすめです(名称を教えるというための訓練ではなく、課題に従事する行動を強化することを目的に、すでに弁別可能な絵カードを用いる)。自閉症のあるこどもならば、TEACCHでよく用いられるペグさしなどの課題は取り組みが良いことが多いので、よく用います。

  三項随伴性の枠組みで考えると、「A:療育者が指示を出す-B:指示に従う-C:強化子が提示される(褒められるなど)」、「A:課題が提示される-B:課題を行う-C: 強化子が提示される(褒められるなど)」という経験を繰り返し、集中的に経験させることが大切です。このとき、指示を聞かない、課題を行わない、嫌がっているのに強引に課題をさせる、という経験をさせてはいけません。こどもが少し嫌がる素振りを見せたら、その時点で課題を切り上げたほうが良いです(できれば嫌がる前に)。そして、こどもが少し物足りない程度の量や時間で課題を終わらせます。少し難しい課題にがんばって取り組むという行動は、まだ先の段階です。

  この時の強化子ですが、「学習態勢を形成する 1」で解説したような、遊びに興味のあるこどもならば褒めてあげて遊びを再開するということで良いですが、遊びに興味を示さないこどもであれば、こどもが喜ぶ強化子を提示します。iPadで動画を見たり、お菓子を食べたり、くすぐったり、肩車をするなど。そのため、学習態勢の形成には様々な強化子を見つけておくことが大切になります。言い換えると療育を始める前に、こどもが喜ぶ強化子を見つけておかなければ、上手く療育をすすめることが難しいです。課題に取り組む行動が強化される経験を積み重ね学習態勢が形成されると,課題ができた喜びや達成感が強化子となり,特別な強化子を提示する必要がなくなります。




copyright©2013 みどりトータルヘルス研究所 all rights reserved.