みどりトータルヘルス研究所
                                                                      
  こども行動療育教室 ご予約・お問い合わせは TEL.06-6203-2410
〒541-0041大阪市中央区北浜3丁目5-19
ホワイトビル5F
はじめに 行動療育について 勉強会や講習会
の講師
専門家への
スーパーバイズ
関連機関への
コンサルタント
プログラム作り
ICF関係






  行動的支援勉強ノート
  トップページへ


  はじめに

  こどもの療育で大切なこと

  行動療育で行うこと


  行動療育教室の目標

  コラム 日々の生活や集団の
  中で学習するために必要な力


  こどもとの関係づくり

  療育時間と標的スキル


  課題内容を決めるポイント

  教え方を考えるポイント

  課題の量と難易度を工夫する

  DTT? PRT?

  学習態勢を形成する1

  学習態勢を形成する2

  学習態勢を形成する3

  学習態勢を形成する4

  学習態勢を形成する5

  学習態勢を形成する6

  学習態勢の指標

  認知スキルを伸ばす


  コラム 
  認知スキル常に意識する


  弁別学習1

  弁別学習2  関連する力を
          伸ばす


  コラム 正確性と流暢性

  注意と記憶の訓練1

  注意と記憶の訓練2

  コラム 注意記憶と観察学習

  取ってくる,もらってくる,
  報告する課題


  コラム 距離を離して
       難易度を高める

  ふり遊び、見立て遊び、
  ごっこ遊び1


  ふり遊び、見立て遊び、
  ごっこ遊び2


  失敗や負けることを経験する

  こだわりを弱める

  反応クラスと分化強化

  療育場面の構造化を緩める


  こどもの成長に注目する


  がんばる力をつける


  異なる療育機関の併用


  家庭療育の難しさ1


  家庭療育の難しさ2

 <参考図書、おすすめ図書>


    
みどりトータルヘルス研究所
         〒541-0041
    大阪市中央区北浜3丁目5-19
         ホワイトビル5F
       TEL.06-6203-2410



 行動療育に関する情報

 コラム 認知スキルを常に意識する


  特に専門家は,療育や教育相談,遊び等の関わりにおいて,こどもの認知スキルを常に意識すると良いと思います。行動的支援では,ある行動や課題ができなかったとき,指示の出し方や結果を工夫したり,下位行動としてどのような行動を獲得しないといけないかを考えます。しかし,課題内容や失敗の仕方から,どのような認知スキルに弱さを抱えているのか,伸ばしてあげないといけないかを併せて考えていきます。弱い面を推察することができたら,こどもに合わせた指示の出し方や課題の提示の仕方の工夫につながり,弱い面を伸ばすための課題や活動を考えることができます。

  認知機能や脳に関する最新の知見を網羅することは難しいですが,注意や記憶,実行機能に関する基本的な知識,障害との関係は知っておく必要があります。

  例えば教育相談で保護者から,「幼稚園で先生の全体に対する指示を聞くことができない」と相談を受けたとします。行動的支援としては,先生の指示を聞いて動く行動を増やす行動をスモールステップで獲得することを目指します。指示を明確にしたり,事前に注意を向けてから指示を出したり,座席を前にしたり,少人数の場面から始めたりして指示を聞きやすくし,指示を聞く行動を強化します。そして様々な場面で指示を聞くという行動を経験していきます。

  認知面から考えると,視覚的または聴覚的な選択的注意の弱さや持続的注意の弱さ,行動を切り替える力の弱さ,抑制する力の弱さ等,様々な認知スキルが影響している可能性があります。こどもの様子や保護者からの聞き取りから弱い点を推察して,課題としていきます。

  絵カードの弁別課題(例えば絵カードを4枚提示して「〇〇取って」と指示を出して取ってもらう課題)が上手くできない場合,名称が理解できていないという言語スキルだけが原因ではない可能性があります。指示を聞くことができていない,カードを見ることができていない,衝動的に取る行動を抑えることができていない等。これはこどもの視線や表情を見て推察します。”カードに注意を向けて見る,全てのカードを見る”ということができていなければ,同じように課題を繰り返しても正答率は上がり難く習得に時間がかかります。その時,こどもの手を軽く押さえて指示を出し,目線の動きを確認して正解のカードを見たことを確認してから手を放してカードを取らせることで,正答率は上がります。必要な刺激に注意を向けて選択し,衝動性を抑えて動くという力を伸ばすことができます。併せて対象に注意を向けて見るという力を伸ばしてあげる必要があるかもしれません。

  このように,療育や日常生活の支援において表に見える行動だけではなく,常にこどもの認知機能を意識することによって,より効果的な支援につながると考えています(他の頁でも解説しているように,認知機能を伸ばす方法は行動的支援が中心ですが)。

  また,この視点は問題を少し客観的に捉え前向きに子育てや支援を行う手助けになります。日常起こる様々な困りごとに対して,保護者や支援者は感情的に巻き込まれてしまい,気力を失ってしまったり,絶望感を感じたり,感情的に激しく対応してしまったりすることがあります。

  こどもが問題行動を起こしたり,できないことがあった場合,その背景にある認知機能の弱さとの関連で理解することができれば,困りごとを客観的に受け止めることができ,前向きな支援や子育てつながることが多いです。


copyright©2013 みどりトータルヘルス研究所 all rights reserved.