みどりトータルヘルス研究所
                                                                      
  こども行動療育教室 ご予約・お問い合わせは TEL.06-6203-2410
〒541-0041大阪市中央区北浜3丁目5-19
ホワイトビル5F
はじめに 行動療育について 勉強会や講習会
の講師
専門家への
スーパーバイズ
関連機関への
コンサルタント
プログラム作り
ICF関係






  行動的支援勉強ノート
  トップページへ


  はじめに

  こどもの療育で大切なこと

  行動療育で行うこと


  行動療育教室の目標

  コラム 日々の生活や集団の
  中で学習するために必要な力


  こどもとの関係づくり

  療育時間と標的スキル


  課題内容を決めるポイント

  教え方を考えるポイント

  課題の量と難易度を工夫する

  DTT? PRT?

  学習態勢を形成する1

  学習態勢を形成する2

  学習態勢を形成する3

  学習態勢を形成する4

  学習態勢を形成する5

  学習態勢を形成する6

  学習態勢の指標

  認知スキルを伸ばす


  コラム 
  認知スキル常に意識する


  弁別学習1

  弁別学習2  関連する力を
          伸ばす


  コラム 正確性と流暢性

  注意と記憶の訓練1

  注意と記憶の訓練2

  コラム 注意記憶と観察学習

  取ってくる,もらってくる,
  報告する課題


  コラム 距離を離して
       難易度を高める

  ふり遊び、見立て遊び、
  ごっこ遊び1


  ふり遊び、見立て遊び、
  ごっこ遊び2


  失敗や負けることを経験する

  こだわりを弱める

  反応クラスと分化強化

  療育場面の構造化を緩める


  こどもの成長に注目する


  がんばる力をつける


  異なる療育機関の併用


  家庭療育の難しさ1


  家庭療育の難しさ2

 <参考図書、おすすめ図書>


    
みどりトータルヘルス研究所
         〒541-0041
    大阪市中央区北浜3丁目5-19
         ホワイトビル5F
       TEL.06-6203-2410



 行動療育に関する情報

 家庭療育の難しさ 1


  日本では発達に困難を抱えるこども達への専門的な教育に関する制度が十分に整っておらず,必要な療育を受けることが難しいご家庭が多い現状です。そのため,保護者がご家庭で療育を行う必要性に迫られたり,取り組むように勧められたりすることがあります。

  1つの理想的な形は,『専門的な療育は専門家が行い,保護者は基本的な行動理論を理解して,療育で身に付けたスキルを日常生活に拡げたり問題行動を強めないように関わり,基本的には家庭では楽しく過ごす』というものだと私は考えます。こどもは日常生活の保護者とのかかわりを通して様々なことを学ぶため,保護者が障害や対応に関する正しい知識を身に付け,こどもの成長を促すことは大切です。しかし,専門的な個別療育まで保護者が中心に行うのは大きな負担となり,大変難しいことです。

  保護者が家庭療育を行い上手くいく場合もたくさんあります。こどもができることが増え,保護者も自己効力感が高まり良い雰囲気でこどもの成長を促すことができているご家庭をたくさん知っています。しかし,上手くいかない場合もあります。

  保護者が家庭療育を行うのは,専門家が決まった時間だけ療育を行うよりも非常に難しいことです。これは,知識や技術の違いだけではなく,専門家は(遊びも含めて)療育をするだけの存在なので,こどもは気持ちを切り替えやすいためです。専門家は勉強をする人,勉強をする時間という分かりやすい刺激になります(刺激性制御)。そのため,専門家が限られた時間療育を行う場合,こどもが落ち着いて取り組みやすくて当然です。

  保護者は1日中こどもと過ごし,生活を共にするため,「今から30分お勉強をします」と言っても,中々こどもは気持ちを切り替えることが難しいです。日常生活では時間に追われてきっちりした対応ができなかったり,こどものわがままを聞いてあげたりすることがあります。また,こどもなので注意引きの行動であってもしっかり甘えさせてあげることもあります。これらは当然であり,必要なことでもあります。

  しかし療育場面は基本的にきっちりした対応を行わなければ逸れてしまうことが多いです。できるだけ楽しく療育を進めても,やはり苦手な課題に取り組まないといけないことがあり,頑張らないといけないことがあるからです。そのため,療育場面を日常から切り離して,こどもが気持ちを切り替えて集中して取り組むというのは難しいことです。

  同様に,保護者も療育場面で気持ちを切り替えるのは難しいことだと思います。専門家に「こどもが失敗したり逸脱行動を示しても怒ったらだめですよ」と言われても,腹が立って怒ってしまうことがあると思います。日々の生活に追われたり,ご近所関係でストレスがたまっていたりして,気持ちを落ち着かせて療育に取り掛かれない日もあるでしょう。

  専門家はその難しさを理解してアドバイスやコンサルテーションを行う必要があります。ご家族のことをよく理解し,自分たちが療育を行うよりも難しいことであるという前提を忘れてはいけません。保護者は焦る気持ちはあると思いますが,学習態勢が十分形成されるまでは無理のない形で家庭療育を進めて,お勉強に対する嫌悪感を抱かせないようにすることが大切だと考えていただきたいです。お勉強という形でなくても,遊びや日常生活で伸びていくスキルはたくさんあります。

  

  
copyright©2013 みどりトータルヘルス研究所 all rights reserved.