みどりトータルヘルス研究所
                                                                      
  こども行動療育教室 ご予約・お問い合わせは TEL.06-6203-2410
〒541-0041大阪市中央区北浜3丁目5-19
ホワイトビル5F
はじめに 行動療育について 勉強会や講習会
の講師
専門家への
スーパーバイズ
関連機関への
コンサルタント
プログラム作り
ICF関係






  行動的支援勉強ノート
  トップページへ


  はじめに

  こどもの療育で大切なこと

  行動療育で行うこと


  行動療育教室の目標

  コラム 日々の生活や集団の
  中で学習するために必要な力


  こどもとの関係づくり

  療育時間と標的スキル


  課題内容を決めるポイント

  教え方を考えるポイント

  課題の量と難易度を工夫する

  DTT? PRT?

  学習態勢を形成する1

  学習態勢を形成する2

  学習態勢を形成する3

  学習態勢を形成する4

  学習態勢を形成する5

  学習態勢を形成する6

  学習態勢の指標

  認知スキルを伸ばす


  コラム 
  認知スキル常に意識する


  弁別学習1

  弁別学習2  関連する力を
          伸ばす


  コラム 正確性と流暢性

  注意と記憶の訓練1

  注意と記憶の訓練2

  コラム 注意記憶と観察学習

  取ってくる,もらってくる,
  報告する課題


  コラム 距離を離して
       難易度を高める

  ふり遊び、見立て遊び、
  ごっこ遊び1


  ふり遊び、見立て遊び、
  ごっこ遊び2


  失敗や負けることを経験する

  こだわりを弱める

  反応クラスと分化強化

  療育場面の構造化を緩める


  こどもの成長に注目する


  がんばる力をつける


  異なる療育機関の併用


  家庭療育の難しさ1


  家庭療育の難しさ2

 <参考図書、おすすめ図書>


    
みどりトータルヘルス研究所
         〒541-0041
    大阪市中央区北浜3丁目5-19
         ホワイトビル5F
       TEL.06-6203-2410



 行動療育に関する情報

 課題の量と難易度を工夫する


  こどもが前向きに療育に取り組み,楽しく効果的に療育を進めるためには,課題の量と難易度の工夫が大切になります。

  基本的な療育の進め方をA-B-Cの三項随伴性で考えると,『課題を提示される(A)-課題を実施する(B)-ポジティブな結果:達成感を感じる・褒められる(C)』となります。繰り返しこの随伴性を経験し成功体験を積み重ねることにより,こどもの取り組みは良くなり,楽しく療育を進めることができます。

  その際,『こちらが提示した課題は行う』ということが基本となります。提示した課題は必ず最後まで行うということです。できなかったり,ふざけたりして途中で課題を終了する,失敗経験で終わるということは基本的には避けなければなりません。逸脱行動を強めるような経験を避けるということです。

  こどもが課題を嫌がっても無理やり取り組ませるということではありません。苦手な課題や少し難易度の高い課題をこどもが嫌がっても頑張ってもらうことはありますが,それだけではこどもが疲れてしまい,嫌悪感を強めてしまいます。お勉強が楽しくないものになってしまい,どんどん取り組みが悪くなってしまう可能性があります。

  『こちらの提示した課題は行う』ということを基本と考える場合,こちらが提示する課題の量と難易度を臨機応変に工夫する必要があります。その時のこどもが取り組める量と難易度,その時のこどもががんばることができる程度の量と難易度を考えて課題を提示し,提示した課題は最後まで取り組んでもらい,上手くできて終わるということです。これは療育を上手に進めるために最も大切なことの1つです。

  療育を始める前に,当日の課題の計画を立てると思います。しかし,こどもはまだ小さいのでがんばることができる量や集中力には波があります。寝不足だったり,寝起きだったり,お腹がすいていたり,外が暑かったり,機嫌が悪かったり,疲れていたり,ストレスが溜まっていたり。季節や園の行事によっても波があります。体力や注意力にも影響を受けます。

  前回の療育の内容や当日苦手な課題を行って(例えば勝ち負けが苦手なこどもに負けることを経験するゲームを行って少し崩れた後など),元気がなかったり機嫌が悪かったりすることもあります。

  そのような場合は楽しい内容の課題や得意な課題を行ったり,課題量を少なくして提示するといった工夫が必要です。プロンプトを速めに提示したりする工夫もできます。調子の悪いときは10問する予定だったけれど6問にして速めに手助けをしてあげたり,調子の良いときは手助けを少なくしてがんばって考える時間を多くとるなど。こどもの状態を把握し,素早く自然な形で調整します。

  自分の機嫌が悪いから課題が少なくなったり,内容が易しくなったり,手助けされたとこどもに思われてはいけません。機嫌を損ねたり怒ったら苦手な課題を避けることができるという経験になってしまうためです。そうではなく,こどもの様子を見て,療育者が主導的に,その時のこどもががんばることができる課題を自然な形で提示するということです。また,簡単な無理なくできる課題ばかり行っていてもスキルアップに時間がかかってしまいます。その時のこどもが頑張ることができる課題を見極めて,適切な課題を提示しなければいけません。

  その時のこどもの状態に適した課題量と難易度で課題を提示し,こどもにはがんばって取り組んでもらい成功体験をどんどん積んでいきましょう。その時のこどもが少し頑張ったらできる内容の課題を提示していくことでこどもはできることが増えていき,学習態勢は伸びてきます。

  このようにこどもの表情や態度や言動から今のこどもの状態を把握し,その時のこどもに適した課題の量と難易度を提示することが,こどもの力を高め,療育を楽しく進めていくために大切なことになります。


copyright©2013 みどりトータルヘルス研究所 all rights reserved.