みどりトータルヘルス研究所
                                                                      
  こども行動療育教室 ご予約・お問い合わせは TEL.06-6203-2410
〒541-0041大阪市中央区北浜3丁目5-19
ホワイトビル5F
はじめに 行動療育について 勉強会や講習会
の講師
専門家への
スーパーバイズ
関連機関への
コンサルタント
プログラム作り
ICF関係





  行動的支援勉強ノート
  トップページへ



 1‐1.行動科学を勉強しよう

 1‐2.基本となる考え方
    将来に向けての目標


 2‐1.行動レパートリーと活動
    レパートリーを増やす


 2‐2.活動レパートリーを
    増やすメリット


 2‐3.どのように活動レパートリー
    を増やしていくか


 2‐4.行動レパートリーと
    問題行動の関係


 コラム 物を落としたり倒したり
     
する行動


 3‐1.行動の理解と対応

 3‐2.行動の見方

 3‐3.行動の原因を環境に求め
    ることのメリット


 3‐4.代表的な問題行動の機能
    と形成されるメカニズム


 3‐5.なぜ発達障害のある人に
    問題行動が見られやすい
    のか?


 3‐6.問題行動が強まる
    メカニズム


 3‐7.日常生活で問題行動を
    強めないために


 コラム 環境の変化と消去

 3‐8.問題行動が長期間維持
    されるメカニズム


 3‐9.こだわり,自己刺激行動
    への対応について


 コラム こだわりと遊びの境目

 3‐10.適切な行動レパートリー
    を増やす


 コラム 教育的な視点を持った
     問題行動への対応


 3‐11.問題行動への対応を
    考えるステップ


 行動の理解と対応 まとめ

 4-1.日々の関わりで大切なこと
    将来を見据えて大切なこと


 4-2.指示の出し方,制止の仕方

 4-3.家庭での療育活動の 
    ポイント


 4-4.柔軟性,変化への耐性を
    養う


 4-5.食事に関する行動

 4-6.自身の行動もこどもの行動
    に影響を受けている


 4-7.褒めてこどもを育てよう!


 <参考図書、おすすめ図書>


    みどりトータルヘルス研究所
         〒541-0041
    大阪市中央区北浜3丁目5-19
         ホワイトビル5F
       TEL.06-6203-2410


 行動的支援勉強ノート

 どのように活動レパートリーを増やしていくか


  課題や作業に取り組むことにはもちろんですが、発達障害のあるこどもが余暇活動を楽しむためにも必要なスキルはたくさんあります。ここでは活動レパートリーの中でも余暇活動や日々の活動に焦点を当てていきます。

  大前提は,こどもと関わる全ての大人が,行動レパートリーや活動レパートリーを増やすことがこどもの将来を考えると最も大切であると理解することです。問題行動を無くすことよりも何よりも大切という考えを共有し,取り組んでいく必要があります。

  1つの方法は、単純で短時間であってもこどもにあった活動を見つけ、そこから徐々に活動時間やレパートリーを拡げていくということです。こどもが強く拒否する場合は強要するべきではありません。余暇活動であれば楽しむこと、作業であれば習慣として取り組んでいけることが目標となるため、こどもに嫌だと思わせないよう進めることが大切です。また、大人になってから新しい活動を取り入れていくことは中々難しいため、できるだけこどもの時から様々な活動を増やす取り組みを行っていくことが大切になります。

  新しいことに取り組む時はこどもにストレスがかかるため、まずは現段階のこどもの能力に合った活動(取り組むことのできる活動)を見つけます。単純な活動でいえば、散歩に行く、買い物についていく、おもちゃで遊ぶなどが挙げられます。そこから段階的に活動を広げていくのですが、『散歩に行く』を例に挙げると、まずは家の周りを数分歩く、徐々に時間を延ばして新しい道を歩く、砂利道や坂道など足場の悪い道を歩く、など徐々に時間や活動範囲を広げていきます。バランス感覚を培い、肥満対策にもなるため健康に良いですし、山歩きや電車での移動などの余暇活動にもつながり、活動範囲が広がって社会的経験の機会が増えていきます。

  玩具で遊ぶというレパートリーも楽しんで取り組むためにはある程度のスキルが必要になります。こどもがおもちゃや遊びに興味を示さないということで諦めてしまっている方がいるかもしれません。しかし、他の様々な行動と同様に、遊びスキルも練習して伸ばしてあげるという考え方が大切です。まずは感触や音、光で楽しめる知育玩具や粘土、トミカや楽器などこどもが興味を示しそうな玩具を複数用意し、短時間、1-2分でもこどもが玩具を触り操作できれば、精一杯ほめてあげます。この時のポイントは多様な玩具を複数用意するということと、少しでも遊べたら一緒に遊んで大げさに反応し,しっかり褒めてあげるということです。保護者に褒めてもらうということはこどもにとっては大変うれしいことなので、どんどん褒めてあげて下さい。そうして徐々に玩具で一緒に遊ぶ時間を延ばし、玩具のレパートリーも増やしていきます。こういった短時間の簡単なことから始めて、徐々に時間や難易度を高めていくという方法は作業や机上の課題に取り組む時も基本となる進め方です。

  次に活動レパートリーを増やすために、地域の社会的資源を利用していきます。例えば福祉施設や市営プール、公園や展示場など障害があっても楽しめる施設はたくさんあります。保護者間で利用できる施設や催し物の情報を共有することも有効です。また、時間が取りにくい場合はガイドヘルパーやボランティアなどを利用して活動の機会を作っていきます。大学によってはボランティアサークルなどがあるので、調べてみると利用可能なところもあります。

  このように、こどもが興味を持たないからといってあきらめず、『楽しむことを教える』という考え方が必要です。社会的資源も活用し、活動レパートリーを積極的に増やしていきましょう。水泳、絵画、楽器の演奏、スポーツ、体操、家のお手伝い、買い物、カラオケ、鉄道の鑑賞など成人してからも楽しめる活動を計画的に増やしていきましょう。

  最後に、他害行動やその他の問題行動のために今まで取り組んでいた活動を止めてしまうことがあります。例えば、大声を出すので電車に乗らなくなった、人を叩いたので習い事を止めた、壊してしまったのでテレビを部屋に置かなくなったなど。しかし、活動を制限したり、刺激を制限するには細心の注意が必要です。活動の幅が狭くなるということはこれまでの内容からも分かるように、発達にとっては非常にマイナスになります。そのため、本当にその活動を止めなければいけないのか、何か工夫すれば続けられないか、止める活動に代わる活動を用意できないかをしっかり考え、容易に活動や刺激を制限しないように注意してください。



copyright©2013 みどりトータルヘルス研究所 all rights reserved.