みどりトータルヘルス研究所
                                                                      
  こども行動療育教室 ご予約・お問い合わせは TEL.06-6203-2410
〒541-0041大阪市中央区北浜3丁目5-19
ホワイトビル5F
はじめに 行動療育について 勉強会や講習会
の講師
専門家への
スーパーバイズ
関連機関への
コンサルタント
プログラム作り
ICF関係





  行動的支援勉強ノート
  トップページへ



 
1‐1.行動科学を勉強しよう

 
1‐2.基本となる考え方
    将来に向けての目標


 
2‐1.行動レパートリーと活動
    
レパートリーを増やす


 
2‐2.活動レパートリーを
     増やすメリット


 2‐3.どのように活動レパートリー
     を増やしていくか


 
2‐4.行動レパートリーと
    
問題行動の関係

 コラム 物を落としたり倒したり
     
する行動


 3‐1.行動の理解と対応

 
3‐2.行動の見方:三項随伴性

 
3‐3(1).行動の原因を環境に
    求めることのメリット1


 
3‐3(2).行動の原因を環境に
    求めることのメリット2


 
3‐4.代表的な問題行動の機能
    と形成されるメカニズム


 3‐5.なぜ発達障害のある人に
    問題行動が見られやすい
    のか?


 
3‐6.問題行動が強まる
    メカニズム


 
3‐7.日常生活で問題行動を
    
強めないために


 コラム 環境の変化と消去

 
3‐8.問題行動が長期間維持
    
されるメカニズム

 
3‐9.こだわり,自己刺激行動
    への対応について


 コラム こだわりと遊びの境目

 
3‐10.適切な行動レパートリー
    
を増やす


 
3-11.教育的な視点を持った
     問題行動への対応


 コラム 教育的で前向きな支援

 
3‐12.問題行動への対応を
    考えるステップ


 コラム 問題行動への対応の工夫

 
行動の理解と対応 まとめ

 
4-1.日々の関わりで大切なこと
    将来を見据えて大切なこと


 
4-2.指示の出し方,制止の仕方

 4-3.家庭での療育活動の 
    ポイント


 4-4.柔軟性,変化への耐性を
    養う


 
4-5.食事に関する行動

 4-6.自身の行動もこどもの行動
    に影響を受けている


 
4-7.褒めてこどもを育てよう!


 <参考図書、おすすめ図書>


    
みどりトータルヘルス研究所
         〒541-0041
    大阪市中央区北浜3丁目5-19
         ホワイトビル5F
       TEL.06-6203-2410


 行動的支援勉強ノート

 問題行動が長期間維持されるメカニズム


  数カ月から数年と長期間にわたって知的障害や発達障害のある人たちの問題行動が維持されることがあります。長期間にわたる問題行動は行動の形態や強度は様々ですが,ご家族にとっては大変悩ましい事態であり,家庭でこどもを育てていくことや集団生活に参加することが難しくなります。こどもがまだ小さいうちは力も弱いため制止できていても,こどもが大きくなり力が強くなると制止することができず対応が困難になってきます。自傷行動も長期間にわたると身体に悪影響を与え,失明や難聴,骨の変形につながることもあります。ではなぜそのような問題行動が長期的に維持されるのでしょうか。

  最も多い理由の1つは,やはり問題行動によって望ましい結果を得ているからです。問題行動によって,食べたい物が食べられる,欲しいものが手に入る,課題を終わらせることができる,騒がしい人を遠ざけることができる,注目を得ることができる,感覚的な刺激を得ることができる,という結果が伴えば,問題行動はなくなりません。しかし,そのような結果を得られないように前節「日常生活で問題行動を強めないために」のような計画を立て,対応しているけれど問題行動が無くならないという方がいると思います。実はそのような場合も大抵の場合,”低頻度でごく稀に”要求が通ってしまっていることが多いです。多くの長期間維持されている問題行動は(入所施設での強度行動障害なども),このようにたまに環境が変化する,たまに反応が得られる,たまに要求が通る,という結果を得ています。数週間に1回,数カ月に1回という頻度でも維持される問題行動があります。

  また,支援の統一が大切ということを福祉や教育の現場で良く言いますが,ある人では要求が通らないけれど別の人では要求が通る,別の場面では要求が通る,ある人は反応しないけれど別の人は反応する,というようにABCの三項随伴性が一定でなければ,問題行動は減少しません。また,随伴性が一貫しなければ,こどもが混乱してしまうことがあります。大切なことは,こどもと関わる全ての人が問題行動の減少に向けた統一した対応を徹底して行うということです。

  そのためには,こどもと関わる人たちがなぜそのような対応をしないといけないかを理解し,納得して対応をするということが必要であり,あまり複雑ではなく実行しやすい支援方法を計画する必要があります(例えば,こどもが泣いてわがままを言っても対応しない,玩具が欲しくて周りのこどもを叩いたら玩具を片づける,上手く要求できたら褒めてあげるなど)。理想を高く持って中途半端な対応になってしまうならば,最低限統一できるところから始めていく方が良いです。

  日常生活での上記のような問題行動への対応はとても根気がいります。保護者も疲れている時があるし,たまには妥協して泣いているけどお菓子を買ってあげようと思うこともあると思います。しかし,そのような対応を一度とってしまうと,せっかく減少してきた問題行動もまた継続してこどもが示すことになります。対応方法を話し合い,1度決めたら1カ月は徹底してください。こどもと関わる人たち,特に保護者が徹底して,問題行動によって環境は変化しない,要求は通らないという対応を行うことにより,比較的短期間で初期の問題行動は減少し無くなることが多いです。

  同時並行で要求を通すためのより社会的に適切な行動をこどもに教え,上手くできたらすぐに要求を通し,精一杯褒めて関わってあげて下さい。そうして1ヶ月経過し,全く問題行動に変化が見られなければ,対応方法や支援計画を考え直すと良いでしょう。


copyright©2013 みどりトータルヘルス研究所 all rights reserved.