みどりトータルヘルス研究所
                                                                      
  こども行動療育教室         ご予約・お問い合わせは TEL.06-6203-2410
        〒541-0041大阪市中央区北浜3丁目5-19
                  ホワイトビル5F
はじめに 行動療育について 勉強会や講習会
の講師
専門家への
スーパーバイズ
関連機関への
コンサルタント
プログラム作り
ICF関係

 <参考図書,おすすめ図書>

  行動的支援勉強ノートへ戻る


  はじめに

  行動療育と日々の生活の中
  での教育的な関わり


  こどもの反応性を高める

  言葉の指導を始めるとき 1

  言葉の指導を始めるとき 2

  言葉の指導を進めるとき

  名詞や動詞を増やそう!

  抽象的な言葉や感情を表す
  言葉を伸ばそう!


  日常生活での声かけについて

  出来事を報告するスキル 1

  出来事を報告するスキル 2

  象徴遊びを練習する

  学んだ行動を使う環境作り

  できることを増やすという視点

  失敗してもチャンスを与えよう

  こどもの良い面に注目する

  こどもとの良好な関係を築く

  保護者もリフレッシュが大切

 






   みどりトータルヘルス研究所
        〒541-0041
   大阪市中央区北浜3丁目5-19
        ホワイトビル5F
      TEL.06-6203-2410



 日々の生活の中での教育的な関わり

 はじめに


  一番初めの『行動科学を勉強しよう』では,応用行動分析学(ABA)を基本とした支援で大切なことは,『日常的に行動理論に基づいた行動を理解する枠組みを用いて、発達障害のある人たちが示す様々な行動を理解し、問題行動を増やさず、適切な行動を増やしていく関わりを行っていく』点にあると解説しました。

  行動療育というと特別な時間をとってお勉強形式で行うものだけを思い浮かべるかもしれませんが,それだけではありません。日常の関わりの中で適切な行動や知識を増やすことは可能であり,必要なことです。起床時,食事,おやつ,遊び,散歩,外出前の準備,外出時の移動,着替え,買い物,お風呂,就寝準備,といったあらゆる場面が,教育的支援によって様々なことが学習できる機会になります。

  机上学習の時間はもちろん大切なので,『行動療育に関する情報』で解説しますが,机上学習だけで全てのことを学ぶことは困難です。例えば机上学習で学んだスキルを日常生活で使えるようにするための支援が必要な場合があります。日常生活の様々な場面で教育的な支援を行うこと,正しい行動や知識を増やすような関わりを行うことで,多くの学習の機会を設けることができます。

  問題行動を強めないための日々の関わり方に関しては,様々な個所で解説してきました。ここでは,適切な行動やスキル,知識を増やしていくための日々のこどもとの関わり方や教育的支援を考えていきます。
copyright©2013 みどりトータルヘルス研究所 all rights reserved.