みどりトータルヘルス研究所
                                                                      
  こども行動療育教室         ご予約・お問い合わせは TEL.06-6203-2410
        〒541-0041大阪市中央区北浜3丁目5-19
                  ホワイトビル5F
はじめに 行動療育について 勉強会や講習会
の講師
専門家への
スーパーバイズ
関連機関への
コンサルタント
プログラム作り
ICF関係

 <参考図書,おすすめ図書>

  行動的支援勉強ノートへ戻る


  はじめに

  行動療育と日々の生活の中
  での教育的な関わり


  こどもの反応性を高める

  言葉の指導を始めるとき 1

  言葉の指導を始めるとき 2

  言葉の指導を進めるとき

  名詞や動詞を増やそう!

  抽象的な言葉や感情を表す
  言葉を伸ばそう!


  日常生活での声かけについて

  出来事を報告するスキル 1

  出来事を報告するスキル 2

  象徴遊びを練習する

  学んだ行動を使う環境作り

  できることを増やすという視点

  失敗してもチャンスを与えよう

  こどもの良い面に注目する

  こどもとの良好な関係を築く

  保護者もリフレッシュが大切

 






   みどりトータルヘルス研究所
        〒541-0041
   大阪市中央区北浜3丁目5-19
        ホワイトビル5F
      TEL.06-6203-2410


 日々の生活の中での教育的な関わり

 こどもとの良好な関係を築く


  特定の場面での問題行動への対応の仕方について相談を受けることがありますが,こどもたちは場面場面を切り離して生活しているわけでは無いので,特定の場面でだけこちらの言うことを聞かそうとしても上手くいきません。普段のこどもとの関係性が崩れていれば(例えば,全くいうことを聞かないなど),『食事の時の問題行動を消去しようとしたけれどうまくいかない』ということになっても当然です。

  また,療育や集団活動の場面でこどもが上手くできたときにだけ,取って付けたように褒めてあげても,あまり喜ばないかもしれません。つまり,褒めることが強化子として働いていないということです。

  応用行動分析学(ABA)では行動を強化して正しい行動を増やしたり,消去して不適切な行動を減らしたりしていきますが,こどもとの良好な関係が築けていないのに特定の場面でだけきっちり対応して行動をコントロールしようとしても上手くいきません。

  ABAに基づいた療育や日々の対応をうまく行うためには,こどもとの良好な関係を築くことが前提となります(ABAに基づいた適切な対応を日々行うことにより良好な関係が築けます)。ここでいう良好な関係とは,1:保護者の言うことは聞く,2:保護者と関わることや褒められることが好きで嬉しい,といった関係性です。

  1点目の保護者の言うことは聞くという関係は,『指示の出し方,制止の仕方』などで繰り返し解説してきましたが,保護者が言ったことは曲げず,こどもが保護者の指示に従う経験を積むことで形成されます。A-B-Cの三項随伴性で言うと,『(A)簡単な指示-(B)こどもが指示を聞いて動く-(C)保護者に褒めてもらえる』,という随伴性を繰り返し経験していきます。例えば,簡単なお片付けの場面などで保護者の言うことを聞くことができないこどもが,強い問題行動を起こしているときに保護者の言うことを聞くことはできないでしょう。まずは,簡単な場面から指示に従う行動を強化し,保護者の言うことは聞くのが当たり前という関係を築いていきましょう。問題行動への対応はその後です。

  2点目の保護者に褒められたら嬉しいという関係は,『「褒める」ということについて』でも解説しましたが,そういった関係が築けていなければ,言葉で褒めてあげてもあまり意味がありません。一緒に楽しく遊んだり,日々の温かい対応を通して,こどもにとってポジティブな存在とならなければいけません。そして,こどもの良い面に注目する視点が大切です。日常様々な場面で,こどもが頑張ったときや賢く過ごしているとき,普通に過ごしているときに,積極的に頻繁に褒めてあげます。大げさに高い高いなどをして満面の笑顔で褒めてあげたり,ニコッと微笑んで声をかけてあげるなど。こどもはあまりピンと来ないかもしれませんが,繰り返していると,だんだん保護者に褒められることが嬉しくなってきます。そのような関係が築けると,こどもが頑張ったときや適切な行動をしたときに褒めてあげて,不適切な行動をしたら関わらないという対応が意味を持ってきます。

  このように,特定の場面を切り離してABA的に対応するということではなく,日々の生活でABAに基づいた対応を通してこどもと良好な関係を築くことで,困ったときにも保護者が上手く対応することができるようになります。


copyright©2013 みどりトータルヘルス研究所 all rights reserved.