みどりトータルヘルス研究所
                                                                      
  こども行動療育教室 ご予約・お問い合わせは TEL.06-6203-2410
〒541-0041大阪市中央区北浜3丁目5-19
ホワイトビル5F
はじめに 行動療育について 勉強会や講習会の講師 専門家への
スーパーバイズ
関連機関への
コンサルタント
プログラム作り
ICF関係

 <参考図書、おすすめ図書>

  行動的支援勉強ノートへ戻る

  勉強ノート2 はじめに

  応用行動分析学(ABA)とは?

  行動は変わるということ

  障害特性と教育について


  叱責することのデメリット

 
 教育的支援の基本

  コラム.行動の見方と教育的支援

  注意力・集中力の問題

  習い事について

  物理的な環境調整や
  スケジュールについての考察


  刺激や活動を制限すること
  について

  何が誰にとって問題行動
  なのか?


  集団適応を阻害しやすい
  問題行動


  相手によって行動が変わる
  ことは悪いこと?


  進学、学校選びについて

  専門家の「少し様子を見ましょ
  う」というコメントについて


  専門家の「愛情不足」という
  コメントについて


  恐怖感や過敏な反応への対応

  コラム.自己刺激行動や過敏な
    反応について:疲れやスト
    レスとの関係


  切り替えの弱さへの支援

  渋々でも納得する力

  思いやりや人に親切にする
  行動について


  子育ての正解,不正解

  障害の受容について

  行動理論を理解してもらう


  行動的支援勉強ノートとABA
  にもとづいた支援について



   みどりトータルヘルス研究所
        〒541-0041
   大阪市中央区北浜3丁目5-19
        ホワイトビル5F
      TEL.06-6203-2410



 行動的支援勉強ノート2

 相手によって行動が変わることは悪いことなのか?


  「A先生の言うことは聞くけれど,B先生の話は聞かない」と言った相談を受けることがあります。ある人の前では大人しいけれど別の人の前ではふざける,父親の指示は聞くけれど母親の指示は聞かない,など。人を見て動く,相手によって行動を変える,よく人を見ている,などと言われます。

  困りごととして相談されることが多いですが,こどもが相手によって行動を変えることは悪いことだけではありません。第1に,ある人の前では正しい行動ができるということから,正しい行動を行動レパートリーとして獲得しているということが分かります。第2に,人によって行動を変えるということから,学習する力があるということも分かります。私はよく「○○君は学習する力があるということですね」とお答えします。

  つまり,三項随伴性の枠組みで捉えると,『ある状況で(A)-ある行動をすると(B)-どのような結果になるか(C)』ということが学習できているということです。先行条件(A)は,厳しい先生,やさしい先生,お母さん,お父さん,などであり,例えば,厳しい先生はふざけても相手をしてくれないが,優しい先生はふざけたら構ってくれる(または動揺する)などと学習して,相手によって行動を変えています。

  学習する力が全くなければ,相手が誰であろうと,どういう状況であろうと同じ行動を行うと思います。相手や状況によって行動が変わるということは,先行状況(A)を弁別し,結果(C)を認識する力があり,状況に合わせて行動できるといった学習する力があると言うことです。これは,最重度の知的障害のある方でも当てはまることが多く,厳しい職員の前では大人しいが,やさしい職員の前では問題行動が見られる,といったことがあります。

  このことから,学習することができるという力を活かして,正しく行動できるように随伴性を整えてあげれば良いことが分かります(正しい対応をするということ)。自分の前ではこどもがふざけたり,自分の言うことは特に聞かない,という場合は,こどもが言うことを聞くという行動を強化できていない,または,言うことを聞かずにふざける行動を強化してしまっているということです。そうであれば,こどもが言うことを聞くという正しい行動を強化して,言うことを聞かずにふざける行動を消去するように対応を変えなければいけません。

  そして,こどもは正しい行動を行って強化されるという経験を積むことによって,どのようなタイプの人の前でも正しく行動できるようになっていきます。

  ポイントは,こどもが学習する力があると言うことを前向きに受け取る,そして,ある人の前で問題行動見られることがあれば,それはこどものせいではなく,その人の対応が誤っているということなので,大人側の対応を変える必要があると言うことです。こどもがどのような人の前でも正しい行動を行って強化される経験を積むことによって,きちんとしないといけない場面では相手に関らず,適切に行動するという習慣が養われます。





copyright©2013 みどりトータルヘルス研究所 all rights reserved.