こども行動療育教室 トップページ カウンセリングルームこども行動療育教室
職場のメンタルヘルス


〒541-0041大阪市中央区北浜3丁目5-19淀屋橋ホワイトビル5F
TEL.06-6203-2410
はじめに 行動療育とは 講師派遣 スーパーバイズ 関連機関の
コンサルタント
スタッフ





 行動的支援勉強ノート
 トップページへ


 勉強ノート2 はじめに

 行動は変わるということ

 
障害特性と教育について

 叱責することのデメリット

 
教育的支援の基本

 行動の見方と教育的支援

 注意力・集中力の問題

 習い事について

 物理的な環境調整や
 スケジュールについて


 刺激や活動を制限すること
 について


 何が誰にとって問題行動
 なのか?


 集団適応を阻害しやすい
 問題行動


 相手によって行動が変わる
 ことは悪いこと?


 進学,学校選びについて

 専門家の「少し様子を見ま
 しょう」というコメント


 専門家の「愛情不足」という
 コメント


 恐怖感や過敏な反応への対応

 自己刺激行動や過敏な
 反応について:疲れやスト
 レスとの関係


 切り替えの弱さへの支援

 渋々でも納得する力

 思いやりや人に親切にする
 行動について


 子育ての正解,不正解

 障害の受容について

 行動理論を理解してもらう

 行動的支援勉強ノートとABA
 にもとづいた支援について



<参考図書,おすすめ図書>


 みどりトータルヘルス研究所
 カウンセリングルーム

       

 行動的支援勉強ノート2 

 渋々でも納得する力


  こどもが何か希望通りに行かず機嫌が悪くなった時などに,納得させようとして言葉で色々説明したり,保護者がこどもの希望が通るように(要求が通るように)動いてあげることがあると思います。また,事前にそのような状況にならないように工夫し,機嫌を損ねないように配慮するかもしれません。

  思った通りにいかない場面や,要求が通らない場面が多ければ,ストレスが大きすぎるので配慮してあげる必要はあります。しかし,こどもの機嫌を損ねないように配慮するだけではなく,思い通りに行かないことがあることを知り,渋々でも納得する,諦めるという経験を積むことも大切です。

  日常生活を送っていると,玩具が壊れて直すことができなかったり,物を無くしてしまったり,決まった時間に家を出ないといけなかったり,お父さんに急な仕事が入って遊びに行く予定がキャンセルされたり,実際にどうすることもできない場面がたまにあるでしょう。そのような場面で,機嫌を大きく損ね,長く引きずるようであれば日常生活に困難をきたすことがあります。また,少し思い通りに行かない些細なことで,機嫌を損ねるようになるかもしれません。集団生活にも支障をきたします。

  上手くいかなくても渋々納得する力をつけるための1つの支援は,渋々納得する経験を積むということです。

  なぜ我慢しないといけないかを分かりやすく説明してあげることは大切です。例えば,「壊れてしまったからもう遊べないよ,お母さんも直すことができないから,あきらめるしかないよ」など。こどもの言語スキルによっては,絵にかいて説明することもあるでしょう。しかし,説明してもこどもが納得せず,怒ったり,駄々をこねたりしたとき,それ以上言葉や絵で説明して納得させる必要はありません。もうその状況を受け入れるしかないことを経験させてあげてください。「もう仕方ないです」とだけ言って取り合わないようにしたり,こどもから離れてしまったら良いでしょう。

  こどもは泣いたり怒ったりすると思いますが,時間が経つと諦めます。こどもが諦めて落ち着いたら,何もなかったように普通に接してあげてください。「よく我慢したね」と軽く声をかけてあげても良いです。

  こどもが思い通りに行かず混乱したり,怒ったりした時に,機嫌を直すために何とかしてあげようと働きかけるのではなく,学習の機会と考えて渋々納得させる,諦めさせるということも大切です。そういった経験を積むことで,思い通りに行かない時に怒っても仕方がないことを知り,我慢できるようになってきます。このような対応に合わせて,状況を理解する力や知識,問題解決スキルが伸びてくると,大きく混乱することなく生活できる時間が増えていくと思います。



copyright©2013 みどりトータルヘルス研究所 all rights reserved.