みどりトータルヘルス研究所
                                                                      
  こども行動療育教室 ご予約・お問い合わせは TEL.06-6203-2410
〒541-0041大阪市中央区北浜3丁目5-19
ホワイトビル5F
はじめに 行動療育について 勉強会や講習会
の講師
専門家への
スーパーバイズ
関連機関への
コンサルタント
プログラム作り
ICF関係






 <参考図書,おすすめ図書>

  行動的支援勉強ノート Top

  応用行動分析学を勉強しよう


  1. 応用行動分析学(ABA)を
    学ぶメリット


  2. 三項随伴性と
    機能的アセスメント


  3. 強化,弱化(罰)

  コラム. 強化子を見つける大切
    さとプレマックの原理


  コラム. 「褒める」ということに
    ついて


  4. うまく行動を強化する
    ためには


  5. トークンエコノミーと
    レスポンスコスト


  6. プロンプト・フェイディング

  コラム.プロンプトを用いて
    正しい行動を強化する
    基本的な方法


  コラム. 行動を習慣化する
    ということ


  7. 消去と消去バースト 1

  8. 消去と消去バースト 2


  コラム. 「泣く」ということ

  コラム. 消去を行う時に
    大切なこと1


  コラム. 消去を行う時に
    大切なこと2


  9. 分化強化 1 


  10. 分化強化 2 






  みどりトータルヘルス研究所
  トップページへ

       


 応用行動分析学勉強ノート

 
コラム 「泣く」ということについて

  問題行動を消去するということについて解説してきましたが、ここではこどもの「泣く」という行動について少し考えていきます。こどもは泣くものなので、泣くことは普通のことです。しかし、かんしゃくと言われるような過度な泣き叫びや、日常生活や集団生活に支障を来す程泣くのであれば、それは問題行動と考えられます。

  「なぜ発達障害のある人たちに問題行動がみられやすいのか」にも解説している行動レパートリーと関係していますが、「泣く」という行動は赤ちゃんでもできる単純な行動であり、また周囲の反応が得られやすいという点で、知的障害や発達に遅れのあるこどもに問題行動としてよく見られます。

  1つ問題だと思う事は、保護者や職員がこどもが「泣く」ことに対して過度に反応しすぎているという点です。「代表的な行動の機能と行動が形成されるメカニズム」でも解説しましたが、問題行動の形態は問題行動への対応を考えるときにポイントにはなりません。「泣く」という行動も自分の獲得している行動レパートリーの中から何か気持ちや要求を伝えるという重要な意味はありますが、その他の自傷行動、他害行動、自己刺激行動とそれほど区別して考える必要はありません。

  ポイントとなるのは、その行動が自他の心身の健康を脅かしたり、こどもの社会適応を阻害しているかどうかです。その点から改善する必要がある行動を標的とし、機能的アセスメントによって問題行動の機能(目的)を予測して改善の計画を立てます。

  こどもが泣くと周りの目を気にしたり、かわいそうに思ったりして過度に関わってしまい「泣く」という問題行動を強めてしまっていることがあります。例えば、抱きしめてあやしたり、要求を通してあげたり、叱ったりするなど。そうすると、何か気に入らないことがあったり要求が通らなかった時に、すぐに激しく泣くようになってしまいます。少し冷たく聞こえるかもしれませんが、こどもが泣いてもそれほど気にせず、一歩引いてなぜ泣いているのかその機能(目的)を予測し、落ち着いて対応した方が良いです。こどもが泣いても過度に反応せず、要求を通さないことが大切です。こどもが泣いたらその場を離れてしまうというのも1つの方法です。

  最後に、もう1つ注意しないといけないことは、こどもなので親の愛情を求めて泣くことがあるということです。母親や父親に甘えたくてぐずったりすることがあります。その場合は、しっかり構ってあげ、抱きしめてあげ、愛情を注いであげてください。

  つまり「泣く」行動が全て問題行動なのではなく、要求を通すことなどを目的に過度に泣くことが問題なので、そのような場合は過度に反応しないようにするということ、そして、こどもがただ甘えたくて泣いているような場合はしっかり構ってあげるということです。

copyright©2013 みどりトータルヘルス研究所 all rights reserved.