みどりトータルヘルス研究所
                                                                      
  こども行動療育教室 ご予約・お問い合わせは TEL.06-6203-2410
〒541-0041大阪市中央区北浜3丁目5-19
ホワイトビル5F
はじめに 行動療育について 勉強会や講習会
の講師
専門家への
スーパーバイズ
関連機関への
コンサルタント
プログラム作り
ICF関係





  行動的支援勉強ノート
  トップページへ



 
1‐1.行動科学を勉強しよう

 
1‐2.基本となる考え方
    将来に向けての目標


 
2‐1.行動レパートリーと活動
    
レパートリーを増やす


 
2‐2.活動レパートリーを
     増やすメリット


 2‐3.どのように活動レパートリー
     を増やしていくか


 
2‐4.行動レパートリーと
    
問題行動の関係

 コラム 物を落としたり倒したり
     
する行動


 3‐1.行動の理解と対応

 
3‐2.行動の見方

 
3‐3(1).行動の原因を環境に
    求めることのメリット1


 
3‐3(2).行動の原因を環境に
    求めることのメリット2


 
3‐4.代表的な問題行動の機能
    と形成されるメカニズム


 3‐5.なぜ発達障害のある人に
    問題行動が見られやすい
    のか?


 
3‐6.問題行動が強まる
    メカニズム


 
3‐7.日常生活で問題行動を
    
強めないために


 コラム 環境の変化と消去

 
3‐8.問題行動が長期間維持
    
されるメカニズム

 
3‐9.こだわり,自己刺激行動
    への対応について


 コラム こだわりと遊びの境目

 
3‐10.適切な行動レパートリー
    
を増やす


 
3-11.教育的な視点を持った
     問題行動への対応


 コラム 教育的で前向きな支援

 
3‐12.問題行動への対応を
    考えるステップ


 コラム 問題行動への対応の工夫

 
行動の理解と対応 まとめ

 
4-1.日々の関わりで大切なこと
    将来を見据えて大切なこと


 
4-2.指示の出し方,制止の仕方

 4-3.家庭での療育活動の 
    ポイント


 4-4.柔軟性,変化への耐性を
    養う


 
4-5.食事に関する行動

 4-6.自身の行動もこどもの行動
    に影響を受けている


 
4-7.褒めてこどもを育てよう!


 <参考図書、おすすめ図書>


    みどりトータルヘルス研究所
         〒541-0041
    大阪市中央区北浜3丁目5-19
         ホワイトビル5F
       TEL.06-6203-2410


 行動的支援勉強ノート

 コラム 教育的で前向きな支援


   こどもの問題行動を何とかしようということばかりに注目していると,周囲の大人たちが巻き込まれてしまって皆がしんどくなったり,逆に問題行動を強めてしまうことがあります。繰り返しになりますが,こどもの成長が最も大切なことであり,できることを増やすという視点を常に第一優先で考える必要があります。問題行動を無くすことよりも,問題行動に代わる適切な行動を増やすという考え方が大切であり,結果的に問題行動が減少することにつながります。例えば,

 ○ 廊下を走ることを無くす⇒廊下を歩くことを増やす。
 ○ 離席を無くす⇒席に座って課題を行う行動を増やす,取り組めることを増やす。
 ○ 授業中の私語を無くす⇒授業中に静かに取り組める時間を増やす。
                ⇒挙手してから発言する行動を増やす。
 ○ 友達を叩く行動を無くす⇒友達と適切に楽しく遊ぶ時間を増やす。
 ○ 先生への暴言を無くす⇒先生の話を聴くことを増やす,適切に意見を伝える行動を増やす。
 ○ お菓子売り場のお菓子を勝手に取る行動を無くす⇒お菓子売り場を普通に歩くことを増やす。

  というように,支援者は『問題行動を無くす』という視点よりも『適切な行動を増やす』という視点をできるだけ重視し,教育的で前向きな支援を行っていきます。

  問題行動に巻き込まれてしまうと保護者や支援者は視野が狭くなり,問題行動を無くすことだけに集中してしまうことがあります。対応が厳しくなったり,刺激や活動を制限したりする対応に繋がり,教育的ではなくなってしまいます。こどもも支援者も楽しくありません。

  こどもの問題行動に対しては少し一歩引いて巻き込まれないように注意し,「何ができる様になれば問題行動をする必要がなくなるかな」,「何を教えてあげることができるかな」という教育的な視点を忘れないようにしましょう。

copyright©2013 みどりトータルヘルス研究所 all rights reserved.