みどりトータルヘルス研究所
                                                                      
  こども行動療育教室 ご予約・お問い合わせは TEL.06-6203-2410
〒541-0041大阪市中央区北浜3丁目5-19
ホワイトビル5F
はじめに 行動療育について 勉強会や講習会
の講師
専門家への
スーパーバイズ
関連機関への
コンサルタント
プログラム作り
ICF関係






  行動的支援勉強ノート
  トップページへ


  はじめに

  こどもの療育で大切なこと

  行動療育で行うこと


  行動療育教室の目標

  コラム 日々の生活や集団の
  中で学習するために必要な力


  こどもとの関係づくり

  療育時間と標的スキル


  課題内容を決めるポイント

  教え方を考えるポイント

  課題の量と難易度を工夫する

  DTT? PRT?

  学習態勢を形成する1

  学習態勢を形成する2

  学習態勢を形成する3

  学習態勢を形成する4

  学習態勢を形成する5

  学習態勢を形成する6

  学習態勢の指標

  認知スキルを伸ばす


  コラム 
  認知スキル常に意識する


  弁別学習1

  弁別学習2  関連する力を
          伸ばす


  コラム 正確性と流暢性

  注意と記憶の訓練1

  注意と記憶の訓練2

  コラム 注意記憶と観察学習

  取ってくる,もらってくる,
  報告する課題


  コラム 距離を離して
       難易度を高める

  ふり遊び、見立て遊び、
  ごっこ遊び1


  ふり遊び、見立て遊び、
  ごっこ遊び2


  失敗や負けることを経験する

  こだわりを弱める

  反応クラスと分化強化

  療育場面の構造化を緩める


  こどもの成長に注目する


  がんばる力をつける


  異なる療育機関の併用


  家庭療育の難しさ1


  家庭療育の難しさ2

 <参考図書、おすすめ図書>


    
みどりトータルヘルス研究所
         〒541-0041
    大阪市中央区北浜3丁目5-19
         ホワイトビル5F
       TEL.06-6203-2410



 行動療育に関する情報

 コラム 注意・記憶と観察学習


  観察学習,モデリングは,バンデューラによって提唱されました。私たちは他者の行動やその結果を観察し,様々なことを学習します。観察学習によって直接経験しない行動も学習することができます。兄弟の行動,親の行動,友達の行動,先生の行動,電車の中の他人の行動,テレビの中の人の行動など様々な人の行動を観察し,適切な行動や不適切な行動,社会のルールやマナーなどを学んでいきます。

  バンデューラは観察学習が成立するには,①注意過程,②保持過程,③運動再生過程,④動機づけ過程,の4つの過程が必要であると解説しています。簡単に解説すると,他者の行動や結果に注意を向け,それを記憶して摸倣し,ポジティブな結果が伴う経験をするということです。つまり,他者の行動を見る,その行動を記憶する,行動を模倣する,というスキルがなければ,観察学習が成立しないと言うことです。(どのような対象や行動に注意を向けるかなど考えないといけないことはたくさんありますが,ここでは詳細は省略します。)

  発達障害のあるこどもの療育の導入に身体摸倣を行うことがあります。療育者が頭を触って真似をさせるような課題です。「身体摸倣を課題として行う意味は何ですか?」と聞かれることがあります。1つは学習態勢の形成です。(A)指示を出されて,(B)真似をして,(C)強化される,という経験を積み,指示に反応する力をつけていきます。そして、その後の課題学習や言葉の指導にも模倣スキルはつながっていきます。舌の動きや口形の模倣、発音の模倣、単語や文章の模倣を通して、言語スキルを伸ばしていきます。

  さらに大切なことは,身体摸倣課題を行うことによって,他者に行動に注意を向ける力(注意過程),他者の行動を記憶する力(記憶過程),そして自分でも同じ動きができるようになる力(運動再生過程)を伸ばすことを目的としています。前述のように、これらのスキルは日常生活や集団活動の中で観察学習を行う基盤となります。動作摸倣の課題を単純と思われるかもしれませんが,とても重要なスキルを対象としています。

  その他,療育では注意や記憶を対象とした課題を行います。これらの力が伸び,他者の行動を観察して学習することができるようになると,直接指導していない多様な行動を日々の生活の中で学習することができるようになります。


copyright©2013 みどりトータルヘルス研究所 all rights reserved.