みどりトータルヘルス研究所
                                                                      
  こども行動療育教室 ご予約・お問い合わせは TEL.06-6203-2410
〒541-0041大阪市中央区北浜3丁目5-19
ホワイトビル5F
はじめに 行動療育について 勉強会や講習会
の講師
専門家への
スーパーバイズ
関連機関への
コンサルタント
プログラム作り
ICF関係





  行動的支援勉強ノート
   トップページへ


  はじめに

  
こどもの弱い点を理解する

  日々の関わり方の
  視点を変える


  行動の結果を頻繁に
  明確に示す


  単純な課題で注意を
  持続する


  動きのある課題で注意を
  持続する


  プリント課題で注意を
  持続する


  短期記憶を伸ばす

  思考力を伸ばす

  衝動的な発話を抑える

  動きを抑制する力を伸ばす

  テンションを上げすぎない力

  枠を決めてきっちり対応する

  コラム:怒りを制御する力を
       評価するポイント


  成長を見逃さない

  薬の利用について


 <参考図書,おすすめ図書>


  みどりトータルヘルス研究所
  トップページへ

       



 多動や衝動性をコントロールする力を養う

 こどもの長所や成長を見逃さない


  ADHDの傾向を示すこどもは様々な行動を示すために困ったこどもと認識され,注意や叱責を数多く受けることがあります。

  まず,『正しい行動が分かっていてもできない』ということが難しい所であることを理解する必要があります。こどもには悪気がないということです。障害の特性からくる衝動性や多動のため,状況に合わない行動や周囲に迷惑をかけるような行動を行ってしまうことがありますが,周りを困らせようとして行っているわけではありません。

  次に理解しないといけないことは,問題行動は目立つということです。大きな声をだしたり,走り出したり,大泣きしたり,友達を叩いたりする問題行動は非常に目立ちます。周りの大人はそのような目立つ問題行動にばかり目がいってしまうことがあります。約束したのにまた友だちを叩いた,宿題を中々始めずダラダラしている,などとショックを受けることもあるでしょう。

  そのような目立つ問題行動にばかり注目していると,こどもの成長やがんばりを見逃してしまいます。例えば怒って大泣きしても少し速く回復できるようなっていたり,怒るまで我慢する時間が伸びていたり,自分のしてしまったことを反省できるようになっていたり。また,コミュニケーションスキルや学業スキルはきっと伸びているし,普通に落ちついて過ごす時間も長くなってきているかもしれません。状況を理解する力や人にやさしくする力,衝動性を抑える力も少しづつ伸びていたり,問題行動の頻度も少なくなっていることもあります。怒ってけんかをすることがあっても,半年前より怒るまでにがんばって我慢できていたかもしれません。

  それらの成長は目立たないことが多いです。当たり前と思われてしまうこともあります。しかし大切なことはこどもの成長であり,当面の目標は当たり前のことができるようになることです。些細な成長を見逃さず,こどもの頑張りを認めてあげましょう。「○○のところは成長している」,「最近は○○ができるようになってきた」,「○○してくれてお母さん嬉しいわ」,「××は失敗したけど,○○はよくがんばったね」と,こどもに注意をする以上に認めてあげる必要があります。また,周囲がこどものがんばりや成長に注目すればするほど,こどもの良い所はどんどん伸びていきます。

  障害特性からくる問題行動はこどもの人格と区別して考えてあげなければいけません。「暴力的なこども」ではなく,障害の特性である衝動性の高さから手が出てしまっているだけです。障害の特性から見え難くくなっているこどもの良い所,やさしさや真面目さや人懐っこい所などを見逃さないようにしましょう。子育てできる期間は限られているため,こどもの良い所や成長を見逃していてはもったいないです。

  集団に適応していくためには,問題行動をなくしていかなければいけません。そのためには,こどもの成長を促し,さまざまな力をつけていく必要はあります。しかし,障害はこどもの全てではないため,こどもが元々持っている素敵な所や,些細な成長を見逃さずに,こどもの成長を楽しみましょう。


copyright©2013 みどりトータルヘルス研究所 all rights reserved.