みどりトータルヘルス研究所
                                                                      
  こども行動療育教室 ご予約・お問い合わせは TEL.06-6203-2410
〒541-0041大阪市中央区北浜3丁目5-19
ホワイトビル5F
はじめに 行動療育について 勉強会や講習会
の講師
専門家への
スーパーバイズ
関連機関への
コンサルタント
プログラム作り
ICF関係






  行動的支援勉強ノート
  トップページへ


  はじめに

  こどもの療育で大切なこと

  行動療育で行うこと


  行動療育教室の目標

  コラム 日々の生活や集団の
  中で学習するために必要な力


  こどもとの関係づくり

  療育時間と標的スキル


  課題内容を決めるポイント

  教え方を考えるポイント

  課題の量と難易度を工夫する

  DTT? PRT?

  学習態勢を形成する1

  学習態勢を形成する2

  学習態勢を形成する3

  学習態勢を形成する4

  学習態勢を形成する5

  学習態勢を形成する6

  学習態勢の指標

  認知スキルを伸ばす


  コラム 
  認知スキル常に意識する


  弁別学習1

  弁別学習2  関連する力を
          伸ばす


  コラム 正確性と流暢性

  注意と記憶の訓練1

  注意と記憶の訓練2

  コラム 注意記憶と観察学習

  取ってくる,もらってくる,
  報告する課題


  コラム 距離を離して
       難易度を高める

  ふり遊び、見立て遊び、
  ごっこ遊び1


  ふり遊び、見立て遊び、
  ごっこ遊び2


  失敗や負けることを経験する

  こだわりを弱める

  反応クラスと分化強化

  療育場面の構造化を緩める


  こどもの成長に注目する


  がんばる力をつける


  異なる療育機関の併用


  家庭療育の難しさ1


  家庭療育の難しさ2

 <参考図書、おすすめ図書>


    
みどりトータルヘルス研究所
         〒541-0041
    大阪市中央区北浜3丁目5-19
         ホワイトビル5F
       TEL.06-6203-2410



 行動療育に関する情報

 学習態勢を形成する6 まとめ  
 

  学習態勢を形成する、ということについて解説してきました。課題やお勉強に対する嫌悪感を抱かせず、こどもも実施者も前向きに取り組むことができるようになることが大切です。

  理想的な形は、『笑顔で始まって、笑顔で終わる』ということです。これは、ただ課題内容を易しくするということではなく、しっかり内容のある課題に前向きに取り組むということです。

  私はよく、「お家を出るとき嫌がったりしませんでしたか?」と保護者に聞くことがあります。嫌がらずに教室に来ていたり、来ることを楽しみにしている、という話を聞くと、『順調に進んでいるな』と考えることができます。しかし、家をでることを少し渋ったり、「お勉強にいきたくない」というようなことがあれば、『課題が最近難しすぎたな』、『少し頑張らせすぎたな』、と考え、課題内容や療育の進め方を修正します。

  これは家庭学習でも同様であり、「勉強しますよ」とこどもに言ったとき、こどもが拒否したり、問題行動を示したりすることが続けば、学習態勢が形成されていなかったり、療育を上手く進められていないと考えた方が良いです。こどもなので、もちろんその日の体調などにも左右されますが。

  もしそのような状況であれば、再度学習態勢作りを行い、療育内容を考え直さないといけません。応用行動分析学(ABA)に基づいた療育では、逸脱行動は消去して課題を進めることを強調されることがありますが、こどもが逸脱行動を示さずに前向きに課題に取り組めるようにすることの方が大切です。療育を行うときにこどもが逸脱行動を示し続けるならば、それは良くない療育です。専門家の療育を受け、数か月経っても療育中にこどもが逸脱行動を示し続ける様であれば、専門家がどのような説明をしても専門家を変えた方が良いと思います。

  そして、保護者が家庭療育を行う場合は、保護者自身も楽しく療育を進められるようにしないといけません。もし療育をする時に『あー今日も療育しないといけない』『こどものためになるなら仕方ないけど、嫌だな』と思うようであれば、多分あまり良い療育ができていません。保護者自身が成功体験を積めていない可能性があります。こどもが前向きに取り組み、できることが増えていくような療育ができれば、きっと保護者自身も前向きに療育を行うことができると思います。

  課題内容が少々易しくても、少々量が少なくても、こどもが嫌がらずに前向きに取り組める方が、長期的に見れば得られるものは多いと思います。こどもも保護者も笑顔で始めて、笑顔で終わることができる療育を目指して行きましょう。


copyright©2013 みどりトータルヘルス研究所 all rights reserved.