みどりトータルヘルス研究所
                                                                      
  こども行動療育教室 ご予約・お問い合わせは TEL.06-6203-2410
〒541-0041大阪市中央区北浜3丁目5-19
ホワイトビル5F
はじめに 行動療育について 勉強会や講習会
の講師
専門家への
スーパーバイズ
関連機関への
コンサルタント
プログラム作り
ICF関係






  行動的支援勉強ノート
  トップページへ


  はじめに

  こどもの療育で大切なこと

  行動療育で行うこと


  行動療育教室の目標

  コラム 日々の生活や集団の
  中で学習するために必要な力


  こどもとの関係づくり

  療育時間と標的スキル


  課題内容を決めるポイント

  教え方を考えるポイント

  課題の量と難易度を工夫する

  DTT? PRT?

  学習態勢を形成する1

  学習態勢を形成する2

  学習態勢を形成する3

  学習態勢を形成する4

  学習態勢を形成する5

  学習態勢を形成する6

  学習態勢の指標

  認知スキルを伸ばす


  コラム 
  認知スキル常に意識する


  弁別学習1

  弁別学習2  関連する力を
          伸ばす


  コラム 正確性と流暢性

  注意と記憶の訓練1

  注意と記憶の訓練2

  コラム 注意記憶と観察学習

  取ってくる,もらってくる,
  報告する課題


  コラム 距離を離して
       難易度を高める

  ふり遊び、見立て遊び、
  ごっこ遊び1


  ふり遊び、見立て遊び、
  ごっこ遊び2


  失敗や負けることを経験する

  こだわりを弱める

  反応クラスと分化強化

  療育場面の構造化を緩める


  こどもの成長に注目する


  がんばる力をつける


  異なる療育機関の併用


  家庭療育の難しさ1


  家庭療育の難しさ2

 <参考図書、おすすめ図書>


    
みどりトータルヘルス研究所
         〒541-0041
    大阪市中央区北浜3丁目5-19
         ホワイトビル5F
       TEL.06-6203-2410



 行動療育に関する情報

 こどもの療育で大切なこと


  行動療育の内容や目的を解説していきますが,障害の種類や程度に関わらず,こどもの療育で最も大切で第一優先に考えないといけないことは,『できることを増やす』ということです。言い換えると行動レパートリーの拡大です。これは、特別な療育場面に関らず,日常生活や保育場面などこどもが生活するすべての場面で第一優先に考えないといけないことです。

  言語スキル,認知スキル,社会的スキル,運動能力と広範囲にわたってできることを増やしていくことが目標になります。

  学習態勢の形成や問題行動の低減は,できることを増やすための要因の1つであり,脅威鵜的支援の第一目標ではありません。できることが増えて行くためには様々なことを経験し学習する必要がありますが,学習態勢ができていなかったり問題行動が強いと,学習する機会を制限されるからです。

  学習態勢が形成されている方が療育に取り組みやすいため、療育を通して獲得できることが増えます。問題行動が少ない方が集団活動に参加したり,刺激が豊富な環境で過ごすことができたり,適切な関わりを得る機会が増えるため,社会的経験を積む機会が増えます。自己刺激行動や常同行動が少ない方が,外部の刺激に注意が向きやすくなり,環境から吸収できることが増えます。人や遊びに興味を持つことができれば,関わりを通して社会的学習の機会が増えます。

  感情や状況を理解する力,先を見通す力,我慢をする力,頑張る力なども同様です。

  つまり,問題行動の低減が療育の第一目標ではなく,特にこどもの場合は,『行動レパートリーの拡大:できることを増やす』ことが第一目標であり,そのために,学習を阻害する大きな要因である問題行動を無くさなければいけないということです。また、できることが増えてくると問題行動は減少します。

  日々様々なトラブルがあり,色々考えてあげないといけないことはありますが,『できることを増やす』ことを第一優先に考え,療育や日々の対応を考えていきましょう。


copyright©2013 みどりトータルヘルス研究所 all rights reserved.