みどりトータルヘルス研究所
                                                                      
  こども行動療育教室 ご予約・お問い合わせは TEL.06-6203-2410
〒541-0041大阪市中央区北浜3丁目5-19
ホワイトビル5F
はじめに 行動療育について 勉強会や講習会
の講師
専門家への
スーパーバイズ
関連機関への
コンサルタント
プログラム作り
ICF関係






  行動的支援勉強ノート
  トップページへ


  はじめに

  こどもの療育で大切なこと

  行動療育で行うこと


  行動療育教室の目標

  コラム 日々の生活や集団の
  中で学習するために必要な力


  こどもとの関係づくり

  療育時間と標的スキル


  課題内容を決めるポイント

  教え方を考えるポイント

  課題の量と難易度を工夫する

  DTT? PRT?

  学習態勢を形成する1

  学習態勢を形成する2

  学習態勢を形成する3

  学習態勢を形成する4

  学習態勢を形成する5

  学習態勢を形成する6

  学習態勢の指標

  認知スキルを伸ばす


  コラム 
  認知スキル常に意識する


  弁別学習1

  弁別学習2  関連する力を
          伸ばす


  コラム 正確性と流暢性

  注意と記憶の訓練1

  注意と記憶の訓練2

  コラム 注意記憶と観察学習

  取ってくる,もらってくる,
  報告する課題


  コラム 距離を離して
       難易度を高める

  ふり遊び、見立て遊び、
  ごっこ遊び1


  ふり遊び、見立て遊び、
  ごっこ遊び2


  失敗や負けることを経験する

  こだわりを弱める

  反応クラスと分化強化

  療育場面の構造化を緩める


  こどもの成長に注目する


  がんばる力をつける


  異なる療育機関の併用


  家庭療育の難しさ1


  家庭療育の難しさ2

 <参考図書、おすすめ図書>


    
みどりトータルヘルス研究所
         〒541-0041
    大阪市中央区北浜3丁目5-19
         ホワイトビル5F
       TEL.06-6203-2410



 行動療育に関する情報

 ふり遊び、見立て遊び、ごっこ遊び 2


  ふり遊びが楽しめるようになってきたら、見立て遊びやごっこ遊びの練習をしていきます。

  見立て遊びでは、絵や物を何かに見立てて「これ○○みたいだねー」といってそれを使う動作などを行います。バナナのおもちゃを電話に見立てたり、積木を電車や階段やエレベーターに見立てたり、割り箸を太鼓のばちに見立てたりして、どんどん遊んでいきます。見立て遊びの指導も最初こどもがピンとこなければ、「わー○○みたい、見て見てー」と言って見本を見せて真似をさせ、楽しく反応してあげます。これらの練習を行っていくと、物を何かに見立てて遊んだり、二重丸を見て「ドーナツみたい」と言ったり、「○○に似てるねー」と言ったりすることが増えてきて、何かを何かに見立てることが楽しくなってきます。

  ごっこ遊びでは、こどもが良く知る場面を用いてごっこ遊び,おままごとの練習をしていきます。病院で注射をする場面、お店でお買い物をする場面、泣いている友達に声をかける場面,お家での食事場面など、色々な場面を作って、その場面での行動や会話を練習していきます。お店で買い物をする場面であれば、店員役とお役さん役に分かれて、「いらっしゃいませー」「○○ください」「200円になります」「はい(お金を渡す)」「ありがとうございます(商品を渡す)、また来てくださいね」「ありがとう」などのやり取りをしながらごっこ遊びを行い、役を入れ替わったりします。まずは基本となるやり取りや会話を練習し、徐々にレパートリーを増やしていくと良いでしょう。

  振り遊びや見立て遊び、ごっこ遊びなどの象徴遊びは、練習をして楽しい雰囲気で経験すると上手くなり楽しめるようになるこどもが多いです。ごっこ遊びができると社会的スキル,コミュニケーションスキル,想像力を伸ばすことにつながるため、こどもが苦手であっても無理の無い範囲でどんどん練習していきましょう。遊びにつなげていくわけなので,できるだけ楽しい雰囲気で経験させてあげて下さい。



copyright©2013 みどりトータルヘルス研究所 all rights reserved.