みどりトータルヘルス研究所
                                                                      
  こども行動療育教室 ご予約・お問い合わせは TEL.06-6203-2410
〒541-0041大阪市中央区北浜3丁目5-19
ホワイトビル5F
はじめに 行動療育について 勉強会や講習会
の講師
専門家への
スーパーバイズ
関連機関への
コンサルタント
プログラム作り
ICF関係






  行動的支援勉強ノート
  トップページへ


  はじめに

  こどもの療育で大切なこと

  行動療育で行うこと


  行動療育教室の目標

  コラム 日々の生活や集団の
  中で学習するために必要な力


  こどもとの関係づくり

  療育時間と標的スキル


  課題内容を決めるポイント

  教え方を考えるポイント

  課題の量と難易度を工夫する

  DTT? PRT?

  学習態勢を形成する1

  学習態勢を形成する2

  学習態勢を形成する3

  学習態勢を形成する4

  学習態勢を形成する5

  学習態勢を形成する6

  学習態勢の指標

  認知スキルを伸ばす


  コラム 
  認知スキル常に意識する


  弁別学習1

  弁別学習2  関連する力を
          伸ばす


  コラム 正確性と流暢性

  注意と記憶の訓練1

  注意と記憶の訓練2

  コラム 注意記憶と観察学習

  取ってくる,もらってくる,
  報告する課題


  コラム 距離を離して
       難易度を高める

  ふり遊び、見立て遊び、
  ごっこ遊び1


  ふり遊び、見立て遊び、
  ごっこ遊び2


  失敗や負けることを経験する

  こだわりを弱める

  反応クラスと分化強化

  療育場面の構造化を緩める


  こどもの成長に注目する


  がんばる力をつける


  異なる療育機関の併用


  家庭療育の難しさ1


  家庭療育の難しさ2

 <参考図書、おすすめ図書>


    
みどりトータルヘルス研究所
         〒541-0041
    大阪市中央区北浜3丁目5-19
         ホワイトビル5F
       TEL.06-6203-2410



 行動療育に関する情報

 家庭療育の難しさ 2
 

  保護者がご家庭で療育を行う必要性に迫られたときは,まずは勉強に対する嫌悪性を抱かせないように,『楽しく始めて楽しく終わる』ということを第一に考えます。保護者が家庭で療育を行うのは,専門家が行うよりも難しいことを前提として,無理のない所から始めていきます。専門家の療育を受けているこどもであれば,半分や1/3位の時間から始めて良いと思います。保護者の方が物足りないなと思う程度で終了してください。頑張らせようとして崩れたり,逸脱行動を示してから終了するという経験は極力避けます。

  場所や時間を構造化して始めると,こどもが切り替えて集中しやすいです。お勉強だけをする部屋や机,座る位置などを決め,お勉強以外では使わないようにすると,その場所に行けばお勉強をすると切り替えやすいです。また,夕食前の15分,おやつ前の15分などと時間を決めて,決まった時間にお勉強をするようにすると習慣となりやすいです。プリント1枚を毎日するなど課題量を構造化しても良いです。学習態勢ができてきたら徐々に構造化を緩めていきます。学習態勢ができるまでは,できるだけ決まりを崩さずに進めていきます。

  専門療育を受けている方は,基本的に復習を中心として,できるようになった課題の確認,正答率や反応速度を速めるためのお勉強を行います。また,こどもが勉強しやすいことは家庭で行い,取り組みにくいことは専門家に任せるという形も良いと思います。確実にできることだけから始めても良いです。継続した療育が受けられない場合でも,専門家のコンサルテーションを受けた方が良いと思います。月1回でも相談できる専門家を探し,療育の進め方や日々の関わり方を相談し,逸れないようにアドバイスをもらって下さい。

  このように保護者が家庭療育を行うのは大変難しいことなので,上手くいかなくてもショックを受ける必要はありません。こどもが苦手な力をつけていくことが目的なので,上手くいかないことがあっても当然です。まずは無理のない形でゆっくり始めて学習態勢をつけていき,こどもも保護者も成功体験を積んでいきましょう。その方が長期的に見たら多くの勉強時間を確保できることがあります。


  
copyright©2013 みどりトータルヘルス研究所 all rights reserved.