みどりトータルヘルス研究所
                                                                      
  こども行動療育教室 ご予約・お問い合わせは TEL.06-6203-2410
〒541-0041大阪市中央区北浜3丁目5-19
ホワイトビル5F
はじめに 行動療育について 勉強会や講習
の講師
専門家への
スーパーバイズ
関連機関への
コンサルタント
プログラム作り
ICF関係






  行動的支援勉強ノート
  トップページへ


  はじめに

  こどもの療育で大切なこと

  行動療育で行うこと


  行動療育教室の目標

  コラム 日々の生活や集団の
  中で学習するために必要な力


  こどもとの関係づくり

  療育時間と標的スキル


  課題内容を決めるポイント

  教え方を考えるポイント

  課題の量と難易度を工夫する

  DTT? PRT?

  学習態勢を形成する1

  学習態勢を形成する2

  学習態勢を形成する3

  学習態勢を形成する4

  学習態勢を形成する5

  学習態勢を形成する6

  学習態勢の指標

  認知スキルを伸ばす


  コラム 
  認知スキル常に意識する


  弁別学習1

  弁別学習2  関連する力を
          伸ばす


  コラム 正確性と流暢性

  注意と記憶の訓練1

  注意と記憶の訓練2

  コラム 注意記憶と観察学習

  取ってくる,もらってくる,
  報告する課題


  コラム 距離を離して
       難易度を高める

  ふり遊び、見立て遊び、
  ごっこ遊び1


  ふり遊び、見立て遊び、
  ごっこ遊び2


  失敗や負けることを経験する

  こだわりを弱める

  反応クラスと分化強化

  療育場面の構造化を緩める


  こどもの成長に注目する


  がんばる力をつける


  異なる療育機関の併用


  家庭療育の難しさ1


  家庭療育の難しさ2

 <参考図書、おすすめ図書>


    
みどりトータルヘルス研究所
         〒541-0041
    大阪市中央区北浜3丁目5-19
         ホワイトビル5F
       TEL.06-6203-2410



 行動療育に関する情報

 弁別学習2 関連する力を伸ばす
 

  弁別学習2では、弁別学習に必要な力を考えていきます。「弁別学習1」で解説した手続きを用いたり、少し工夫することで、刺激の弁別だけでなく、刺激の弁別に必要なスキルの向上にもつながります。

  1. 聞く力
  見本刺激が口頭での指示の場合(ウマ取って、など)、指示を聞き取る力が必要になります。療育者に注意を向ける、指示に注意を向ける(聴覚的注意)、指示を聞き分ける力が必要です。例えば、「リンゴとバナナとトマト取って」という見本刺激を口頭で提示し、3枚の絵カードを選択刺激から選択する課題であれば、長い指示に対して注意を持続し、聞き分けることができないと、正しくカードを選択することができません。また、動詞カードを用いた場合、「お父さんが料理しているカードとって」、「お母さんが料理してるカード取って」、「お父さんが洗濯してるカード取って」という指示であれば、長い指示対して注意を持続し、名詞や動詞を聞き分けることができなければ正答できません。このような課題は、注意を向ける、注意を持続する、聞き分ける、という力の向上につながります。

  2. 見る力
  見本刺激や選択刺激が絵カードや写真といった視覚的な刺激の場合、必要な絵カードに注意を向けて、絵カードを選択する力(選択的注意)が必要です。例えば選択刺激の絵カードの枚数を多くすると、持続的注意や選択的注意がより求められます。また似通った選択刺激を用いたり、選択刺激の向きを合わせず雑に机上に提示すると、しっかりと視覚的な刺激を見極める力が必要になります。このような弁別学習を行うことにより、視覚的注意といった見る力が養われます。

  3. 記憶する力
  見本刺激を提示し、すぐに取り除くと、選択刺激から正しい刺激を選択するまで何を選択するのか記憶しておかなければいけません。見本刺激が口頭での指示の場合は特に、音の刺激がすぐになくなってしまうので記憶しておかなければ選択できません(短期記憶やワーキングメモリー)。少し応用し、見本刺激を提示してから選択までに時間を空けたり(例えば10秒待ってから選択させるなど)、選択刺激を遠くに置いておき取りにいかせるなどすると、記憶しておかなければいけない時間は長くなります。前述の「リンゴとバナナとトマト取って」という見本刺激であれば、3つの単語を記憶しておく力(記憶容量)が必要になります。このような弁別学習課題を行うことで、記憶力を伸ばすことにもつながります。

  これらの力は知覚や認知と関係し、多くの学習の基盤となる力であり、社会的学習にも必要な力になります。知的障害や発達障害、自閉症のある人は、注意力を中心とした認知機能が弱いこどもが多いです。そのため、PRT(Pivotal Response Treatments )では、こどもの注意を向けることや多様な手がかり刺激に対する反応性が標的となります。

  私は特に注意の弱さが様々な学習を阻害し、不適応行動にもつながっていると考えているので、視覚的注意と聴覚的注意を対象とした課題を大切にしなければいけないと考えています。社会生活で例を挙げると、声かけに反応する、話し相手の目を見る(アイコンタクト)、賞賛や微笑みかけに気づく、課題に従事する、雑音の中でも必要な音に注意を向ける、集団の中で先生の話を聞く、他者の行動や随伴性を見て学習する(観察学習)、などに注意力は必要です。注意の切り替えや持続が伸びてくると、こだわり行動からの切り替えや衝動性の抑制にもつながっていくと思います。

  このように、様々な刺激を用いて弁別学習課題を行うことにより、刺激の弁別に必要な力も同時に養われ、様々な学習や社会生活の基盤となる認知の向上につながります。






copyright©2013 みどりトータルヘルス研究所 all rights reserved.