みどりトータルヘルス研究所
                                                                      
  こども行動療育教室 ご予約・お問い合わせは TEL.06-6203-2410
〒541-0041大阪市中央区北浜3丁目5-19
ホワイトビル5F
はじめに 行動療育について 勉強会や講習会
の講師
専門家への
スーパーバイズ
関連機関への
コンサルタント
プログラム作り
ICF関係

 <参考図書,おすすめ図書>

  行動的支援勉強ノートTop


 1‐1.行動科学を勉強しよう

 1‐2.基本となる考え方
    将来に向けての目標


 2‐1.行動レパートリーと活動
    レパートリーを増やす


 2‐2.活動レパートリーを
    増やすメリット


 2‐3.どのように活動レパートリー
    を増やしていくか


 2‐4.行動レパートリーと
    問題行動の関係


 コラム 物を落としたり倒したり
     
する行動


 3‐1.行動の理解と対応

 3‐2.行動の見方

 3‐3.行動の原因を環境に求め
    ることのメリット


 3‐4.代表的な行動の機能と行
    動が形成されるメカニズム


 3‐5.なぜ発達障害のある人に
    問題行動が見られやすい
    のか?


 3‐6.問題行動が強まる
    メカニズム


 3‐7.日常生活で問題行動を
    強めないために


 コラム 環境の変化と消去

 3‐8.問題行動が長期間維持
    されるメカニズム


 3‐9.こだわり,自己刺激行動
    への対応について


 コラム こだわりと遊びの境目

 3‐10.適切な行動レパートリー
    を増やす


 コラム 教育的な視点を持った
     問題行動への対応


 3‐11.問題行動への対応を
    考えるステップ


 3‐12.3章まとめ

 4-1.日々の関わりで大切なこと
    将来を見据えて大切なこと


 4-2.指示の出し方,制止の仕方

 4-3.家庭での療育活動の 
    ポイント


 4-4.柔軟性,変化への耐性を
    養う


 4-5.食事に関する行動

 4-6.自身の行動もこどもの行動
    に影響を受けている


 4-7.褒めてこどもを育てよう!




   みどりトータルヘルス研究所
        〒541-0041
   大阪市中央区北浜3丁目5-19
        ホワイトビル5F
      TEL.06-6203-2410


 行動的支援勉強ノート

 コラム:環境の変化と消去について


  前節3-7で説明した問題行動に反応しないようにするという対応方法は『消去』という手続きの1つ『計画的無視』になります(『消去』の詳細は「消去と消去バースト」参照)。消去するということはこどもが問題行動を示しても望ましい結果を得られないようにするということですが,私が保護者や関連機関で働く人たちに対して問題行動を強めないための対応として最もよくアドバイスをするのがこの『計画的無視』です。こどもの問題行動に対して過度に反応し,それが注意や叱責であっても問題行動を強めてしまっていることが多いです。そのため,こどもが問題行動を示した時こそこちらは落ち着いて冷静に対応する必要があります。こどものテンションに合わせてこちらもテンションを上げてしまってはいけません。落ち着いてその時に行っていることを淡々と行います(部屋を片づけるように言った時なら部屋を片付けさせる,課題を行っている時なら課題を行わせる)。

  こどもが問題行動を示し,それに対して叱責するぐらいなら,こどもから離れてしまった方が良いです。こどもがけがをしないように注意し,こどもが落ち着くまで部屋を出て,落ち着いたら部屋に戻って何もなかったように接してあげてください。そうすると問題行動を示しても結果(C)として,対応してもらえない,大好きなお母さんが離れてしまう,ということを経験させることができます(感覚刺激を得るための機能を持った問題行動であれば,1人にしても意味がないので注意してください)。

  計画的にこどもの行動を無視するという対応方法は,周りの目もあるので日常生活では難しいこともあります。計画的に無視しているつもりであっても,表情や素振りが少し変わったり,たまに注意を向けてしまったりと何かしらの環境の変化を与えてしまうと,そのような少しの変化をこどもはよく見ており,問題行動の維持につながります。

  問題行動を強めている対応方法で最も多いケースは,問題行動にあまり対応しないようにするが(消去しようとするが),問題行動が激しくなった時に対応してしまうということです。そうするとこどもはより激しい問題行動を示すと環境が変化する,対応してもらえるということを学習するため,問題行動はどんどん強くなっていきます。保護者を含めこどもと関わる人達が,あらゆるケースを想定して本当にターゲットとなる問題行動を消去できるのか,最後まで対応せずにいられるのかを相談してください。

  もし問題行動の強度が強かったり,こどもがしつこく要求してきたり,多くの人がこどもと関わる等の理由で,こどもと関わる全ての人が一貫して無くしたい行動を消去することができない可能性があるならば,消去の手続きは取らない方が良いです。先に書いたように,ある程度問題行動に対応しないようにしていながら結局対応してしまうことがあれば,その問題行動は強まり,維持されます。消去しようと試みて結局対応してしまう可能性がある場合は,こどもが要求を示してきたらすぐに要求を通してあげるといった対応の方がまだ良いです。

copyright©2013 みどりトータルヘルス研究所 all rights reserved.