みどりトータルヘルス研究所
                                                                      
  こども行動療育教室 ご予約・お問い合わせは TEL.06-6203-2410
〒541-0041大阪市中央区北浜3丁目5-19
ホワイトビル5F
はじめに 行動療育について 勉強会や講習会
の講師
専門家への
スーパーバイズ
関連機関への
スーパーバイズ
コンサルタント
ICF関係





  行動的支援勉強ノート
  トップページへ



 
1‐1.行動科学を勉強しよう

 
1‐2.基本となる考え方
    将来に向けての目標


 
2‐1.行動レパートリーと活動
    
レパートリーを増やす


 
2‐2.活動レパートリーを
     増やすメリット


 2‐3.どのように活動レパートリー
     を増やしていくか


 
2‐4.行動レパートリーと
    
問題行動の関係

 コラム 物を落としたり倒したり
     
する行動


 3‐1.行動の理解と対応

 
3‐2.行動の見方:三項随伴性

 
3‐3(1).行動の原因を環境に
    求めることのメリット1


 
3‐3(2).行動の原因を環境に
    求めることのメリット2


 
3‐4.代表的な問題行動の機能
    と形成されるメカニズム


 3‐5.なぜ発達障害のある人に
    問題行動が見られやすい
    のか?


 
3‐6.問題行動が強まる
    メカニズム


 
3‐7.日常生活で問題行動を
    
強めないために


 コラム 環境の変化と消去

 
3‐8.問題行動が長期間維持
    
されるメカニズム

 
3‐9.こだわり,自己刺激行動
    への対応について


 コラム こだわりと遊びの境目

 
3‐10.適切な行動レパートリー
    
を増やす


 
3-11.教育的な視点を持った
     問題行動への対応


 コラム 教育的で前向きな支援

 
3‐12.問題行動への対応を
    考えるステップ


 コラム 問題行動への対応の工夫

 
行動の理解と対応 まとめ

 
4-1.日々の関わりで大切なこと
    将来を見据えて大切なこと


 
4-2.指示の出し方,制止の仕方

 4-3.家庭での療育活動の 
    ポイント


 4-4.柔軟性,変化への耐性を
    養う


 
4-5.食事に関する行動

 4-6.自身の行動もこどもの行動
    に影響を受けている


 
4-7.褒めてこどもを育てよう!


 <参考図書,おすすめ図書>


    
みどりトータルヘルス研究所
         〒541-0041
    大阪市中央区北浜3丁目5-19
         ホワイトビル5F
       TEL.06-6203-2410


 行動的支援勉強ノート

 基本となる考え方,将来に向けての目標


  知的障害や発達障害のあるこどもたちの子育てや発達の支援を行うとき,成人後を見据えた長期的な目標は非常に重要なテーマになります。長期的な目標を持ち,現時点で何をしてあげれば良いか,どういう点に重点を置いて育てていけば良いかを考えなければいけません。

  保護者を含め,教育観や障害観の異なる様々な人たちが,これからお子様と関わっていきます。相談機関に相談しても,機関の理念や担当者によって方針が異なることがあり,心理士も専門とする領域によって考え方は大きく異なります。医師もそれぞれ異なるアドバイスをするかもしれません。つまり,インフルエンザにかかったならこの薬を飲みましょうというような統一された見解が,発達障害のある人たちへの支援分野では確立されていないということです。目標や前提とする理論,考え方が異なれば支援の優先順位は異なり,統一したアドバイスを受けることができないことがあります。

  そのため『行動的支援勉強ノート』では,こども行動療育教室での療育や教育相談,研修を実施する際に前提としている考え方,将来を見据えた目標を提示します。応用行動分析学(ABA)に基づいた考え方になりますが,ABAの専門家でも考え方が異なることもありますので,ご注意ください。

  まず,前提となる考え方は,『行動は変わる』ということです。障害の有無や程度,年齢に関わらず,人は新しい行動やスキルを学習します。そして,発達障害のある人たちに対する有効な指導方法が世界中で数多く報告されています。知的障害が重い程,また,年齢が上がる程,学習の速度は遅くなり複雑な行動の学習が困難になりますが,教育的な支援や日々の関わりの中で多くのことを学習することができます。行動には,社会的に適切な行動も不適切な行動も含まれ,良い方向にも悪い方向にも行動は変わります。できるだけ早い年齢から日常生活や訓練場面で適切な行動を学習する機会を増やし,行動レパートリーを拡大する(できることを増やす)ことが教育的支援で最も大切なことだと考えます。

  次にこども行動療育教室では『
可能な限り社会に適応した活動的な生活を送る』ことを将来の目標に挙げます。提供できる学習の機会や障害の程度により,こどもたちが将来過ごす環境は大きく異なります。できるだけ制限の少ない一般的な社会に適応し,できるだけ楽しく活動的な生活を将来送れるようになることを目標として,今できること,考えなければいけないことに注目していきます。

  上記の2点,『行動は変わる』という前提と『社会に適応した活動的な生活を送る』という目標から「行動的支援勉強ノート」は構成されています。この2点をまず理解していただき,以下のページを読み進めて下さい。

copyright©2013 みどりトータルヘルス研究所 all rights reserved.