みどりトータルヘルス研究所
                                                                      
  こども行動療育教室 ご予約・お問い合わせは TEL.06-6203-2410
〒541-0041大阪市中央区北浜3丁目5-19
ホワイトビル5F
はじめに 行動療育について 勉強会や講習会
の講師
専門家への
スーパーバイズ
関連機関への
コンサルタント
プログラム作り
ICF関係





  行動的支援勉強ノート
  トップページへ



 
1‐1.行動科学を勉強しよう

 
1‐2.基本となる考え方
    将来に向けての目標


 
2‐1.行動レパートリーと活動
    
レパートリーを増やす


 
2‐2.活動レパートリーを
     増やすメリット


 2‐3.どのように活動レパートリー
     を増やしていくか


 
2‐4.行動レパートリーと
    
問題行動の関係

 コラム 物を落としたり倒したり
     
する行動


 3‐1.行動の理解と対応

 
3‐2.行動の見方:三項随伴性

 
3‐3(1).行動の原因を環境に
    求めることのメリット1


 
3‐3(2).行動の原因を環境に
    求めることのメリット2


 
3‐4.代表的な問題行動の機能
    と形成されるメカニズム


 3‐5.なぜ発達障害のある人に
    問題行動が見られやすい
    のか?


 
3‐6.問題行動が強まる
    メカニズム


 
3‐7.日常生活で問題行動を
    
強めないために


 コラム 環境の変化と消去

 
3‐8.問題行動が長期間維持
    
されるメカニズム

 
3‐9.こだわり,自己刺激行動
    への対応について


 コラム こだわりと遊びの境目

 
3‐10.適切な行動レパートリー
    
を増やす


 
3-11.教育的な視点を持った
     問題行動への対応


 コラム 教育的で前向きな支援

 
3‐12.問題行動への対応を
    考えるステップ


 コラム 問題行動への対応の工夫

 
行動の理解と対応 まとめ

 
4-1.日々の関わりで大切なこと
    将来を見据えて大切なこと


 
4-2.指示の出し方,制止の仕方

 4-3.家庭での療育活動の 
    ポイント


 4-4.柔軟性,変化への耐性を
    養う


 
4-5.食事に関する行動

 4-6.自身の行動もこどもの行動
    に影響を受けている


 
4-7.褒めてこどもを育てよう!


 <参考図書、おすすめ図書>


    
みどりトータルヘルス研究所
         〒541-0041
    大阪市中央区北浜3丁目5-19
         ホワイトビル5F
       TEL.06-6203-2410


 行動的支援勉強ノート

 行動レパートリーと問題行動の関係


  発達障害のある人たちは何もすることがない時に問題行動を起こすことが多いです。例えば,自己刺激行動,常同行動,自傷行動,物壊し,過度のマスターベーションが見られることがあります。問題行動の改善プログラムを計画し,上記の問題行動を無くすことができたとしても,相変わらず何もすることがない時間が多いという状況が変わらなければ,きっと以前と同じ問題行動や形態の異なる問題行動が再び現れるでしょう。

  発達障害の有無に関わらず,我々が健康に生活するためにはある程度の刺激が必要です。刺激が制限された環境であれば,人は不適切な行動であったとしても自分ができる行動を行い,刺激を求めます。そのため,何もすることのない刺激が少ない時間を減らし,何らかの活動に取り組む時間を増やしていく必要があります。できることが増えれば問題行動は減少し,活動に取り組む時間が増えれば自己刺激行動にふける時間も減少します。加えて,発達障害のある人によく見られる問題として睡眠や肥満の問題がありますが,日中に活動的な生活を送り,エネルギーを発散することにより睡眠や肥満の問題の予防にもつながります。

  次に、『3-4. 代表的な行動の機能と行動が形成されるメカニズム』でも解説しますが、多くの問題行動は自身の要求を通すという機能(目的)を持ちます。そのため、より社会的に適切な行動で要求を伝えることができれば、問題行動を示す理由がなくなり、問題行動は減少します。

  分からない課題があった時に、「わからない」、「手伝って」ということを何かしらの形で伝えることができれば、課題をひっくり返して課題を終わらせるという問題行動を示す必要がなくなります。また、「ちょうだい」と伝えることができ欲しい物が手に入るなら、人を叩いて強引に奪う必要がなくなります。そのように、言語を含めた様々な行動レパートリーを獲得することによって、社会的に適切なコミュニケーションの幅が広がり、問題行動によって要求を通す必要がなくなるということです。

  上記のように,行動レパートリーと問題行動には密接な関係があり、できることが増えてくると自傷や他害、自己刺激行動といった不適切な行動は減少します。長期的な視点で考えると,問題行動に対して対処的なアプローチをとるよりも,問題行動に変わるコミュニケーションスキルの獲得や、取り組むことのできる活動を増やし充実した生活を送ることが問題行動の形成や維持を防ぐために最も大切なことになります。

 【参考図書:挑戦的行動と発達障害】

copyright©2013 みどりトータルヘルス研究所 all rights reserved.