みどりトータルヘルス研究所
                                                                      
  こども行動療育教室 ご予約・お問い合わせは TEL.06-6203-2410
〒541-0041大阪市中央区北浜3丁目5-19
ホワイトビル5F
はじめに 行動療育について 勉強会や講習会
の講師
専門家への
スーパーバイズ
関連機関への
コンサルタント
プログラム作り
ICF関係





  行動的支援勉強ノート
  トップページへ



 
1‐1.行動科学を勉強しよう

 
1‐2.基本となる考え方
    将来に向けての目標


 
2‐1.行動レパートリーと活動
    
レパートリーを増やす


 
2‐2.活動レパートリーを
     増やすメリット


 2‐3.どのように活動レパートリー
     を増やしていくか


 
2‐4.行動レパートリーと
    
問題行動の関係

 コラム 物を落としたり倒したり
     
する行動


 3‐1.行動の理解と対応

 
3‐2.行動の見方:三項随伴性

 
3‐3(1).行動の原因を環境に
    求めることのメリット1


 
3‐3(2).行動の原因を環境に
    求めることのメリット2


 
3‐4.代表的な問題行動の機能
    と形成されるメカニズム


 3‐5.なぜ発達障害のある人に
    問題行動が見られやすい
    のか?


 
3‐6.問題行動が強まる
    メカニズム


 
3‐7.日常生活で問題行動を
    
強めないために


 コラム 環境の変化と消去

 
3‐8.問題行動が長期間維持
    
されるメカニズム

 
3‐9.こだわり,自己刺激行動
    への対応について


 コラム こだわりと遊びの境目

 
3‐10.適切な行動レパートリー
    
を増やす


 
3-11.教育的な視点を持った
     問題行動への対応


 コラム 教育的で前向きな支援

 
3‐12.問題行動への対応を
    考えるステップ


 コラム 問題行動への対応の工夫

 
行動の理解と対応 まとめ

 
4-1.日々の関わりで大切なこと
    将来を見据えて大切なこと


 
4-2.指示の出し方,制止の仕方

 4-3.家庭での療育活動の 
    ポイント


 4-4.柔軟性,変化への耐性を
    養う


 
4-5.食事に関する行動

 4-6.自身の行動もこどもの行動
    に影響を受けている


 
4-7.褒めてこどもを育てよう!


 <参考図書、おすすめ図書>


    
みどりトータルヘルス研究所
         〒541-0041
    大阪市中央区北浜3丁目5-19
         ホワイトビル5F
       TEL.06-6203-2410


 行動的支援勉強ノート

 日常生活で問題行動を強めないために


  これまでの内容で応用行動分析学(ABA)にもとづいた,問題行動が形成され強まっていくメカニズムは理解されたと思います。問題行動を行うことで環境が変化し,望ましい結果が得られることで問題行動は形成されていきます。問題行動に対しては様々な対応方法が報告されていますが,問題行動がまだ弱い初期の段階で,問題行動をこどもが示しても要求を通さず,問題行動を行動レパートリーとして確立しないということが大切です。要求を通さないという点の注意点として,こどもが軽く手を叩いたり,ひねったりしてきた時に,声をあげて怒るというような対応は取らない方が良いです。怒るという対応は一見ネガティブな結果を与えているように見えますが,問題行動によって環境が変化したことになり,注目を得られるという機能を問題行動に与えてしまうことがあります。

  問題行動を形成しないための最も単純で重要な考え方は,問題行動を示す前と後で環境を変化させないということです。ある行動を行っても全く環境が変化しなければ(感情や感覚の変化なども含む),その行動は維持されません。日常生活の対応としては過度に反応しないという事が基本となります。

  何かを得ることができる,嫌なことを止めることができるといった結果(C)は,行動を強化する好ましい環境の変化であると分かりやすいです。しかし,周りの人が驚く,困った顔をする,「何をやってるの!」と注意するなど,直接こどもの要求を通すことではない対応であっても周囲が反応し環境が変化したということになります。そうすると,もう少し粘ったら要求が通るかもしれないと思わせたり,この行動をしたら周囲の反応が得られるということを学習させたりする可能性があります。特に問題行動がまだ弱い初期の段階は対応しやすいため,問題行動に反応をせず,環境を変化させないように注意する必要があります。

  こどもたちが最も接することが多い環境刺激は保護者や支援者になりますので,こどもが問題行動を示した時に,表情を変えず,声のトーンを変えず,落ち着いて淡々と対応してください(または無視をして全く対応しない)。問題行動をこどもが示すと騒がしく対応する場面をよく見ますが,周りが騒がしくなるということは環境が大きく変化したということになるので避ける必要があります。問題行動を示しても全く対応しない,または,こどもの動きを制止したり課題を継続させたりするために対応する必要がある場合は,表情を変えず「○○します」と最小限の指示によって対応します。少し抵抗が見られる場合は,表情を変えずにぐっと身体を持ち誘導してあげて下さい。

  また,こどもが駄々をこねた時,(保護者)「○○しなさい」→(こども)「いやー」→(保護者)「○○しなさい」→(こども)「いやー」→・・・と繰り返しのやり取りを行っている場面を見かけることがありますが,このやり取りをすること自体がわがまま行動を強めてしまいます。わがまま行動や問題行動を示した時にこどもとやり取りをすることは避けなければいけません。問題行動をこどもが示したら,完全に対応しない,または,やり取りにならないように注意し,その時に行っている課題や活動を淡々と継続させます。そうすることで,初期の問題行動の形成を防ぐことができます(強度な問題行動への対応もこの考え方が基本です)。

  問題行動を行っても環境は変化しない,望ましい結果は得られない,全く意味がないということを理解させ,行動レパートリーとして獲得させないようにします。そして,適切な行動で要求できた時にしっかり要求を通し,普通に課題に取り組んでいる時に精一杯褒めてあげて下さい。また,わがまま行動や問題行動を示した場面では対応せずに課題や活動を淡々と継続させますが,こどもが落ち着いている時に,以前問題行動を示した場面ではどのように行動したら良かったのかを教えたり,課題内容や課題量が適切であったのかを検討する必要があります。

  注意が必要な点は「なぜ発達障害のある人たちに問題行動が見られやすいのか」,及び「消去と消去バースト」で説明したように,問題行動を示しても要求が通らないと,より強い問題行動を示すことがあるということです。より激しく,より持続して問題行動をこどもが示すと,周りの目を気にしたり可哀そうと思って対応してしまうことがあります。そうすると前節で説明したように問題行動の強度が増してしまいます。こどもがより強い問題行動を示した時こそ表情を変えず対応しない,または,断固として課題を継続するようにして下さい(課題の難易度が本人に合ったものかどうかの注意は必要です)。

copyright©2013 みどりトータルヘルス研究所 all rights reserved.