みどりトータルヘルス研究所
                                                                      
  こども行動療育教室 ご予約・お問い合わせは TEL.06-6203-2410
〒541-0041大阪市中央区北浜3丁目5-19
ホワイトビル5F
はじめに 行動療育について 勉強会や講習会
の講師
専門家への
スーパーバイズ
関連機関への
コンサルタント
プログラム作り
ICF関係





  行動的支援勉強ノート
  トップページへ



 
1‐1.行動科学を勉強しよう

 
1‐2.基本となる考え方
    将来に向けての目標


 
2‐1.行動レパートリーと活動
    
レパートリーを増やす


 
2‐2.活動レパートリーを
     増やすメリット


 2‐3.どのように活動レパートリー
     を増やしていくか


 
2‐4.行動レパートリーと
    
問題行動の関係

 コラム 物を落としたり倒したり
     
する行動


 3‐1.行動の理解と対応

 
3‐2.行動の見方:三項随伴性

 
3‐3(1).行動の原因を環境に
    求めることのメリット1


 
3‐3(2).行動の原因を環境に
    求めることのメリット2


 
3‐4.代表的な問題行動の機能
    と形成されるメカニズム


 3‐5.なぜ発達障害のある人に
    問題行動が見られやすい
    のか?


 
3‐6.問題行動が強まる
    メカニズム


 
3‐7.日常生活で問題行動を
    
強めないために


 コラム 環境の変化と消去

 
3‐8.問題行動が長期間維持
    
されるメカニズム

 
3‐9.こだわり,自己刺激行動
    への対応について


 コラム こだわりと遊びの境目

 
3‐10.適切な行動レパートリー
    
を増やす


 
3-11.教育的な視点を持った
     問題行動への対応


 コラム 教育的で前向きな支援

 
3‐12.問題行動への対応を
    考えるステップ


 コラム 問題行動への対応の工夫

 
行動の理解と対応 まとめ

 
4-1.日々の関わりで大切なこと
    将来を見据えて大切なこと


 
4-2.指示の出し方,制止の仕方

 4-3.家庭での療育活動の 
    ポイント


 4-4.柔軟性,変化への耐性を
    養う


 
4-5.食事に関する行動

 4-6.自身の行動もこどもの行動
    に影響を受けている


 
4-7.褒めてこどもを育てよう!


 <参考図書、おすすめ図書>


    
みどりトータルヘルス研究所
         〒541-0041
    大阪市中央区北浜3丁目5-19
         ホワイトビル5F
       TEL.06-6203-2410


 行動的支援勉強ノート

 食事に関する行動


  適切な食行動は将来の適応的な生活に向けて必要なスキルであり,心身の健康に大きな影響を与えます。発達障害のあるこどもには食事に関連する行動に様々な問題が見られることがあります。例えば,盗食,偏食,食事量(大食い,小食),反芻,箸やスプーンの使用,咀嚼や嚥下の問題が挙げられます。偏食に関しては前節,柔軟性,変化への耐性を養う,で少し触れましたが,その他も早期から計画的に指導していくことで食事に関する適切な行動を形成していくことができます。

  盗食は食べたい物が食べられるといった,こどもにとって望ましい結果がすぐに得られるため,1度盗食すると継続して行うことがあります。対応方法としては,こどもの食器の色だけを目立つものに変えて自分の食事はこれだということを分かりやすくする(机の上にテープを張ってこどもの範囲を決めてもいいです),盗食せずに自分の食事だけを食べることができたらこどもが好きなデザートを食べさせてあげる,盗食しようと隣の人のおかずを掴んでも絶対に食べさせない,盗食が頻繁に起こるようなら食事の時間や場所を少し離して自分の分だけを食べる習慣をつけ,徐々に家族と一緒に食べられるように近づけていく,など様々な方法が考えられます。

  食事量に関しても適量を大きく超えた食事を食べなければ納得できないという問題があります。満足する量を食べられなければ暴力を振るったり,肥満のため生活の幅が狭まったりすることがあるため,早期から保護者が用意した分量だけを食べるということに決めておくと良いでしょう。過度にこどもの要求通りに食事を提供しないことで,『出された分だけを食べる』という習慣を形成することができます。

  反芻や咀嚼,嚥下に関しては若くて身体が丈夫な間は大きな問題にならないかもしれませんが,年齢を重ね身体機能が低下してくると命に関わる問題に直結することがあります。例えば,喉に食べた物を詰める,食道の障害,誤嚥性肺炎のリスクを高めます。また,身体機能が弱まり咀嚼に問題があると刻み食やミキサー食が提供され,食事の楽しみを感じることができなくなることもあります。そのため,早期から食事に関する問題を先送りせず,しっかり噛んで飲み込むという練習をしていきましょう。早食いで丸飲みしてしまうようであれば,一口食べるごとに手の動きを10秒ほど制止し,一口毎に間隔をあける練習を行います。また,咀嚼が苦手であれば,咀嚼のしやすい食べ物から咀嚼のしにくい食べ物に徐々に移行し,段階的に咀嚼の練習を行います(逆に咀嚼しないと食べられない食べ物から始めることもあります)。模倣を通して口の動かし方を練習するところから始めることもあります。

  食事を楽しみにしているこどもは多く,リラックスした状態で食事をとることは大切です。しかし,食事に関する様々なスキルが未獲得な場合や誤っている場合は,その他の行動と同様に正しいスキルを教えてあげる必要があります。将来,集団生活や心身の健康に食事は大きな影響を与えるため,早期から正しい食事行動を計画的に教えていきましょう。


copyright©2013 みどりトータルヘルス研究所 all rights reserved.