みどりトータルヘルス研究所
                                                                      
  こども行動療育教室 ご予約・お問い合わせは TEL.06-6203-2410
〒541-0041大阪市中央区北浜3丁目5-19
ホワイトビル5F
はじめに 行動療育について 勉強会や講習会
の講師
専門家への
スーパーバイズ
関連機関への
コンサルタント
プログラム作り
ICF関係






  行動的支援勉強ノート
  トップページへ


  はじめに

  こどもの療育で大切なこと

  行動療育で行うこと


  行動療育教室の目標

  コラム 日々の生活や集団の
  中で学習するために必要な力


  こどもとの関係づくり

  療育時間と標的スキル


  課題内容を決めるポイント

  教え方を考えるポイント

  課題の量と難易度を工夫する

  DTT? PRT?

  学習態勢を形成する1

  学習態勢を形成する2

  学習態勢を形成する3

  学習態勢を形成する4

  学習態勢を形成する5

  学習態勢を形成する6

  学習態勢の指標

  認知スキルを伸ばす


  コラム 
  認知スキル常に意識する


  弁別学習1

  弁別学習2  関連する力を
          伸ばす


  コラム 正確性と流暢性

  注意と記憶の訓練1

  注意と記憶の訓練2

  コラム 注意記憶と観察学習

  取ってくる,もらってくる,
  報告する課題


  コラム 距離を離して
       難易度を高める

  ふり遊び、見立て遊び、
  ごっこ遊び1


  ふり遊び、見立て遊び、
  ごっこ遊び2


  失敗や負けることを経験する

  こだわりを弱める

  反応クラスと分化強化

  療育場面の構造化を緩める


  こどもの成長に注目する


  がんばる力をつける


  異なる療育機関の併用


  家庭療育の難しさ1


  家庭療育の難しさ2

 <参考図書、おすすめ図書>


    
みどりトータルヘルス研究所
         〒541-0041
    大阪市中央区北浜3丁目5-19
         ホワイトビル5F
       TEL.06-6203-2410



 行動療育に関する情報

 コラム 日々の生活や集団の中で学習するために必要な力


  『教室以外でもこどもが学習できる力をつける』ことを療育の目標としていますが、ここでは、日常生活や園や学校での生活、集団活動の中でこども達が学習し、成長していくために必要な基礎となる力を考えていきます(『注意記憶と観察学習』も参考にしてください)。

  学習態勢:ある程度の時間、椅子に座って机上の課題に取り組む力は必要です。小学校では45分間座席に座って授業を受けなければならず、短時間で離席してしまうようでは、授業に参加することはできません。苦手なことでも投げ出さずに頑張る力や椅子に座って姿勢を維持する力が必要になります。

  言語スキル:言葉を中心とした他者とコミュニケーションをとるスキルは自分の気持ちを伝えたり、集団に参加するための大切なスキルになります。また、言語スキルはコミュニケーションだけではなく、状況や因果関係の理解、人の思考などと大きく関係しているため、中心的なスキル(基軸となる領域)となります。

  衝動性を抑える力:気になるものや音に対して衝動的に反応したり、苦手な課題を衝動的に放り投げたりしていては課題や活動に取り組むことが難しく、集団生活を送る上でも障害になります。療育中の衝動的な行動は消去し、課題に集中して取り組む行動を強化することで、衝動的な反応を無くしていきます。ご家庭では、わざとテレビの音が聞こえるようにしておいたり、気になるものが見えるような状態でお勉強をするなども、衝動的な反応を抑える練習になります。

  必要なものに注意を向ける力:先生の声かけや動き、板書や課題に注意を向ける力、また、友達からの働きかけや友達の動きに注意を向ける力が必要です。先生の声かけなどに注意が向かないと、今何をしないといけないか分からなかったり、やり方が分からず、無駄な時間を過ごすことになります。友達からの働きかけに注意が向かなければやり取りが成立し難いです。友達の動きや他児との関わり、また、友達が何か行った時にどういう結果になったのか(先生に褒められたり怒られたりするなど)ということに対して注意が向かなければ、観察学習が成立せず、集団の中にいても学習の機会が少なくなってしまいます。注意が向かない対象は頭に入りません。学習の機会を得るためには、必要なものに注意を向ける力は大切になります。まずは動作模倣や音の模倣(単語や文章)により、視覚的にも聴覚的にも必要な刺激に注意を向ける練習を行います。興味のあるものには注意が向きやすいので、遊びを通して色々な対象(色、形、大きさ、数、概念、聞き取り、など)に注意を向けさせる練習も有効です。

  注意を維持する力:学習態勢と関係しますが、ある程度の時間、他者とのやり取りや課題に対して注意を維持する力は大切になります。途中で注意が逸れてしまうと課題が中断してしまったり、何をしているのか分からなくなってしまいます。単純な作業に時間をかけて取り組むところから始め、徐々に1つ1つの課題の時間を長くしていきます。  

  記憶力:一定時間記憶する力は注意力とも関係します。何かを覚えておかないといけない時に別の物に注意が逸れてしまうと忘れてしまうからです。一定時間物事を記憶しておく力は,作業や課題を遂行するとき,指示を聞いて動くとき,遊ぶとき,お買い物をするときなどあらゆる場面で必要になってくる力です。記憶できる容量や長さを伸ばしていかなければなりません。課題としては,少し離れたところにある絵カードから指定した絵カードを取ってくる課題をよく行います。絵カードとの距離を離したり,取ってくる絵カードの数を増やすことで難易度を高めていきます。短文を聞いて模倣したり,複数の単語を連続して聞いて模倣したり,見本を聞いてから模倣するまでの時間の間隔を長くしたり,絵カードを並べて見せて裏返して答えさせるなどの課題を行います。神経衰弱も楽しみながら記憶力を高めることができます。

  切り替える力:課題と課題への切り替え、休憩から課題への切り替えなどに抵抗を示し、ぐずってしまうことは、集団生活をおくる上での障害になります。注意の切り替えと関係しますが、セッションの中で切り替えの頻度を増やしたり、遊びを中断して課題に取り組む機会を増やし、切り替える行動を強化し、慣れさせていきます。

  正確に発音する力:発音が不明瞭であると他者とのやり取りが成立し難く、話しかけたことが理解されないという失敗経験を積むことにつながりやすいです。大人は分かってあげようと注意深く話を聞いてくれますが、こども達は「何を言っているかわからない」といって離れてしまったり、からかわれてしまったりする可能性があります。同年代のこども達と関わる機会を設けることが集団に参加する大きな目的であり、社会的学習の機会になるため、発音は早めに修正した方が良いです。

  これらの力は、日々の生活や集団生活の中での社会的学習や園や学校で課題や活動に取り組むために必要な力であり、行動療育で主に対象とするスキルです。これらの基軸となる力が付けば、療育場面で全てのことを1つずつ指導しなくても、日常生活や集団生活で多くのこと(物の名称や概念、他者とやり取りする方法、社会スキルなど)を学んでいくことができます。これらの基軸となる力が付き、平仮名の読み書きや数の概念が習得できれば、個別療育を一区切りとし、小集団の療育や必要な支援が受けれられる園での生活を中心にしていくと良いと思います。




copyright©2013 みどりトータルヘルス研究所 all rights reserved.