みどりトータルヘルス研究所
                                                                      
  こども行動療育教室 ご予約・お問い合わせは TEL.06-6203-2410
〒541-0041大阪市中央区北浜3丁目5-19
ホワイトビル5F
はじめに 行動療育について 勉強会や講習会
の講師
専門家への
スーパーバイズ
関連機関への
コンサルタント
プログラム作り
ICF関係





  行動的支援勉強ノート
  トップページへ



 
1‐1.行動科学を勉強しよう

 
1‐2.基本となる考え方
    将来に向けての目標


 
2‐1.行動レパートリーと活動
    
レパートリーを増やす


 
2‐2.活動レパートリーを
     増やすメリット


 2‐3.どのように活動レパートリー
     を増やしていくか


 
2‐4.行動レパートリーと
    
問題行動の関係

 コラム 物を落としたり倒したり
     
する行動


 3‐1.行動の理解と対応

 
3‐2.行動の見方:三項随伴性

 
3‐3(1).行動の原因を環境に
    求めることのメリット1


 
3‐3(2).行動の原因を環境に
    求めることのメリット2


 
3‐4.代表的な問題行動の機能
    と形成されるメカニズム


 3‐5.なぜ発達障害のある人に
    問題行動が見られやすい
    のか?


 
3‐6.問題行動が強まる
    メカニズム


 
3‐7.日常生活で問題行動を
    
強めないために


 コラム 環境の変化と消去

 
3‐8.問題行動が長期間維持
    
されるメカニズム

 
3‐9.こだわり,自己刺激行動
    への対応について


 コラム こだわりと遊びの境目

 
3‐10.適切な行動レパートリー
    
を増やす


 
3-11.教育的な視点を持った
     問題行動への対応


 コラム 教育的で前向きな支援

 
3‐12.問題行動への対応を
    考えるステップ


 コラム 問題行動への対応の工夫

 
行動の理解と対応 まとめ

 
4-1.日々の関わりで大切なこと
    将来を見据えて大切なこと


 
4-2.指示の出し方,制止の仕方

 4-3.家庭での療育活動の 
    ポイント


 4-4.柔軟性,変化への耐性を
    養う


 
4-5.食事に関する行動

 4-6.自身の行動もこどもの行動
    に影響を受けている


 
4-7.褒めてこどもを育てよう!


 <参考図書、おすすめ図書>


    
みどりトータルヘルス研究所
         〒541-0041
    大阪市中央区北浜3丁目5-19
         ホワイトビル5F
       TEL.06-6203-2410


 行動的支援勉強ノート

 コラム 問題行動への対応には工夫が大切!


  『問題行動への対応を考えるステップ1』に基づいて問題行動をへの対応を考えていきますが,保護者や先生,療育関係者に問題行動への対応をアドバイスする時に重視するのは以下の2点になります。

 1)三項随伴性で問題行動を捉え,先行条件(A)と結果(C)を改善する。
 2)問題行動やその改善につながるスキル,行動を見定め,伸ばす方法を考える。

 2)に関しては『行動レパートリーの拡大(できることを増やす)』や『代替行動分化強化』として,他の頁でも解説していますので,ここでは,『1)三項随伴性で問題行動を捉え,先行条件(A)と結果(C)を改善する』について考えていきます。


  現実的に実行可能で,問題行動の低減につながる環境の改善方法を工夫していきます。

  『現実的に実行可能』というのは,ご家族に対する場合,本人の能力や家庭環境,生活環境,利用できる資源(協力して頂ける相談機関や親戚など),ご家族の障害や問題行動の考え方,ご家族のエネルギー(疲弊度や活力,動機づけなど),を考慮し,ご家族が納得して実施でき,効果が期待できる方法を工夫するということです。療育機関や学校,職場などの場合は,支援環境や体制,それぞれの職員の考え方が異なるので,その環境に合わせて皆がある程度納得でき実行可能な方法を工夫します。

  『環境の改善方法』というのは,物理的な環境や課題の内容から,周囲の声かけや対応も含めた環境を改善するということです。先行条件(A)に関しては,
問題行動が起こりにくい環境調整,適切な行動が起こりやすいような環境調整を工夫します。結果(C)に関しては,問題行動を強めないような対応,適切な行動を強めるような対応を工夫します。これらも現実的に実行可能で,皆が納得して継続して取り組める方法を工夫して考えます。

  『納得』というのもとても大切なことで,感情的に納得できない取り組みであれば,理論的には正しくても上手くいかないことがあります。例えば,計画的無視という消去の手続きを用いて,こどもが癇癪を起しても対応しないようにしようと計画したとします。しかし,それはあまりにも可哀想だと感情的に納得できない方がいれば,たまに対応してしまうことがあるかもしれません。そうなると癇癪行動は維持されてしまいます。これらの考えを否定しているということではなく,色々な考え方の人が子育てや支援にあたるのはとても良いことです。ご近所からの苦情や心配の声のために,無視をするということが難しいこともあります。公共の場でこどもを怒らせ続けることも難しいでしょう。

  そのため,ある程度皆が納得し,それぞれの状況で実施可能な方法を,現実と折り合いをつけて工夫していくしかないと思います。ここで大切なことは,1か100かで考えないということです。効果が期待され実施可能な方法を工夫し,数週間から1ヶ月ほど継続してみると良いです。簡単な記録をとって問題行動が0にならなくても,頻度が減ったり,弱くなったり,対応しやすくなったり,本人や周りが楽になったりという変化が見られたら継続し,全く変化がなければ別の計画を考えます。全く変化がみられなくても,少し変わっていくような兆候が見られたら,もう少し継続して取り組んでみて良いと思います。

  もちろん倫理面も考慮する必要があります。こどもの心身を傷つけてしまうような取り組みは絶対に避けなければなりません。問題行動を無くすため,こどものため,という大義名分を掲げたとしても受け入れられるものではありません。例えば,取り組みの中でこどもが少しでも怪我をしてしまったら,早急に改善策を考える必要があります。

  応用行動分析学(ABA)の理論はシンプルであり,私たちが生活する環境はとても複雑なので,これらの工夫が大切になります。教科書に載っているような理論的には間違いないという取り組みでも,環境に合っていなかったり,納得が得られなかったり,負担が大きいと上手くいきません。

  生活環境に合わせた現実的な教育的支援を通して,問題行動の改善だけに焦点を当てて巻き込まれることなく,より良い適応行動を増やすという視点を常に大切にしていきましょう。


copyright©2013 みどりトータルヘルス研究所 all rights reserved.