みどりトータルヘルス研究所
                                                                      
  こども行動療育教室 ご予約・お問い合わせは TEL.06-6203-2410
〒541-0041大阪市中央区北浜3丁目5-19
ホワイトビル5F
はじめに 行動療育について 勉強会や講習会
の講師
専門家への
スーパーバイズ
関連機関への
コンサルタント
プログラム作り
ICF関係





  行動的支援勉強ノート Top

  応用行動分析学を勉強しよう


  1. 応用行動分析学(ABA)を
    学ぶメリット


  2. 三項随伴性と
    機能的アセスメント


  3. 強化,弱化(罰)

  コラム. 強化子を見つける大切
    さとプレマックの原理


  コラム. 「褒める」ということに
    ついて


  4. うまく行動を強化する
    ためには


  5. トークンエコノミーと
    レスポンスコスト


  6. プロンプト・フェイディング

  コラム.プロンプトを用いて
    正しい行動を強化する
    基本的な方法


  コラム. 行動の習慣化と自発

  7. 消去と消去バースト 1

  8. 消去と消去バースト 2


  コラム. 「泣く」ということ 1

  コラム. 「泣く」ということ 2

  コラム. 消去を行う時に
    大切なこと1


  コラム. 消去を行う時に
    大切なこと2


  9. 分化強化 1 


  10. 分化強化 2 



 <参考図書,おすすめ図書>


  みどりトータルヘルス研究所
  トップページへ

       


 応用行動分析学勉強ノート

 
コラム 「泣く」ということについて 2

  「泣く」ということについて1では,こどもの「泣く」という行動を特別に捉えて過度に反応しないことが大切という心構えと「消去」の手続きを中心に解説しました。

  しかしこどもの「泣く」という行動は周囲に影響を与え,大人の積極的な対応を引き出しやすいことは確かです。保護者であれば『こどもが泣いてるのに全然対応していないと思われてしまう,ダメな親と思われてしまう』と考えたり,支援者であれば『上手く支援ができていないと思われるかも』と考えても当たり前です。「こどもにとって良くないかも」と心配されたり,「かわいそう」と感じるかもしれません。大きな声で泣き続けていたら虐待を疑われて通報されてしまうこともあります。泣いてもあまり対応しないという消去の手続きは,現実ではなかなか難しいものです。

  基本的には泣いたり崩れたりせずに課題を行ったり日常生活を過ごすことができるように環境を整えてあげることが第一です。前向きに様々な活動に取り組むことができるように十分に配慮した上で,それでも泣いてしまう場合は,過度に反応せず淡々と対応すると良いと思います。泣くことで要求が通るということがないように注意し,可能な範囲で淡々と対応します。可能な範囲というのは場面によっても対応の仕方や程度は異なると考えられるためです。

  家にいる時も日中と夜間では対応が異なるし,電車の中,スーパー,公園などでも対応は異なるでしょう。園や学校でも,休憩時間と授業時間,周りにこどもがいる時といない時,補助の先生がいる時いない時でも対応は異なります。大人側に時間や気力,体力の余裕があるかどうかによっても対応は異なります。

  それぞれの場面で,もしこどもが泣いたり崩れたりした場合にどのように対応をするか,あらかじめ考えておくと良いです。家で日中泣いた時,お勉強中に泣いた時,スーパーで泣いた時,どのように対応するか。できるだけ周囲の迷惑にならず,こどもの「泣く」行動を強めず,大人側も感情的に受け入れることができる方法を考えます。例えばスーパーでの買い物中にこどもが泣いた場合,そのまま買い物を続けるのか,その場所で泣き止むのを待つのか,階段の踊り場やベンチで泣き止むのを待つのか,一旦外に出るのか,など。

  まとめると,こどもは泣くものなので,基本的には泣く行動に過度に対応したり心配し過ぎない,できるだけ泣いたり崩れたりせずに過ごすことができる様に環境を整えてあげる,その上でもし泣いてしまったら「泣く」行動を強めないために極力淡々と対応する,ということになります。

  最後に、もう1つ注意しないといけないことは、こどもなので親の愛情を求めて泣くことがあるということです。母親や父親に甘えたくてぐずったりすることがあります。その場合は、しっかり構ってあげ、抱きしめてあげ、愛情を注いであげてください。

  「泣く」行動が全て問題行動なのではなく、要求を通すことなどを目的に過度に泣くことが問題なので、そのような場合は過度に反応しないようにするということ、そして、こどもがただ甘えたくて泣いているような場合はしっかり構ってあげたり,泣いている理由を考えてあげることも大切ということです。


copyright©2013 みどりトータルヘルス研究所 all rights reserved.