みどりトータルヘルス研究所
  
カウンセリングルーム
カウンセリングルームこども行動療育教室職場のメンタルヘルス
ご予約・お問い合わせは TEL.06-6203-2410
〒541-0041大阪市中央区北浜3丁目5-19
淀屋橋ホワイトビル5F
はじめに
カウンセリング
認知行動療法
イベントのご案内
スタッフ紹介
開室時間
料金

アクセス
 
個人・家族のカウンセリング


心理検査のご案内

こども行動療育教室

職場のメンタルヘルスをサポート

ご予約方法・料金・お問い合せ


みどりトータルヘルス研究所
〒541-0041
大阪市中央区北浜3丁目5-19
淀屋橋ホワイトビル5F
TEL.06-6203-2410


 一般公開プログラム イベントのご案内 Information

  オンライン研修シリーズ 2021(全4回)
 
『認知行動療法・応用行動分析学を用いた心理支援』

 研修シリーズは4回にわたって,認知行動療法・応用行動分析学の考え方や技法を日常の臨床や現場での実践に活用していただけるよう,専門用語や理論も一から優しい言葉で解説します。また,具体的な事例の紹介やワークを通して実践のイメージをもっていただけるよう工夫しています。

第1回は小中学校や幼稚園,こども園等で問題行動の改善や予防を目的とした「ポジティブ行動支援」を導入・実践されている大対香奈子先生(近畿大学),
第2回はメンタルヘルス不調を抱える就労者の支援を行っている本岡寛子先生(近畿大学),
第3回
は発達障害や不安障害等を抱えた就学前の子どもから青年期,成人期の方々への行動療育や行動療法をされている藤田昌也先生(みどりトータル・ヘルス研究所),
第4は特別な教育的ニーズのある子どもたちのアセスメント方法や指導モデルを開発し「できることを伸ばす支援」を行っておられる野田航先生(大阪教育大学)です。

 ワークショップを通して,様々な領域や職種の方とも交流していただき,連携や協働のネットワークづくりにもお役立ていただけると幸いです。【各研修の概要はこちら


第1回 2021年5月23日(日) 13:00-15:00
 『今日から使えるポジティブ行動支援』 

講師
:大対香奈子
(近畿大学総合社会学部 准教授 / みどりトータル・ヘルス研究所)
対象:学校の教員,福祉施設職員,心理師/士,大学院生等

第2回 2021年9月19日(日) 13:00-15:00
 『働く人ひとりひとりに適したストレスマネジメント法の導き方』

講師
:本岡寛子
(近畿大学総合社会学部 教授 / みどりトータル・ヘルス研究所)
対象:企業の産業保健スタッフ(産業医,看護師,保健師,心理師/士など),人事課や総務課の精神衛生安全管理担当者,医療機関や相談機関で産業衛生管理に従事されている方,産業衛生管理に関心のある学生等

第3回 2021年11月14日(日) 13:00-15:00
 『実践に活かす強迫性障害(OCD)への認知行動療法』

講師
:藤田昌也
(みどりトータル・ヘルス研究所)
対象:心理師/士,強迫性障害に関わる専門家,大学院生等

第4回 2022年3月20日(日) 13:00-15:00
 『学習指導に活かす応用行動分析学』

講師
:野田航
(大阪教育大学教育学部初等教育講座 准教授 / みどりトータル・ヘルス研究所)
対象:学校の教員,福祉施設職員,心理師/士,大学院生等


研修形式:Zoomライブ配信(オンデマンド配信も予定しています)
定員:各100名
参加費:1講座 3,000円(4講座全て受講される場合は10,000円)
2回目以降の申し込みも開始しております。

※臨床心理士資格更新ポイントを申請する予定です。ただし,要件を満たすためには全4回の研修シリーズのうち3回以上を受講する必要があります。

申込方法
①下記QRコードまたはアドレスのZoom申込フォームから事前登録を行って下さい。
認知行動療法研修 申し込みフォーム
https://us02web.zoom.us/meeting/register/tZ0td-msqTkvEtXgnkTL4PZTsWz3WwjYUdfg


②登録完了後,登録受付メールが自動送信されます。記載された振込先に1週間以内に参加費をお振込下さい(登録受付メールが届かない場合は,ご連絡下さい)。ご入金確認後,領収書をメールでお送りします。
③各開催日の2-3日前にZoom接続先情報をお送りします。

ご不明な点はcbt@midori-th.comにご連絡ください。


 ~各研修の概要

第1回 『今日から使えるポジティブ行動支援』
講師:大対香奈子 

 家庭での子どものしつけや学校での児童生徒への指導、また夫婦関係などにおいても、私たちはつい、相手のできていないことや不適切な行動の方に注目し、注意をしたり叱ったり、また文句を言ったりという対応になりがちです。
 このような、問題が起こってからの事後対応は効果的ではないだけではなく、関係性や精神衛生にも悪影響が及びます。最近は、より望ましい行動・適切な行動に注目し、そのような行動を促し、励まし、認めるアプローチである「ポジティブ行動支援( Positive Behavior Support; PBS )」が推奨されています。
 本ワークショップでは、PBS についての理論的背景についてわかりやすく解説し、家庭で、学校で、職場で、今日から使える PBS の実践について参加者の皆さんと一緒に考え、計画を立ててみます。ぜひ持ち帰って実践をしてみてください。

参考図書:
柘植 雅義 (監修)・奥田 健次 (編著)(2018)教師と学校が変わる学校コンサルテーション

第2回 『働く人ひとりひとりに適したストレスマネジメント法の導き方』
講師:本岡寛子

 近年,事業場におけるセルフケア研修・ラインケア研修として「ストレスマネジメント」の教育が盛んにおこなわれています。しかし,ストレスの原因や個々に役立つストレスマネジメント法は異なるため,画一的なストレスマネジメント方法の知識を得るだけでは実際のストレス緩和に繋がらないことも多くあります。
 本ワークショップでは,認知行動療法の一技法である『問題解決療法(Problem Solving Therapy)』の枠組みを理解し,明日から実践の場で使って頂けるよう,ワークシートに記入しながら問題を整理し,ひとりひとりに適したストレスマネジメント法を導く方法を紹介します。

参考図書:
平井啓・本岡寛子(2020) ワークシートで学ぶ問題解決療法: 認知行動療法を実践的に活用したい人へ 実践のコツを教えます

第3回 『実践に活かす強迫性障害(OCD)への認知行動療法』
講師:藤田昌也

 日々の臨床活動では,多様な症状の強迫性障害に関するご相談を受けることが少なくありません。多くの場合,仕事や学校といった日々の生活と折り合いをつけながら,強迫性障害の改善を目指していくことになります。カウンセリングでは週一回や隔週での取り組みにより,クライエントやご家族に希望を持ってもらい,効果を上げていかなければなりません。
 本ワークショップでは,学齢期から成人期の強迫性障害のクライエントに対して,週一回程度のカウンセリングを想定した認知行動療法の基本的なアプローチを学んでいただきます。特に,心理教育,不安階層表,ホームワーク,緩やかな暴露反応妨害法を中心に効果的なカウンセリングを行うための方法を紹介します。

第4回 『学習指導に活かす応用行動分析学』
講師:野田航

 応用行動分析学は,様々な行動問題の解決に利用されていますが,読み書き計算のような基礎的な学業スキルの指導にもその考え方を活かすことができます。子どもたちの行動問題の背景には,「勉強が分からない」ことが大きく影響していることも少なくありません。「勉強が分からない」のに授業参加を促進する(例:「話を聞こう」と声をかけて褒める)働きかけ“だけ”では,問題が解決しないことも多いのです。
 本ワークショップでは,“学習の問題”を具体的な行動と環境との相互作用の観点から捉え,どのように学習問題を捉え,アセスメントし,指導計画を立てるのかについて,演習を通して学んでいきます。特に読み書き計算等の基礎的な学業スキルに焦点をあて,上手に教えるコツをお伝えします。

参考図書:
柘植 雅義 (監修)・奥田 健次 (編著)(2018)教師と学校が変わる学校コンサルテーション





 教育セミナーのご案内

 神戸YMCA高等学院にて『中高生に対する保護者・先生のかかわり方』の教育セミナーを開催します。

 第1回(2017年10月15日) 講師:藤田昌也 
『学校へ行きづらい中高生への支援について』
 第2回(2017年11月12日) 講師:大対香奈子
『教育の場で人付き合いについて教える:友人関係を築く難しさを感じる子どもたちへのサポート』
 第3回(2017年12月10日) 講師:廣瀬眞理子
『家庭でのコミュニケーションのちょっとしたコツ:思春期からの子どもの理解と共に』

学校に行き難いこどもの保護者や教育関係者が主な対象となります。参加をご希望される方は案内に目を通して頂き,神戸YMCAに直接お申込みください。 教育セミナー案内



  CBTワークショップ  ※定員に達しましたので,募集を終了致しました。

     行動療法(臨床行動分析)の基本講座

講師:三田村 仰(立命館大学総合心理学部 准教授)

概要:行動療法(臨床行動分析)とは,うつや不安をはじめとしたさまざまな困りごとを抱えた人に対して,行動の原理を用いておこなう心理療法・カウンセリングです。近年では,行動活性化,弁証法的行動療法,機能分析心理療法,アクセプタンス&コミットメント・セラピーといった文脈的認知行動療法が発展し,注目を集めています。これら新しいタイプの行動療法を学習するうえでは,共通した基本となる考え方と原理を学ぶことがとても役立ちます。このワークショップでは少人数で,そうした基本を1日で学びます。なお,このワークショップの内容は『はじめてまなぶ行動療法』(三田村仰 著,金剛出版:2017年7月中旬〜8月初旬刊行)を基にしています。当日の理解を深めるために事前の学習をおすすめします。

日時:2017年8月20日(日) 10時から17時 お昼休憩1時間

対象者:臨床心理系の大学院生や対人援助の現職者で,行動療法(臨床行動分析)の基礎を学びたい方。定員(8 名)に達した時点で,締め切らせていただきます。

お申し込み方法:(株)みどりトータル・ヘルス研究所宛(cbt@midori-th.com)に,①お名前(ふりがな), ②連絡先(電話・メール), ③ご所属・ご職業をご記入のうえ,メールにてお申込みください。 

参加費:6,000円

  詳細は行動療法の基本講座のご案内をご参照ください。




  開設25周年記念シンポジウム・ワークショップ終了いたしました。

  2016年8月28日に大阪教育大学で開催されたシンポジウム・ワークショップが終了いたしました。学生の方から現場で働いている様々な職種の方まで,大変多くの方々にご参加いただきました。午前のシンポジウムと午後のワークショップを通して,認知行動療法の行動と認知の捉え方,具体的な支援への活かし方に焦点を当てて進めさせていただきました。日々の実践活動に活かせる点が少しでもあれば,大変嬉しく思います。以下,当日の様子をを掲載させていただきます。

【会場の様子】 当日はたくさんの方にご参加いただきました。

みどりトータルヘルス研究所 開設25周年記念シンポジウムの様子


【挨拶】 林敬子所長より,みどりトータル・ヘルス研究所の変遷をお話し頂きました。

みどりトータル・ヘルス研究所の変遷


【シンポジウム 導入】 本岡寛子先生より,「認知行動療法を学校・福祉・職場に活かすために」の導入をお話し頂きました。

認知行動療法を学校・福祉・職場に活かすために

【シンポジウム1】 野田航先生より,「『学び』につながる教え方:応用行動分析学とインストラクショナルデザイン」をご講演頂きました。

「『学び』につながる教え方 応用行動分析学とインストラクショナルデザイン

【シンポジウム2】 藤田昌也先生より,「明るい家庭を目指した前向きな発達支援:積極的行動支援(PBS)の基本的な考え方」をご講演頂きました。

明るい家庭を目指した前向きな発達支援 積極的行動支援(PBS)の基本的な考え方

【シンポジウム3】 大対香奈子先生より,「『気になる子』を支える学級づくり:SSTを通してサポーティブな学級集団を作る」をご講演頂きました。

『気になる子』を支える学級づくり SSTを通してサポーティブな学級集団を作る

【シンポジウム4】 本岡寛子先生より,「ストレスチェック後のサポートづくり:キャリア支援・復職支援に活かす認知行動療法」をご講演頂きました。

ストレスチェック後のサポートづくり キャリア支援・復職支援に活かす認知行動療法

 午後のワークショップは,専門分野に別れて実施されました。三田村仰先生には,ワークショップ3「職場での高ストレス者への支援に活かす認知行動療法」をご講演頂きました。

職場での高ストレス者への支援に活かす認知行動療法

 たくさんの方々にご参加いただき,大変感謝しております。今後ともよろしくお願い致します。




  開設25周年記念シンポジウム・ワークショップ

     認知行動療法を学校・福祉・職場に活かすために


  本研究所は,総合病院精神科に勤めていた所長の「敷居が低く,早期支援ができる場所を提供したい」という思いにより1991年に開設され,地域の方々の日常から学校や職場における“こころ”の健康・発達の支援を25年間行って参りました。近年,認知行動療法・応用行動分析学を用いたカウンセリングや療育,コミュニケーション・スキルの向上を目指したプログラムの作成なども行っています。これらの療法は,「治す」ではなく,「学ぶ」を基本理念としており,個人や集団の特性や環境を考慮して,個々が「できること」を一緒に考えていきます。

日時:2016年8月28日(日) 第1部 10:00-12:00 第2部 13:00-16:00
対象者:保育園・幼稚園・学校の教員,スクールカウンセラー,職場メンタルヘルス推進担当者,人事労務担当者,臨床心理士および資格取得を目指す大学院生・学部生,医師,看護師,その他興味のある方
お申し込み方法:(株)みどりトータル・ヘルス研究所宛(workshop@midori-th.com)に以下の項目をご記入のうえ,メールにてお申込みください。
①ご氏名(ふりがな) ②ご所属 ③参加希望(1 部のみ・2 部のみ・両方)⇒2 部の希望ワークショップ
④ご連絡先 ⑤臨床心理士資格の有無 ⇒臨床心理士番号 ⑥領収書の要・不要

  詳細は25周年記念シンポジウム・ワークショップのご案内をご参照ください。


  第1部 シンポジウム 10:00-12:00  
    「認知行動療法を学校・福祉・職場に活かすために」 司会:本岡寛子(近畿大学) 

「『気になる子』を支える学級づくり:SSTを通してサポーティブな学級集団を作る」
  大対香奈子 (近畿大学)

「『学び』につながる教え方:応用行動分析学とインストラクショナルデザイン」
  野田航(大阪教育大学)

「明るい家庭を目指した前向きな発達支援:積極的行動支援(PBS)の基本的な考え方」
  藤田昌也(株式会社 みどりトータル・ヘルス研究所こども行動療育教室)

「ストレスチェック後のサポートづくり:キャリア支援・復職支援に活かす認知行動療法」
  本岡寛子(近畿大学)


  第2部 ワークショップ 13:00-16:00

  ワークショップ1 藤田昌也
「発達障害のあるこどもへの教育的な支援方法」

  ワークショップ2 大対香奈子・野田航
「学校での子どもたちのニーズに応える応用行動分析学の技法」

  ワークショップ3 本岡寛子・三田村仰(立命館大学)
「職場での高ストレス者への支援に活かす認知行動療法」



アクセス

JR天王寺駅,地下鉄天王寺駅,近鉄大阪阿部野橋駅下車,徒歩約10分。
JR寺田町駅下車,徒歩5分





  チャージワーク 8月

チャージワークとは:人との関係を築く中で,特に他者からの反応をネガティブに捉えてしまう傾向の強い方に参加していただき,他者からの反応に対して落ち込んだり,イライラしたり,傷つかないような自分に近づけるようなグループワークのことです。


人と接する時になんだか苦手だなと思う瞬間,
人からの評価にどこか身構えてしまう瞬間,・・・・ありませんか。
人前で自分の意見や嫌だとはっきり伝えられないと思うこと,
どうしても自分に自信が持てないと思うこと,ありますよね。

当研究所で少し,コミュニケーション力を
チャージしてみませんか?

開催日は,毎週月曜日 2016年8月22日・29日・9月5日(全3回)。
詳細は,チャージワーク 夏休み開催をご参照ください。




  コミュニケーションゼミ 6月

コミュニケーションゼミとは:毎月,人とのコミュニケーションにおいて必要な様々なスキルの中から一つ選び,少人数のグループで練習する場のことです。

  新年度の生活にも少し疲れがでてきた頃ではないですか。

人はストレスが溜まると,やる気がでない・頭が働かない・物事が長続きしないなどのサインがでてきます。そこで今月のテーマは,「対人場面でのストレスを和らげるスキル」です。当研究所でそれぞれのコツを身に付け,それを日常でも練習すれば,スキルは確実に自分のものになっていきますよ。一緒に練習しましょう!!

これまでに参加されている方は,人の前で自分の意見を言うのが苦手だなと感じている方々です。20代の方が多く参加されており,立場は皆それぞれ違います。気になるテーマがありましたら,一度お問合せ下さい。


開催日は,毎週月曜日 2016年6月13日・20日・27日・7月4日・11日(全5回)。
詳細は,コミュニケーションゼミ6月案内をご参照ください。




  コミュニケーションゼミ 5月

コミュニケーションゼミとは・・・
毎月,人とのコミュニケーションにおいて必要な様々なスキルの中から一つ選び,少人数のグループで練習する場のことです。


  就職活動も本番。5月は,就活にも使えるテーマを取り上げます。
企業の中には,グループディスカッションを面接の中に取り入れられることも多いです。そこで今月のテーマは,「さまざまな話し合い方」です。話し合い方によって使うスキルは異なります。当研究所でそれぞれのコツを身に付け,それを日常でも練習すれば,スキルは確実に自分のものになっていきますよ。一緒に練習しましょう!!

話し合う方法には以下のようなものがあります。

(例)
☆就活とは何か(自由討論型)
☆就活は大学3年生の夏からするべきか否か(ディベート型)
☆就活するときに絶対に必要だと思うものをこの中から2つ選ぶとしたら何か(選択型)
☆中小企業の企業説明会に今より2倍の就活生に来てもらうには(課題解決型)

開催日は,毎週月曜日 2016年5月9日・16日・23日・30日(全4回)。
詳細は,コミュニケーションゼミ5月案内をご参照ください。

過去の案内はこちらちらをご参照ください。





  臨床心理士対象ワークショップ 

 応用行動分析学(ABA)の基礎と実践ワークショップ:
 発達障害のある人への具体的な教育方法


  現場で働く臨床心理士の方を対象としたワークショップです。開催日は2016年3月27日(日),または,2016年4月17日(日)。詳細は,こども行動療育教室一般公開プログラムをご参照ください。





  明るい家庭を目指したお父さん,お母さんの勉強会

  発達面で気になるお子様の保護者を対象としたワークショップです。開催日は2013年8月22日,29日の2日間。応用行動分析学(ABA)の基本を学び,こどもの行動に理解の仕方,こどもとの適切な関わり方を学んでいきます。詳細は,こども行動療育教室一般公開プログラムのページをご参照ください。





  資格を取る前に体験で学ぼう!自信のある臨床心理士を目指す体験型ワークショップ


まだ4月なので,試験のことなど真剣に考えられない。どう動いていけばいいか明確でない。

 という方がいらっしゃれば,そのヒントを一緒にこの時間で見つけませんか?このワークは,臨床心理士試験の面接対策というだけの企画ではありません。

 1次試験から臨床心理士の試験はもちろん始まっています。ただ,心理学知識が豊富な方だけが受かるものでもありません。心理学知識を吸収するには,人を理解する力も必要です。

 ただ単語を頭にいれるだけでは,おそらく当日何も頭からでてこないでしょう。
その人を理解して,その場面を想像できるかがとても大きなポイントかと思います。
そのために,まずは自分に中の臨床心理士像を把握することが大事です。
 自分と言う人間が臨床心理士の資格を取得して,どう社会に生きていけるのか,少し見つめ直してみませんか?
その思いが明確になれば,おそらく1次試験への意欲も再び湧いてくるはずです。せっかく目指した目標なら,気分よくゴールテープを切りましょう。

 さらに,この時間が普段,臨床に携わる新人心理士さんの情報交換の場,場合によっては息抜きの場になればいいなと考えております。貴重な休日ではありますが,どうか資格試験を受ける前に臨床心理士になる自分が何を目指し歩んでいきたいのか・・・少し振り返る時間にしませんか?

                      スタッフ一同,心よりお待ちしております。


【対象】本年度臨床心理士資格試験受験者,臨床心理士を目指す大学院生

【日時・場所・費用】
開催日:平成25年 5月19日(日), 6月23日(日), 7月14日(日)
いずれも 14時~17時 (※毎回,異なる体験内容を提供します。)

開催場所:みどりトータルヘルス研究所(大阪市中央区北浜)

参加費用:各1回 3000円, 3回連続 7000円
(※当日受付時に,現金でお支払い下さい)


【お申込み方法】
ワークショップ概要(pdf)
ワークショップ申込用紙(word)

【講師紹介】
桑田 直弥(臨床心理士,保育士,認知症介護指導者)
関西グループアプローチ研究会・代表
・・・教育センターや児童相談所等の児童領域から,精神科病院や保健センター等の医療領域まで幅広く臨床を経験。現在,認知症研究チームの研究員として高齢者臨床・研究に取り組む。また,面接試験の面接官としても,今までに約300名の採用面接を担当。研究会として,体験型ワークショップの開発・実践にも取り組む。学会活動として,平成18年,平成21年に日本認知症ケア学会にて石崎賞。平成23年に日本老年精神医学会にて最優秀ポスター賞。同年,信貴山シンポジウム大会にて最優秀発表賞等。




・ ・ 2013年開催のワークショップの様子 ・ ・
 
 今年は3回シリーズで,「自信のある臨床心理士を目指す・体験型ワークショップ」と題して少人数のワークショップを企画しています。そこで先日行いました,6月開催のワークショップの様子をお伝えしたいと思います。



シリーズ全体の目的は,自分の中で目指している臨床心理士像を把握し,臨床心理士の資格を取得して,社会の中でどのように活かしていきたいのか,あらためて見つめ直す時間になればとの思いで企画しました。もちろん,臨床に携わる新人心理士同士の情報交換の場,または息抜きの場になればとも考えておりました。
6月は,採用面接の面接官として数多くのご経験がある講師より,一般的な面接試験のポイントから一般企業での面接試験と臨床心理士資格試験での面接試験の違いをわかりやすい資料をもとに説明していただきました。その上で,体験型ワークを行いました。ワークを行ったことで,見えてきた自分自身の問題点や目標点を振り返り,また他の参加者の考えを聞き自分への気づきになったかと思います。



休憩中は,初めて会った参加者同士が情報交換を行い,試験への意欲を掻き立てていたのは印象的でした。また終了後に参加者から「受けるまで少し不安もありましたが,とても楽しく積極的に学ばせていただきました。自分の考えを整理することができたのでいい機会をいただけました」「全体的に楽しかったです。参加型だったのがよかったです」「気持ちだけが焦っていて,忙しさにかまけて勉強が不十分な状態でした。面接が特に心配でしたが,アットホームな雰囲気で楽しかったです。教えていただいたことからしっかり試験対策をしたいです。」などの感想を寄せていただきました。6月にご参加下さった皆様,お忙しい中お越し下さり本当にありがとうございました。

 来月も開催予定です。来月は最終回ですので,より実践的な内容となります。例えば,講師が面接官となり,面接を体験していただいた上で気付いたことの振り返りや,今からでも間に合う面接を受ける際の自分対策の方法をお伝えする予定です。もちろん,来月も参加者同士の情報交換の場や息抜きの場になればと思っております。7月だけの参加でも問題がないように中身を考えておりますので,どうぞ一緒に楽しく学んでみませんか?

 スタッフ一同,心よりお待ちしております。


copyrightc2014 みどりトータルヘルス研究所 all rights reserved.