みどりトータルヘルス研究所
                                                                      
  こども行動療育教室 ご予約・お問い合わせは TEL.06-6203-2410
〒541-0041大阪市中央区北浜3丁目5-19
ホワイトビル5F
はじめに 行動療育について 勉強会や講習会
の講師
専門家への
スーパーバイズ
関連機関への
コンサルタント
プログラム作り
ICF関係






  行動的支援勉強ノート
  トップページへ


  はじめに

  こどもの療育で大切なこと

  行動療育で行うこと


  行動療育教室の目標

  コラム 日々の生活や集団の
  中で学習するために必要な力


  こどもとの関係づくり

  療育時間と標的スキル


  課題内容を決めるポイント

  教え方を考えるポイント

  課題の量と難易度を工夫する

  DTT? PRT?

  学習態勢を形成する1

  学習態勢を形成する2

  学習態勢を形成する3

  学習態勢を形成する4

  学習態勢を形成する5

  学習態勢を形成する6

  学習態勢の指標

  認知スキルを伸ばす


  コラム 
  認知スキル常に意識する


  弁別学習1

  弁別学習2  関連する力を
          伸ばす


  コラム 正確性と流暢性

  注意と記憶の訓練1

  注意と記憶の訓練2

  コラム 注意記憶と観察学習

  取ってくる,もらってくる,
  報告する課題


  コラム 距離を離して
       難易度を高める

  ふり遊び、見立て遊び、
  ごっこ遊び1


  ふり遊び、見立て遊び、
  ごっこ遊び2


  失敗や負けることを経験する

  こだわりを弱める

  反応クラスと分化強化

  療育場面の構造化を緩める


  こどもの成長に注目する


  がんばる力をつける


  異なる療育機関の併用


  家庭療育の難しさ1


  家庭療育の難しさ2

 <参考図書、おすすめ図書>


    
みどりトータルヘルス研究所
         〒541-0041
    大阪市中央区北浜3丁目5-19
         ホワイトビル5F
       TEL.06-6203-2410



 行動療育に関する情報

 行動療育教室の目標
 

  こどもの発達支援では,『可能な限り社会に適応した活動的な生活を送る』ことを目指して,保護者を中心に多くの専門家が様々な場面で教育的支援に当たります。知的障害や発達障害のあるこどもは成長していく中で様々な困難を示すことがあるので,支援の内容や大きさは様々ですが,生涯にわたる多職種による支援が必要になることがあります。

  こども行動療育教室の療育では,『集団の中で学習する力をつける』『教室以外でもこどもが学習できる力をつける』ということを目的としています。保育場面や学校,児童発達支援事業や放課後等デイサービス,家庭生活,習い事や集団活動,集団療育場面,スピーチセラピスト(ST)による指導など。

  社会的学習を行う力,集団に適応する力がある程度付いてくると,個別の専門的な療育以外の緩やかな療育場面(集団療育や放課後デイなど)や社会的な場面(遊び場面や園生活など)で様々なことを学習し,成長することができます。そのためには,こどもができることを増やしていく必要があります(行動レパートリーの拡大)。学習態勢の形成,コミュニケーションスキル,物の認識や扱い,適切な社会的刺激に注意を向ける力,実行機能,問題行動の低減,感情の理解やコントロール等。こどもの社会的学習や集団適応の基盤となる力を身に着け,保護者のスキルアップも大切にします(学習するために必要な力参照)。

  保護者のスキルアップとは,こどもの行動の見方や対応の仕方を身に着け,柔軟な考え方ができるようになることです。これは療育中や療育前後にこどもの気になることを保護者と話したり,アドバイスをする中で緩やかに養っていきます。

  こどもが教室以外の場面でも学習する力が身に付き,保護者も柔軟に考えてこどもに対応できるようになったら,個別療育は一区切りと考えます。そのまま継続することも可能ですが,社会的学習の機会を増やしていくことが大切なので,集団活動ができるような場面や機関を勧めます。

  そして月一回や不定期で日常の困りごとなどを相談する形に移行していけたら良いと考えています。



copyright©2013 みどりトータルヘルス研究所 all rights reserved.