みどりトータルヘルス研究所
                                                                      
  こども行動療育教室 ご予約・お問い合わせは TEL.06-6203-2410
〒541-0041大阪市中央区北浜3丁目5-19
ホワイトビル5F
はじめに 行動療育について 勉強会や講習会
の講師
専門家への
スーパーバイズ
関連機関への
コンサルタント
プログラム作り
ICF関係






  行動的支援勉強ノート
  トップページへ


  はじめに

  こどもの療育で大切なこと

  行動療育で行うこと


  行動療育教室の目標

  コラム 日々の生活や集団の
  中で学習するために必要な力


  こどもとの関係づくり

  療育時間と標的スキル


  課題内容を決めるポイント

  教え方を考えるポイント

  課題の量と難易度を工夫する

  DTT? PRT?

  学習態勢を形成する1

  学習態勢を形成する2

  学習態勢を形成する3

  学習態勢を形成する4

  学習態勢を形成する5

  学習態勢を形成する6

  学習態勢の指標

  認知スキルを伸ばす


  コラム 
  認知スキル常に意識する


  弁別学習1

  弁別学習2  関連する力を
          伸ばす


  コラム 正確性と流暢性

  注意と記憶の訓練1

  注意と記憶の訓練2

  コラム 注意記憶と観察学習

  取ってくる,もらってくる,
  報告する課題


  コラム 距離を離して
       難易度を高める

  ふり遊び、見立て遊び、
  ごっこ遊び1


  ふり遊び、見立て遊び、
  ごっこ遊び2


  失敗や負けることを経験する

  こだわりを弱める

  反応クラスと分化強化

  療育場面の構造化を緩める


  こどもの成長に注目する


  がんばる力をつける


  異なる療育機関の併用


  家庭療育の難しさ1


  家庭療育の難しさ2

 <参考図書、おすすめ図書>


    
みどりトータルヘルス研究所
         〒541-0041
    大阪市中央区北浜3丁目5-19
         ホワイトビル5F
       TEL.06-6203-2410



 行動療育に関する情報

 異なる療育機関の併用について
 

  例えば,公的な療育機関や応用行動分析学(ABA)とは異なるアプローチの療育機関との併用について,ご相談を受けることがあります。保護者の方が一番心配されることは,異なるアプローチで療育を受けることで,こどもは混乱しないかという点です。

  私は,保護者の考え方や生活環境によっても異なりますが,『習い事について』で解説したことと同様に,取りあえず試してみてはいかがですか?とお答えすることが多いです。

  残念ながら現状の日本の療育体制では,療育機関や担当する専門家がこどもの成長にとってプラスになるかどうかを保護者が見極める必要があります(日本だけではないかもしれませんが)。例えば,ABAが専門であると宣伝している療育機関であっても,正しくABAに基づいた療育を受けられるか分からず,こどもの成長を促してくれるかどうか分かりません。また,プレイセラピー(遊戯療法)に基づいた療育機関であっても,上手くこどもの社会的スキルを伸ばしてくれる専門家はたくさんいると思います。これは,その他のアプローチでも同様だと思います。

  行動的支援勉強ノートではABAに基づいて様々なことを解説してきましたが,ある程度の水準の臨床や療育を実施できるような教育体制が整っていない我が国の現状では,ABAの専門家と言っても100%信用できるわけはありません。これは私も含めてのことで,私よりも効果的なABAに基づいた療育を行う専門家はたくさんいると思います。

  そのため,アプローチの種類にこだわらず,無理の無い範囲で様々な療育を試してみて良いと思います。こどもが楽しんで通い,成長につながっているようならば継続し,あまり意味が感じられず,こどもも気が乗っていない様ならば止めてしまえば良いです。色々な角度から刺激を受けることで,より良い成長につながる可能性もあります。また,専門家との相性もあると思います。

  どのようなアプローチであっても,成果はこどもの成長という点につきます。言葉を含めたこどもの行動レパートリーが増え,勉強場面や遊び場面,日常生活場面で適切に行動できるようになり,保護者もこどもも楽しく過ごせる時間が増えれば,それは良い療育だと思います。保護者はこどもの成長という点に重点を置き,(ご負担をかけてしまいますが)療育機関や専門家を見極めて下さい。

  そして,異なるアプローチの療育を受けたからといって,こどもが混乱することはあまり無いと思います。できれば専門家同士が連携できれば良いのですが,それが難しければ,「A教室では○○するように言われたんですけど,先生はどう思いますか?」と率直に質問してみたら良いです。そして,こどもや家族にとってプラスになると思われる取り組みを取り入れれば良いです。

  もしこどもが混乱している様だったり,ストレスが溜まっている様であれば,そのことを担当者に相談し,改善できなければ,どちらかに絞れば良いです。

  専門家は,確実に害があるという確信がなければ,他の機関やアプローチを否定しない方が良いと思います。もしかしたら自分の勉強不足かもしれないし,こどもの成長の機会を奪ってしまっている可能性があります。視野を広げて謙虚に,こどもの成長につながるように支援をしていきましょう。


copyright©2013 みどりトータルヘルス研究所 all rights reserved.