みどりトータルヘルス研究所
                                                                      
  こども行動療育教室 ご予約・お問い合わせは TEL.06-6203-2410
〒541-0041大阪市中央区北浜3丁目5-19
ホワイトビル5F
はじめに 行動療育について 勉強会や講習会
の講師
専門家への
スーパーバイズ
関連機関への
コンサルタント
プログラム作り
ICF関係






  行動的支援勉強ノート
  トップページへ


  はじめに

  こどもの療育で大切なこと

  行動療育で行うこと


  行動療育教室の目標

  コラム 日々の生活や集団の
  中で学習するために必要な力


  こどもとの関係づくり

  療育時間と標的スキル


  課題内容を決めるポイント

  教え方を考えるポイント

  課題の量と難易度を工夫する

  DTT? PRT?

  学習態勢を形成する1

  学習態勢を形成する2

  学習態勢を形成する3

  学習態勢を形成する4

  学習態勢を形成する5

  学習態勢を形成する6

  学習態勢の指標

  認知スキルを伸ばす


  コラム 
  認知スキル常に意識する


  弁別学習1

  弁別学習2  関連する力を
          伸ばす


  コラム 正確性と流暢性

  注意と記憶の訓練1

  注意と記憶の訓練2

  コラム 注意記憶と観察学習

  取ってくる,もらってくる,
  報告する課題


  コラム 距離を離して
       難易度を高める

  ふり遊び、見立て遊び、
  ごっこ遊び1


  ふり遊び、見立て遊び、
  ごっこ遊び2


  失敗や負けることを経験する

  こだわりを弱める

  反応クラスと分化強化

  療育場面の構造化を緩める


  こどもの成長に注目する


  がんばる力をつける


  異なる療育機関の併用


  家庭療育の難しさ1


  家庭療育の難しさ2

 <参考図書、おすすめ図書>


    
みどりトータルヘルス研究所
         〒541-0041
    大阪市中央区北浜3丁目5-19
         ホワイトビル5F
       TEL.06-6203-2410



 行動療育に関する情報

 こどもとの関係づくり


  日々の生活での教育的支援や強化をうまく行うために,こどもとの関係づくりが大切と『こどもとの良好な関係を築く』や『「褒める」ということについて』で解説しました。

  行動療育を行う時も同様であり,こどもと良好な関係が築けていなければ,どのようなアプローチで療育を行っても上手くいきません。レベルの高い療育者はこどもと遊ぶことが上手く,こどもに好かれる専門家が多いのではないでしょうか。これは性格の問題だけではなく,こどもと楽しく遊ぶこともスキルなので,経験を通してスキルを高めていかなければいけません。

  療育を行う専門家は,まずは遊びや活動を通してこどもと関わり,こどものペースや好み,反応の仕方や速さ,反応しやすい働きかけ方,注意力,などこどもの特性や得意な領域・苦手な領域を知らなければいけません。保護者とも話をし,色々なことを確認します。保護者の考え方や心配事,家族構成なども知っておく必要があります。

  こどもや保護者のことを知り,こどもと関係を築いていきます。第1に,こどもにとってポジティブな存在にならないといけません。一緒にいて楽しい,褒められたら嬉しいという対象です。そのために楽しく遊ぶところから始めていきます。

  楽しく遊んだり,簡単な活動や課題を行いながら,『指示を出して(A)-こどもが指示を聞いて動き(B)-褒めてもらえる(C)』という三項随伴性をどんどん経験させていきます。例えば,『「あそこのおもちゃ取って」(A)-こどもが取ってくる(B)ー「わーありがとう」(C)』,『「ごみ捨ててきて」(A)ーこどもがごみを捨てる(B)-「上手にぽいできたね」(C)』,など。繰り返し随伴性を経験することによって,指示を聞く,言われたことを行うことが当たり前のことになってきます。

  いきなりお勉強という形で療育を行うのではなく,このような関係づくりを行い,こどもが指示を聞きやすく,こどもにとってポジティブな存在になることで,スムーズに療育を行っていくことが出来ます。これは療育を継続していく時も同様であり,難しい課題などでしんどくなることもありますが,楽しい時間も過ごしながら療育を進めていきます。マニュアルに沿って療育を行っても上手くいかなかった,ABAの療育は難しくて楽しくない,という専門家や保護者は,このような関係作りが上手くいって無いのかもしれません。

  お勉強当日,こどもに「もうお勉強行きたくない」と言われてしまうと良くありません。じっくり関係作りを行い,こどもが前向きにお勉強に来ることを目指します。

copyright©2013 みどりトータルヘルス研究所 all rights reserved.