みどりトータルヘルス研究所
                                                                      
  こども行動療育教室 ご予約・お問い合わせは TEL.06-6203-2410
〒541-0041大阪市中央区北浜3丁目5-19
ホワイトビル5F
はじめに 行動療育について 勉強会や講習会
の講師
専門家への
スーパーバイズ
関連機関への
コンサルタント
プログラム作り
ICF関係





  行動的支援勉強ノート
  トップページへ



 1‐1.行動科学を勉強しよう

 1‐2.基本となる考え方
    将来に向けての目標


 2‐1.行動レパートリーと活動
    レパートリーを増やす


 2‐2.活動レパートリーを
    増やすメリット


 2‐3.どのように活動レパートリー
    を増やしていくか


 2‐4.行動レパートリーと
    問題行動の関係


 コラム 物を落としたり倒したり
     
する行動


 3‐1.行動の理解と対応

 3‐2.行動の見方

 3‐3.行動の原因を環境に求め
    ることのメリット


 3‐4.代表的な問題行動の機能
    と形成されるメカニズム


 3‐5.なぜ発達障害のある人に
    問題行動が見られやすい
    のか?


 3‐6.問題行動が強まる
    メカニズム


 3‐7.日常生活で問題行動を
    強めないために


 コラム 環境の変化と消去

 3‐8.問題行動が長期間維持
    されるメカニズム


 3‐9.こだわり,自己刺激行動
    への対応について


 コラム こだわりと遊びの境目

 3‐10.適切な行動レパートリー
    を増やす


 コラム 教育的な視点を持った
     問題行動への対応


 3‐11.問題行動への対応を
    考えるステップ


 行動の理解と対応 まとめ

 4-1.日々の関わりで大切なこと
    将来を見据えて大切なこと


 4-2.指示の出し方,制止の仕方

 4-3.家庭での療育活動の 
    ポイント


 4-4.柔軟性,変化への耐性を
    養う


 4-5.食事に関する行動

 4-6.自身の行動もこどもの行動
    に影響を受けている


 4-7.褒めてこどもを育てよう!


 <参考図書、おすすめ図書>


    みどりトータルヘルス研究所
         〒541-0041
    大阪市中央区北浜3丁目5-19
         ホワイトビル5F
       TEL.06-6203-2410


 行動的支援勉強ノート

 問題行動が強まるメカニズム


  発達障害のある青年や成人が非常に強度な問題行動を示すことがあります。例えば,相手の身体を噛み切ったり執拗に髪の毛を引っ張ったりする他害行動,便塗りや便こねなどの不潔行為,自身の身体を傷つける自傷行動などがあります。これらの強度行動障害といわれる問題行動は,大変危険であり適応的な社会生活を妨げ,修正に多大な労力が必要になります。一見理解しがたい強度な問題行動も,成長の過程で周りの人たちの対応を含む環境によって強められた結果であることが多いです。前節をまず読んでいただき,以下の問題行動が強まるメカニズムに進んでいきましょう。

  まず,前節の服の着替えに関する問題行動が強まる例をABCの三項随伴性の枠組みで示した例1を見て下さい。

<例1>
①(A)気に入らない服を着ている→(B)お気に入りの服を持ってくる→(C)着替えることができる
②(A)気に入らない服を着ている→(B)お気に入りの服を持ってくる→(C)「後でね」と言われて着替えることができない
③(A)気に入らない服を着ている→(B)気に入らない服をトイレに詰める→(C)母親に叱られるが服を着替えることができる


  次に,『課題からの逃避』の機能を持つ行動が強まる例をABCの行動随伴性の枠組みで例2に示します。

<例2>
①(A)課題中→(B)「いやー」と泣く→(C)課題が終了される
②(A)課題中→(B)「いやー」と泣く→(C)課題が終了されない
③(A)課題中→(B)席を立ち走り回る→(C)課題が終了される
④(A)課題中→(B)席を立ち走り回る→(C)席に戻され課題が終了されない
⑤(A)課題中→(B)課題を机の上の課題を投げる→(C)課題が終了される
⑥(A)課題中→(B)課題を机の上の課題を投げる→(C)課題が戻され終了されない
⑦(A)課題中→(B)課題を噛みちぎる→(C)課題が終了される


  上記の2例から,問題行動が強まり維持されるメカニズムを考えていきます。

  例1でこどもが求める結果(C)は服を着替えるということであり,例2では課題を終了するということです。例から分かるように同じ結果を得るために行動が順に変わり強まっています。同じ行動でも段々強度が増していき(例2の①②では泣き方が激しく,時間も長くなっているでしょう),下に進むほど対応の難しい行動になっていることが分かります。例1の『③気に入らない服をトイレに詰める』,例2の『⑦課題を噛みちぎる』という行動(B)は粗大で単純な行動ですが,対応する側としてはこどもの要求を通さざるを得ず,無視できない行動です(隣にいるこどもを叩くといった他害行動が見られることもあります)。このような強力な行動を早い段階から行うこともありますが,問題行動は例1,例2のように段階的に強度を増していくことが多いです。

  ではなぜ問題行動の強度は増していくのでしょうか。前節3-5で発達障害のある人たちに問題行動が見られやすい理由を解説しましたが,ある行動を行うことで要求が通っていても,段々同じ行動では要求が通りにくくなります。保護者や対応する人が慣れてきて少々泣いても気にせず課題をすすめようとなったり,忙しくて対応できなかったり,教育的に服を着替える回数を制限するよう計画したりと理由は色々考えられます。そして,ある行動を行っても要求が通らなくなる,または,通りにくくなると,要求を通らせるために問題行動をより激しく,より長く行います。この段階で要求が通ってしまうと,より激しく,より長く問題行動を行うと要求が通るということを学習し,以前より問題行動が強力になっていきます。それでも要求が通らなければ,要求が通るような行動を色々試し,自分の持っている行動レパートリーの中から要求が通りやすい行動を行います。そこで要求が通ると,新たな問題行動が形成されるということです。このようなメカニズムで,問題行動は強度を増し,対応せざるをえない行動に変わっていきます(「消去と消去バースト」参照」)。



copyright©2013 みどりトータルヘルス研究所 all rights reserved.