みどりトータルヘルス研究所
                                                                      
  こども行動療育教室 ご予約・お問い合わせは TEL.06-6203-2410
〒541-0041大阪市中央区北浜3丁目5-19
ホワイトビル5F
はじめに 行動療育について 勉強会や講習会
の講師
専門家への
スーパーバイズ
関連機関への
コンサルタント
プログラム作り
ICF関係





  行動的支援勉強ノート
  トップページへ



 
1‐1.行動科学を勉強しよう

 
1‐2.基本となる考え方
    将来に向けての目標


 
2‐1.行動レパートリーと活動
    
レパートリーを増やす


 
2‐2.活動レパートリーを
     増やすメリット


 2‐3.どのように活動レパートリー
     を増やしていくか


 
2‐4.行動レパートリーと
    
問題行動の関係

 コラム 物を落としたり倒したり
     
する行動


 3‐1.行動の理解と対応

 
3‐2.行動の見方:三項随伴性

 
3‐3(1).行動の原因を環境に
    求めることのメリット1


 
3‐3(2).行動の原因を環境に
    求めることのメリット2


 
3‐4.代表的な問題行動の機能
    と形成されるメカニズム


 3‐5.なぜ発達障害のある人に
    問題行動が見られやすい
    のか?


 
3‐6.問題行動が強まる
    メカニズム


 
3‐7.日常生活で問題行動を
    
強めないために


 コラム 環境の変化と消去

 
3‐8.問題行動が長期間維持
    
されるメカニズム

 
3‐9.こだわり,自己刺激行動
    への対応について


 コラム こだわりと遊びの境目

 
3‐10.適切な行動レパートリー
    
を増やす


 
3-11.教育的な視点を持った
     問題行動への対応


 コラム 教育的で前向きな支援

 
3‐12.問題行動への対応を
    考えるステップ


 コラム 問題行動への対応の工夫

 
行動の理解と対応 まとめ

 
4-1.日々の関わりで大切なこと
    将来を見据えて大切なこと


 
4-2.指示の出し方,制止の仕方

 4-3.家庭での療育活動の 
    ポイント


 4-4.柔軟性,変化への耐性を
    養う


 
4-5.食事に関する行動

 4-6.自身の行動もこどもの行動
    に影響を受けている


 
4-7.褒めてこどもを育てよう!


 <参考図書、おすすめ図書>


    
みどりトータルヘルス研究所
         〒541-0041
    大阪市中央区北浜3丁目5-19
         ホワイトビル5F
       TEL.06-6203-2410


 行動的支援勉強ノート

 自身の行動もこどもの行動に影響を受けている


  前節まではこどもの行動に焦点を当てて解説を行ってきました。本節では,子育てをする保護者やこどもの支援にあたる私達自身の行動について考えていきます。

  勉強ノートでは『行動は変わる』ということを前提としています。この前提は発達障害や知的障害のあるこども達の行動だけを対象としている訳ではなく,彼らと関わる私達の行動にも当てはまります。私達の行動も環境からの影響を受けています,つまり,こどもの反応によって我々の行動も変化しているということです。
  例えば,こどもを注意するという行動を例として,ABCの行動随伴性の枠組みで図に示していきます。

①(A)こどもが騒がしい→(B)「静かにしなさい」と口頭で注意する
                      →(C)こどもが静かになる
②(A)こどもが騒がしい→(B)「静かにしなさい」と口頭で注意する
                      →(C)こどもが騒がしいまま
③(A)こどもが騒がしい→(B)「うるさい」と強い口調で注意する
                      →(C)こどもが静かになる
④(A)こどもが騒がしい→(B)「うるさい」と強い口頭で注意する
                      →(C)こどもが騒がしいまま
⑤(A)こどもが騒がしい→(B)「うるさい」と言ってこどもを叩く
                      →(C)こどもが静かになる

  このような段階を経てこどもへの対応が変わっていくことがあります。この例を見ると,『3-6.問題行動が強まるメカニズム』で示した,こどもの問題行動が強まるメカニズムと全く一緒であることが分かります。静かにしてほしいという大人の要求があり,要求が通らないと行動の強度が増していくということです。段階的に注意の強度が強まり,こどもへの対応が厳しいものになり,エスカレートすると虐待につながります。

  注意するという行動が強まっていくメカニズムで恐ろしいところは,多くの場合自分では気付かないところです。他の人から「少し厳しすぎるよ」と言われても,「何も知らないのに勝手なこと言わないで!」と思うこともあります。

  意識していないうちに私達の行動もこどもの反応から影響を受けており,変わっていることに注意して下さい。定期的に少し落ち着いて,自身の行動を振り返る時間をとることも大切です。こどもの行動も自身の行動も,少し客観的に見る目を養いましょう。

copyright©2013 みどりトータルヘルス研究所 all rights reserved.