みどりトータルヘルス研究所
                                                                      
  こども行動療育教室 ご予約・お問い合わせは TEL.06-6203-2410
〒541-0041大阪市中央区北浜3丁目5-19
ホワイトビル5F
はじめに 行動療育について 勉強会や講習会の講師 専門家への
スーパーバイズ
関連機関への
コンサルタント
プログラム作り
ICF関係

 <参考図書、おすすめ図書>

  行動的支援勉強ノートへ戻る

  勉強ノート2 はじめに

  応用行動分析学(ABA)とは?

  行動は変わるということ

  障害特性と教育について


  叱責することのデメリット

 
 教育的支援の基本

  コラム.行動の見方と教育的支援

  注意力・集中力の問題

  習い事について

  物理的な環境調整や
  スケジュールについての考察


  刺激や活動を制限すること
  について

  何が誰にとって問題行動
  なのか?


  集団適応を阻害しやすい
  問題行動


  相手によって行動が変わる
  ことは悪いこと?


  進学、学校選びについて

  専門家の「少し様子を見ましょ
  う」というコメントについて


  専門家の「愛情不足」という
  コメントについて


  恐怖感や過敏な反応への対応

  コラム.自己刺激行動や過敏な
    反応について:疲れやスト
    レスとの関係


  切り替えの弱さへの支援

  渋々でも納得する力

  思いやりや人に親切にする
  行動について


  子育ての正解,不正解

  障害の受容について

  行動理論を理解してもらう


  行動的支援勉強ノートとABA
  にもとづいた支援について



   みどりトータルヘルス研究所
        〒541-0041
   大阪市中央区北浜3丁目5-19
        ホワイトビル5F
      TEL.06-6203-2410



 行動的支援勉強ノート2

 刺激や活動を制限することについて


  ここでは刺激や活動を制限することについて考えていきます。『活動レパートリーを増やすメリット』にも重複する内容があります。

  こどもが問題行動を示した時、問題行動の対象となる刺激や問題行動が生じた際の活動を制限するという対応を取ることがあります。例えば、椅子を倒すから椅子を部屋から無くす、話しかけると機嫌が悪くなるので話しかけない、電車の中で大きな声を出したり飛び跳ねるので電車に乗らない、お菓子を勝手にとるのでお菓子売り場には連れて行かない、など。

  自分や周りの人を傷つけたり、周囲に迷惑をかける場合、一時的に刺激や活動を制限する対応が必要な場合はありますが、それでは根本的な解決にはなりません。支援の方向性は社会適応を目指すことであり、できるだけ制限の少ない環境で生活することです。刺激や活動を制限する方向に支援を進めると、極端な話、ずっと何もない部屋で何もせずに生活するということになってしまいます。

  そのため、刺激や活動を制限することを極力避け、一時的に刺激や活動を制限したとしても、徐々にその制限を無くし、通常の環境で落ち着いて生活できるようにしていかなければなりません。

  「応用行動分析学勉強ノート」で解説しているように、問題行動を減少させるためにはA-B-Cの三項随伴性で問題行動の機能を予測し、対応方法を考えます。問題行動は消去して無くしていく必要がありますが、合わせて、その場面(刺激や活動)での適切な行動を強化して増やしていくことが大切です(分化強化)。

  上の例で言うと、椅子を倒すという問題行動であれば、椅子に座る行動、例えば、椅子に座ってテレビを見る、椅子に座ってお菓子を食べる、椅子に座って遊ぶ、という行動を強化していきます。椅子に座って楽しくできる活動を行い、短時間でもこどもが落ち着いて座ることができればしっかり褒めてあげます。電車の中で大きな声を出したり飛び跳ねるのであれば、近くの駅でこどもが喜ぶものを見つけ(ハンバーガーを食べたり、スーパーのお菓子売り場でお菓子を買うなど)、一駅でも静かに電車に乗ることができたら褒めてあげ、こどもが喜ぶ結果を与えます。<トークンエコノミー>が活用できれば強化しやすくなります。

  このように十分なプロンプトを用いて問題行動が生じやすい場面で適切な行動を行わせ、それが褒められて強化される経験を増やすことが大切です。まずは短い時間や簡単な行動から始め、徐々に時間を伸ばしていきます。

  刺激や活動を制限するだけでは、その場面で適切な行動を行い、強化される機会が無くなってしまいます。また、活動が制限され生活の幅が狭くなると、様々なことを学習する社会的学習の機会も制限されてしまいます。そして、刺激や活動を制限すればするほど刺激や活動、その変化に対する柔軟性が育まれません。刺激に過敏に反応してしまったり、変化への抵抗が強くなり、問題行動が強まるという悪循環に陥ってしまう可能性もあります(「柔軟性、変化への耐性を養う」参照)。

  さまざまな問題行動を示すことがありますが、できるだけ刺激や活動を制限するという方向ではなく、その場面で適切に行動できるように計画を立て教育的に支援を行う必要があります。



copyright©2013 みどりトータルヘルス研究所 all rights reserved.