みどりトータルヘルス研究所
                                                                      
  こども行動療育教室 ご予約・お問い合わせは TEL.06-6203-2410
〒541-0041大阪市中央区北浜3丁目5-19
ホワイトビル5F
はじめに 行動療育について 勉強会や講習会
の講師
専門家への
スーパーバイズ
関連機関への
コンサルタント
プログラム作り
ICF関係





  行動的支援勉強ノート
   トップページへ


  はじめに

  
こどもの弱い点を理解する

  日々の関わり方の
  視点を変える


  行動の結果を頻繁に
  明確に示す


  単純な課題で注意を
  持続する


  動きのある課題で注意を
  持続する


  プリント課題で注意を
  持続する


  短期記憶を伸ばす

  思考力を伸ばす

  衝動的な発話を抑える

  動きを抑制する力を伸ばす

  テンションを上げすぎない力

  枠を決めてきっちり対応する

  コラム:怒りを制御する力を
       評価するポイント


  成長を見逃さない

  薬の利用について

  障害特性を正しく理解する


 <参考図書,おすすめ図書>


  みどりトータルヘルス研究所
  トップページへ

       


 多動や衝動性をコントロールする力を養う

 行動の結果を頻繁に明確に示す


  応用行動分析学(ABA)では三項随伴性の枠組みで行動を捉えます。どういう状況で行動が起こり(先行条件A),どういう結果を得ているのか(結果C)。そして,ポジティブな結果が伴う行動は増加し(強化),ネガティブな結果が伴う行動は減少すると考えます(弱化,罰)。


  【頻繁に明確にフィードバックする】

  衝動性が強いこどもは,自分の行動をコントロールする力,抑制する力が弱いため,ネガティブな結果につながるであろう不適切な行動を行ってしまうことがあります。同じことをして怒られた経験があっても,物を壊したり,投げたり,プリントを破ったり,叩いたり,落書きをしたり,走り出したり,大きな声を出したりするなど。家族や先生は褒めたり怒ったり説明したりしても行動が中々変わらないため,衝動性が強いこどもは、こちらの対応(行動の結果)によって行動が変わらないのではないかと思ってしまうことがあると思います。

  しかし、行動の結果を明確に頻繁に示すことによって,徐々に自身の行動をコントロールする力がついてきます。時間が掛かっても根気強く,『頻繁に』,『明確に』結果を示していく必要があります。

  まずは大人側のスキルアップの目的も兼ねて,頻繁にこどものその時点の行動が『良い行動』か『良くない行動』か具体的にフィードバックすることから始めてみましょう。例えば,食事や片付けといった特定の行動が上手くできたか,できなかったかというような結果のフィードバックも大切ですが,それに加えて,その時点のこどもの行動が良いか良くないかのフィードバックを行います。例えば1時間に3-4回などと数を決めて,フィードバックを行ってみてください。

  そうすると,結果のフィードバックだけではなく,その活動や課題の過程(取り組み方など)へのフィードバックが必要になります。良い行動のフィードバックとしては,「きちんと座ってお勉強できてるね」,「鉛筆きれいに持ててるよ」,「今静かにできてたよ」,「半分終わったよ,もう少し頑張って」,「しっかり食べてるね」,など。

  また,こどもが普通に過ごしているとき,落ち着いて行動できているときに,しっかりフィードバックをします。すごく褒めてあげなくても良いので,「しずかにテレビ見てますね」,「ゆっくり歩いてくれてお母さんうれしいわ」などと笑顔で言ってあげて下さい。たまに大げさに褒めてあげたり,買い物中ならアイスを買ってあげたりすると良いと思います。普通に過ごせていることに注目する視点はとても大切です(他行動分化強化)。

  良くない行動のフィードバックに関しては,前提として叱責する必要はありません。衝動性からくる問題行動や逸脱行動はこどもに悪気はなく,100%こどもが悪いことはないので,叱るのではなく教育的に教えてあげる必要があります。また,できるだけ具体的な行動で何が良くないのか,どうすれば良いのかをフィードバックしていきます。

  「少し足がばたばたしてるよ,ぺたっと床につけて下さい」,「急いで書くから字が雑になってるよ,ゆっくり書いたらもっときれいに書けるよ」,「強くドアを閉めたら冷蔵庫が壊れちゃうからやさしく閉めてね」,「大きな声を出したらみんな驚くよ,電車の中はもう少し静かにね」,「走ったら危ないからお母さんと手をつないでね」,など。「何でそんなことするの!」,「まじめにやりなさい!」といった漠然とした注意ではなく,どのような行動が良くないのか具体的にフィードバックしてあげます。

  このようにその時点の行動が良い行動か,良くない行動かを明確に頻繁にフィードバックします。良い行動の場合は笑顔で,良くない行動の場合は表情を変えず行います。繰り返し自身の行動へのフィードバックを受けることで,セルフモニタリングの力が養われます。

  セルフモニタリングの力が向上し,良い行動,良くない行動を理解することができる様になっても,良くない行動を衝動的に行ってしまうでしょう。『分かっていてもできない』というところが衝動性が強いこども達がしんどいところです。落ち着いてから反省したり,落ち込んだりすることもあると思います。そのため,時間をかけて以下の様に行動の結果を繰り返し分かりやすく示し,自身の行動を制御する力(セルフコントロール)を養ってきます。


  【行動の結果を頻繁に明確に示す】

  こどもの行動に注目してフィードバックを十分に行うことができるようになれば,こどもが衝動性を抑えて自身の行動をコントローする力を養うために,フィードバックに合わせて行動の結果を明確に示していきます。良い行動であれば保護者の笑顔やポジティブな声かけが強化子となります。トークンを用いても良いでしょう。良くない行動であれば,それを強化しない結果(消去),それを弱める結果(弱化)を伴わせていきます。

  良くない行動の消去という点で考えると,こどもが衝動的に不適切な行動を行った時に,こちらは冷静に落ち着いて対応するように心がけます。こどものテンションに合わせてこちらが過度な反応を示すと,不適切な行動を強化してしまうことがあります。何か悪いことをしたとしても大きく声を荒げて叱責する必要はありません。こどものテンションが上がった時こそ,こちらは冷静に淡々と対応します。何か課題や活動を行っている場合であれば,最後まで行ってもらいます。

  良くない行動の弱化という点では,良くない行動を具体的にフィードバックして修正を行います。衝動的に物を投げてしまったら,「鉛筆を投げるのは良くないことだから拾ってください」と声をかけて拾わせる,落書きをしたら,「壁に書くのは良くないですよ,消してください」と言って全て消させるなど,結果として不適切な行動を行ってしまった責任を取らせます。これはこどもが嫌がって時間がかかったとしても,しっかりと対応しなければいけません。衝動的に良くない行動をしてしまったら,めんどくさい結果が待っているという学習を行います。

  もう少し衝動的な行動の結果としてこどもに負荷をかけるなら,きっちりと最初からやり直させます。例えば,外で走り出してしまったら,元の場所まで戻って歩き直したり,プリントに落書きをしてしまったら,全部消して最初からやり直すなど。こどもはやり直させられることを嫌がると思います。衝動的な不適切な行動に対して負荷のかかるネガティブな結果を伴わせるということです。

  衝動的な問題行動は100%こどもが悪くはありませんが,抑える力を養うための教育的な支援として,少しめんどくさい結果,負荷のかかる結果が伴う経験をします。しかし,衝動性が強く,問題行動が頻繁な場合は,ネガティブな結果にあふれた日常となってしまうため,ある程度今は仕方がないと考えてフィードバックだけ行うことに留めることも必要です。全ての問題に真正面からぶつかっていく必要はありません。

  このように,衝動性が高いこどもに対しては,適切な行動や不適切な行動に対して,頻繁に明確に結果を示す必要があります。まずは頻繁にこどもの行動をフィードバックし,こどもが理解できるようであれば,しっかりとルールとして事前に示しておいても良いです。結果を即座に示しやすいようにトークンを用いても良いと思います。

  注意点としては,こどもの不適切な行動に注意が向きすぎると,こどもにとってネガティブな結果が増えてしまうので,不適切な行動にしっかりと対処する場合は,それ以上にこどもが普通に過ごしている場面に注目し,ポジティブな対応やフィードバックを増やすように心がけてください。



copyright©2013 みどりトータルヘルス研究所 all rights reserved.