みどりトータルヘルス研究所
                                                                      
  こども行動療育教室 ご予約・お問い合わせは TEL.06-6203-2410
〒541-0041大阪市中央区北浜3丁目5-19
ホワイトビル5F
はじめに 行動療育について 勉強会や講習会
の講師
専門家への
スーパーバイズ
関連機関への
コンサルタント
プログラム作り
ICF関係






 <参考図書,おすすめ図書>

  行動的支援勉強ノート Top

  応用行動分析学を勉強しよう


  1. 応用行動分析学(ABA)を
    学ぶメリット


  2. 三項随伴性と
    機能的アセスメント


  3. 強化,弱化(罰)

  コラム. 強化子を見つける大切
    さとプレマックの原理


  コラム. 「褒める」ということに
    ついて


  4. うまく行動を強化する
    ためには


  5. トークンエコノミーと
    レスポンスコスト


  6. プロンプト・フェイディング

  コラム.プロンプトを用いて
    正しい行動を強化する
    基本的な方法


  コラム. 行動を習慣化する
    ということ


  7. 消去と消去バースト 1

  8. 消去と消去バースト 2


  コラム. 「泣く」ということ

  コラム. 消去を行う時に
    大切なこと1


  コラム. 消去を行う時に
    大切なこと2


  9. 分化強化 1 


  10. 分化強化 2 






  みどりトータルヘルス研究所
  トップページへ

       


 応用行動分析学勉強ノート

 強化、弱化(罰)


  ある行動を行い、望ましい結果が伴えば、その行動の頻度は高まります(『(A)ご飯を食べ終わって、(B)宿題をすると、(C)母親に褒められる』と、『(B)宿題をする』という行動の頻度が高まる)。これを“強化”と言い、その際の望ましい結果を“強化子(きょうかし)”または“好子(こうし)”といいます。強化の定義は「ある行動が、行動の生起に後続する結果事象によって強められるプロセス」となります。行動が強められるというのは、その行動が将来同じような場面で起こりやすくなるということです(行動変容法入門)。

  この強化は応用行動分析学(ABA)の基本であり、とても大切な概念です。実は強化子というのは感情的に嬉しいものであるとは限りません。直前の行動を維持し、強める結果のことです。鍵を鍵穴に入れて回すと鍵が開きますが、この『鍵が開く』という結果は『鍵を回す』という行動の強化子となっています。鍵が開いても毎回嬉しいわけではないですが、鍵が開くという結果によって鍵を回すという行動が維持されています。

  基本的には望ましい結果、嬉しい結果が強化子となることが多く、その内容は人それぞれです。両親や先生の賞賛、お菓子、おこづかい、ゲームができる、遊びに行ける、微笑みかけられる、休憩時間が伸びるなど、そのこどもが喜ぶものは基本的に強化子として考えることができます。ある行動を増やしたければ、その行動の直後に強化子を与えることで、その行動が強化され頻度が高まります。逆に言うと、問題行動であってもある行動の頻度が高まれば、その行動は望ましい結果によって強化されていると考えることができます。

  行動療育や介入計画を立てる際によく見られる誤りは、お菓子などの特定のものを強化子と決めつけることです。お菓子が好きなこどもならお菓子が強化子になり(厳密にいうと、ある行動を行った後にお菓子をあげて、その行動の頻度が増加すると、お菓子を強化子と考えることができる。)、お菓子をそれほど好きでないこどもならお菓子は強化子にはなりません。また、お腹がいっぱいの時はお菓子を別に欲しくないので強化子にはならず、その時の状態によっても強化子は変わってきます。

  次に、ある行動を行い、望ましくない結果が伴えば、その行動の頻度は減少します(ご飯中におしゃべりをして母親に怒られる、など)。これを“弱化”または“罰”と言います。その際の望ましくない結果を“嫌子(けんし)”または“罰子(ばっし)”といいます。この嫌子も人それぞれです。叱られる、叩かれる、携帯を取り上げられる、など。

  ある行動が強化されるには、上で述べたある行動に対して強化子が伴うという条件と、ある行動を行って嫌子が除去されたり回避されたりする条件があります。つまり、ある行動を行って望ましい結果が得られる、または、望ましくない結果を避けることができると、その行動は強化されます。そして前者を“正の強化”、後者を“負の強化”といいます。負の強化の例としては、宿題をすることで親に怒られない、などになりますが、できるだけ正の強化によって望ましい行動を増やす方が良いと考えられています(4-7. 褒めてこどもを育てよう!)(叱責することのデメリット)。

  弱化にも2つの条件があります。先に述べたように、ある行動を行って嫌子が伴う条件と、ある行動を行って強化子が除去される条件があります。つまり、ある行動を行って望ましくない結果が伴う、または、望ましい結果がなくなると、その行動は弱化されます。前者を“正の弱化”、後者を“負の弱化”といいます。負の弱化の代表的なものはタイムアウトやレスポンスコストと呼ばれる手続です。タイムアウトとは、望ましくない行動をこどもが示したら、こどもを強化子から遠ざけるという手続きです。

  ここまで読まれたらわかると思いますが、「正の」というのは、結果(C)としてある刺激が得られる、伴うということであり、「負の」というのは、結果(C)としてある刺激が取り除かれたり、回避できたりするということです。そしてどういう結果(C)であっても、行動が増えたり強められたりすることを強化、行動が減少したり弱められたりすることを弱化と言います。

  この強化と弱化、そして4つの条件によって、行動が増えたり、減ったりすることのほとんどを説明することができ、行動を修正したり形成したりすることが可能となります。

まとめると、

<正の強化>
 1. ある行動が生起すると
 2. ある強化子が後続し
 3. その結果、その行動が強められる

<負の強化>
 1. ある行動が生起すると
 2. ある嫌子が取り除かれて
 3. その結果、その行動が強められる

<正の弱化>
 1. ある行動が生起すると
 2. ある嫌悪刺激が後続し
 3. その結果、その行動がその後、起きにくくなる

<負の弱化>
 1. ある行動が生起すると
 2. ある強化子が取り除かれて
 3. その結果、その行動がその後、起きにくくなる

となります(『行動変容法入門』修正)。

  少し分かりにくければ、結果が望ましいものならその行動は増え(強化)、結果が望ましいものでなければその行動は減る(弱化)と覚えて下さい。
  つまり、こどもに問題行動やわがまま行動が見られるならば、その行動を示すことにより、何かしら望ましい結果が得られていて問題行動が強化されていると考えることができます。


 (補足)
  何が強化子となるかは人それぞれです。好ましい結果を強化子として解説していますが、ある行動を行い、ある結果が伴って、その行動の生起頻度が高まれば(強化されれば)、その結果を強化子として考えます。具体物に限らずあらゆる刺激が強化子となる可能性があります。
  食べ物、お金、旅行に行く、映画を見る、人とのやり取り、人に好かれる、尊敬される、賞賛、注目、嫌なことを避ける、達成感を得る、安心感を得る、罪悪感を無くす、社会的信用が低下することを避ける、など。
  例えば、良いことをしたら天国に行ける、と考えている人なら、誰かが見てなくても道に落ちている財布を交番に届けるかもしれません。その際の強化子は、「良いことをした」というポジティブな気持ちの変化(正の強化)かもしれないし、「悪いことをして天国に行かれないことを避けることができた」という気持ちの変化(負の強化)かもしれません。単純に社会的なルールを守って親に褒めてもらえたという経験から学習した行動かもしれません。
  そのため、お菓子や飲み物など特定の物を強化子として最初から決めつけるのではなく、多様な刺激を結果として用いて、こどもが喜ぶか、直前の行動が増加するかを確認してみると良いです。


  参考図書:行動変容入門



  
copyright©2013 みどりトータルヘルス研究所 all rights reserved.