みどりトータルヘルス研究所
                                                                      
  こども行動療育教室 ご予約・お問い合わせは TEL.06-6203-2410
〒541-0041大阪市中央区北浜3丁目5-19
ホワイトビル5F
はじめに 行動療育について 勉強会や講習会
の講師
専門家への
スーパーバイズ
関連機関への
コンサルタント
プログラム作り
ICF関係





  行動的支援勉強ノート
  トップページへ



 
1‐1.行動科学を勉強しよう

 
1‐2.基本となる考え方
    将来に向けての目標


 
2‐1.行動レパートリーと活動
    
レパートリーを増やす


 
2‐2.活動レパートリーを
     増やすメリット


 2‐3.どのように活動レパートリー
     を増やしていくか


 
2‐4.行動レパートリーと
    
問題行動の関係

 コラム 物を落としたり倒したり
     
する行動


 3‐1.行動の理解と対応

 
3‐2.行動の見方:三項随伴性

 
3‐3(1).行動の原因を環境に
    求めることのメリット1


 
3‐3(2).行動の原因を環境に
    求めることのメリット2


 
3‐4.代表的な問題行動の機能
    と形成されるメカニズム


 3‐5.なぜ発達障害のある人に
    問題行動が見られやすい
    のか?


 
3‐6.問題行動が強まる
    メカニズム


 
3‐7.日常生活で問題行動を
    
強めないために


 コラム 環境の変化と消去

 
3‐8.問題行動が長期間維持
    
されるメカニズム

 
3‐9.こだわり,自己刺激行動
    への対応について


 コラム こだわりと遊びの境目

 
3‐10.適切な行動レパートリー
    
を増やす


 
3-11.教育的な視点を持った
     問題行動への対応


 コラム 教育的で前向きな支援

 
3‐12.問題行動への対応を
    考えるステップ


 コラム 問題行動への対応の工夫

 
行動の理解と対応 まとめ

 
4-1.日々の関わりで大切なこと
    将来を見据えて大切なこと


 
4-2.指示の出し方,制止の仕方

 4-3.家庭での療育活動の 
    ポイント


 4-4.柔軟性,変化への耐性を
    養う


 
4-5.食事に関する行動

 4-6.自身の行動もこどもの行動
    に影響を受けている


 
4-7.褒めてこどもを育てよう!


 <参考図書、おすすめ図書>


    
みどりトータルヘルス研究所
         〒541-0041
    大阪市中央区北浜3丁目5-19
         ホワイトビル5F
       TEL.06-6203-2410


 行動的支援勉強ノート

 褒めてこどもを育てよう!


  『3章 行動と理解の対応』にて,問題行動が形成されるメカニズムと対応方法を解説しました。3章でも少し触れましたが日々の支援で大切なことは,褒めてこどもを育てるということです。発達障害のあるこどもは様々な困った行動を行うため,気がつくと1日の関わりのほとんどが注意や叱責ばかりだったということになりかねません。そうなるとご家庭の雰囲気も悪くなってしまいます。問題行動を無くしたいという保護者や養育者としては仕方がないかもしれませんが,人は良い行動よりも悪い行動に目が行きがちです。

  しかし,『3-7.日常生活で問題行動を強めないために』でも解説しましたが,怒ったり注意したりしても問題行動の減少につながることは少なく,こどもが自信を無くしたり,怒る人の前だけでは大人しくするといった人を見て行動することを学習させたりと悪い結果につながることが多いです。周囲が注目する行動は増えていきやすいため,問題行動ばかりに注目していると問題行動は強まっていく可能性が高いです。

  ここまで読まれた方はすでにお分かりだと思いますが,多くの問題行動はこちら側の誤った対応によって維持され強められています。それなのに,こどもが困った行動を示したからといってこどもを叱責するのはお門違いと言えるでしょう。3-23-3で解説したように行動の原因をこどもの内面に求めると腹が立つことが多くなります。目の前のこどもが困った行動を示した場合,まず第1に『自分たちの対応をどこか変えることができないかな?』と考えるべきです。

  ポイントは,適切な行動を行った時,または,普通に過ごしている時に注意を向けて話しかけたり,褒めてあげたりして積極的に関わってあげるということです。何か頑張ってやり遂げたりした場合に褒めてあげることは当然ですが,普通に過ごしている時,例えば,いつも通り落ち着いてご飯を食べている時,静かにテレビを見ている時,走らずに散歩している時などは当たり前だということで特に対応されないことが多いです。当たり前に普通に日常を過ごすということは非常に大切なことであり理想的な姿でもあります。こどもが普通に過ごしている時に意識して注意を向け関わってあげてください。大げさに褒めなくても「テレビ楽しいね」と言って隣に座って一緒に見たり,「○○してくれたらお母さん嬉しいわ」と気持ちを伝えるだけでも良いです。

  『3-7.日常生活で問題行動を強めないために』と合わせて説明すると,“問題行動を起こしても過度に関わらず,普通に過ごしている時に積極的に関わる”ということをこどもとの関わり方の基本に考えて下さい。ABCの枠組みで考えると,望ましい結果が得られる行動はその頻度が増えていくため,普通に過ごすことで保護者に関わってもらうことができ,褒めてもらえる機会が増えれば,落ち着いて日常を過ごせる時間が増えていきます。

  ポジティブな関わりが増えていくと,こどもも保護者も日々の生活を楽しく過ごすことができ,家庭の雰囲気も良くなり,日常のストレスを和らげることにつながります。

  『4-2. 指示の出し方,静止の仕方』でも解説しましたが,誤った行動を修正するためには厳しい対応を取らないといけなことがあります。ここでいう厳しい対応とは,行動理論にもとづいた一貫した対応,きっちりした対応という意味で,感情的に叱責するという意味ではありません。良いことは良い,ダメなことはダメ,という線引きを明確にし対応を一貫する(ABCの三項随伴性を明確にし一貫するということ),そして,ダメなことをしたら,その行動は次の改善すべき標的であると考え,教育的に正しい行動に修正していくという心構えが大切です。

  また,どうしても注意や叱責が増え,こどもとのポジティブな関わりが少なくなりがちなため,保護者やこどもと関わる方々は1日を振り返り,その日どのくらいこどもを褒めたか,ポジティブな関わりを行ったか,こどもの成長を見つけられたか,を数えてみて下さい(試しにどれくらいこどもを叱責したかも)。意外と少ない場合は,『1日に5回はこどもを褒める』など目標を決め,計画的にこどもとのポジティブな関わりを増やしていくことも1つの方法になります。こどもを褒めるスキル,良いところに注目するスキルを私たちも高めていきましょう。
 

copyright©2013 みどりトータルヘルス研究所 all rights reserved.