みどりトータルヘルス研究所
                                                                      
  こども行動療育教室 ご予約・お問い合わせは TEL.06-6203-2410
〒541-0041大阪市中央区北浜3丁目5-19
ホワイトビル5F
はじめに 行動療育について 勉強会や講習会の講師 専門家への
スーパーバイズ
関連機関への
コンサルタント
プログラム作り
ICF関係

 <参考図書、おすすめ図書>

  行動的支援勉強ノートへ戻る

  勉強ノート2 はじめに

  応用行動分析学(ABA)とは?

  行動は変わるということ

  障害特性と教育について


  叱責することのデメリット

 
 教育的支援の基本

  コラム.行動の見方と教育的支援

  注意力・集中力の問題

  習い事について

  物理的な環境調整や
  スケジュールについての考察


  刺激や活動を制限すること
  について

  何が誰にとって問題行動
  なのか?


  集団適応を阻害しやすい
  問題行動


  相手によって行動が変わる
  ことは悪いこと?


  進学、学校選びについて

  専門家の「少し様子を見ましょ
  う」というコメントについて


  専門家の「愛情不足」という
  コメントについて


  恐怖感や過敏な反応への対応

  コラム.自己刺激行動や過敏な
    反応について:疲れやスト
    レスとの関係


  切り替えの弱さへの支援

  渋々でも納得する力

  思いやりや人に親切にする
  行動について


  子育ての正解,不正解

  障害の受容について

  行動理論を理解してもらう


  行動的支援勉強ノートとABA
  にもとづいた支援について



   みどりトータルヘルス研究所
        〒541-0041
   大阪市中央区北浜3丁目5-19
        ホワイトビル5F
      TEL.06-6203-2410




 行動的支援勉強ノート2

 応用行動分析学(ABA)とは?


  応用行動分析学,ABAについて簡単に解説します。

  発達障害に関連する分野でABAはよく勘違いされて理解されています。専門家と呼ばれる人たちも誤ってABAを理解していることがあるので,少しABAについて解説します(専門書ではないので簡単に)。発達障害分野で最も良く見られる誤りは,ロバースが考案した自閉症のある方への指導法=ABAと考える誤りです。『ABAは自閉症への指導法である』といった記述や説明があればそれは誤りです。

  ABAとは応用行動分析学と訳されるように心理学の1つの学問分野です。簡単に言うと,人間や動物の行動を対象とした行動分析学で得られた知見を人の行動,特に問題とされる行動の説明や理解,修正に応用する学問です。あまり知られていないかもしれませんが,心理学の目標は,1.行動の記述,2.行動の説明,3.行動の予測,4.行動の制御,です。行動分析学や応用行動分析学も同様の目標を持ちます。

  応用行動分析学(ABA)は発達障害分野で多くの研究がおこなわれていますが,発達障害に限らず人が示す様々な行動を対象としています。シートベルトの着用やギャンブル行動,リハビリテーション,スポーツ分野でも多く研究が行われています。ABAの行動理論により,人が示す多くの行動を説明することができ,行動の修正,および,適切な行動の形成が可能となります。その行動理論を発達障害のある人たちが示す行動にも応用しているということです。発達障害分野でも様々な行動を標的とした研究が行われ多くの有効なアプローチが報告されています。

  皆さんがよく耳にするアプローチでいえば,PECSは応用行動分析学(ABA)のアプローチであり,TEACCHで用いる方法もABAで説明することができます。それらのアプローチを用いる専門家は,ベースとなっているABAの行動理論をしっかりと理解する必要があります。そうでないと,ただマニュアルに沿ってアプローチをするだけになってしまい,その本当の意味が分からず応用がきかなくなってしまいます(発達障害だから絵カードや写真を用いる,といったように)。

  応用行動分析学(ABA)は人の行動の予測と制御を目的とした学問分野であり,発達障害のある人たちの行動の修正や形成に関する知見が多く得られていますが,それだけに限らず,様々な領域で様々な人が示す行動に関する研究や実践が行われているということです。


copyright©2013 みどりトータルヘルス研究所 all rights reserved.